ONE OK ROCK チケット
インスタでも話題!ワンオクことONEOKROCKのメンバーTAKA・TORU・RYOTA・TOMOYAをご紹介!

ONE OK ROCKことワンオクは、2007年に鮮烈なメジャーデビューした、若者を中心に人気のあるロックバンドです。その激しいライブパフォーマンスも有名です。ロックバンドとして日本のみならず世界のファンを魅了しているワンオク。そんなメンバーを紹介してほしいという声も多くあります。ここでは、ONE OK ROCKのメンバーの魅力をまとめて紹介します。

【ONE OK ROCKのメンバーの魅力を大公開!】

Palladium, Los Angels #oneokrock

A post shared by ONE OK ROCK (@oneokrockofficial) on

ONE OK ROCKことワンオクは、2005年に結成され、2007年に鮮烈なメジャーデビューを果たしました。エモーショナル・ハードコア・ロックを中心とした曲作りで、若者を中心に人気のあるロックバンドです。その激しいライブパフォーマンスも有名です。

ロックバンドとして日本のみならず世界のファンを魅了しているワンオク。アジアだけではなく、アメリカやヨーロッパでのワールドツアーも成功させています。ここでは、ONE OK ROCKのメンバーの魅力をまとめて紹介します。ワンオクのファン必見ですよ。

【ONE OK ROCKの唯一無二のヴォーカル【Taka】】

長い1日になりそーな

A post shared by Taka (@10969taka) on

まずは、ONE OK ROCKのヴォーカルTakaについて紹介します。

プロフィール、経歴

ONE OK ROCKのヴォーカルであるTakaの本名は森内貴寛です。1988年4月17日に、歌手の森進一と森昌子夫妻(2005年離婚)の長男として生まれました。実の弟は、MY FIRST STORYのヴォーカルの森内寛樹です。

2003年9月にアイドルグループNEWS(ニュース)のメンバーのひとりとして芸能界デビューをした経歴をもっています。同年10月には、受験を理由に芸能活動を休止。

2005年にONE OK ROCKの結成メンバーとしてインディーズデビューを果たしました。以来、ワンオクのヴォーカルとしてファンを魅了し続けています♪

魅力

Takaの魅力はやはり、その声と歌唱力です。裏声がきれいなミックスボイスが特徴で、その声と歌唱力に衝撃を受けたToruが即メンバー入りを熱望したといわれているほどです。

また、英語が堪能で、ONE OK ROCKの楽曲の多くを作詞、作曲しているマルチな才能も魅力の1つですね。

【ONE OK ROCKのギター&ヴォーカル【Toru】】

続いて、ONE OK ROCKのギターとヴォーカルを担当しているToruを紹介します。

プロフィール、経歴

ONE OK ROCKのギターとヴォーカルを担当しているToru。本名は山下亨で、1988年12月7日生まれのO型です。ONE OK ROCKのリーダーとしてメンバーをまとめる役割を果たしています。ライブツアーではラップも担当することでも知られています。

ONE OK ROCKを結成した当時、ヴォーカルとしてTakaをメンバーに参加させたのもToruでした。バイト先にまで足を運んでTakaを説得したというエピソードもあります。

魅力

もともとダンスをしていたので、リズム感などが抜群なToru。その音楽的センスも魅力の1つですが、Toruの最大の魅力はそのカリスマ性とリーダ的役割です。何度かあったバンドのピンチもToruのリーダー性で乗り越えてきたといわれています。彼の存在があるからこそ、ONE OK ROCKが存在するんですね。

【ONE OK ROCKのベース【Ryota】】

続いてのメンバーは、ONE OK ROCKのベースギターを担当しているRyotaを紹介します。

プロフィール、経歴

ONE OK ROCKのベースギターを担当しているRyota。本名は小浜良太で、1989年9月4日生まれのB型です。ワンオクのメンバーの中では最年少です。Toruとは幼馴染なので、お互いの考えていることはだいたいわかるそうです。

ライブツアーではもちろん、普段も黙々とベースの練習をする努力家とのこと。ライブでは上半身裸で演奏する姿が注目を集めています。

魅力

もともとRyotaもToruと同じダンスメンバーの一人でした。彼の魅力の1つにリズム感があります。そんなリズム感や音楽センスはここからきているのかもしれませんね。また、メンバーの中で最年少のRyotaは、ONE OK ROCKの中の天然キャラや弟キャラともいわれています。その人の良い性格も彼の魅力の1つです。

【ONE OK ROCKのドラマー【tomoya】】

メンバーの大トリにご紹介するのは、天才ドラマーのtomoyaです。

プロフィール、経歴

ONE OK ROCKのドラマーを担当しているtomoya。本名は神吉智也で、1987年6月27日生まれのA型です。ワンオクへの加入は2007年のこと。ONE OK ROCKがメジャーデビューした年です。

ワンオクのメンバーの中では一番年上となるtomoyaですが、その愛くるしいキャラクターが魅力となっています。ライブツアーでも、後ろでドラムを演奏するtomoyaの笑顔に魅了されるファンも多いのでは。

魅力

ONE OK ROCKのドラマーであるtomoyaの魅力は、何と言ってもそのドラムの刻み方、ドラミングのうまさです。その腕前は、音楽業界の人間をして「天才」と称されるほど。

メンバーも彼のドラムには一目おいているそうです。性格もまじめで、一つのことに集中するタイプとのこと。そんなtomoyaのドラムを注目して曲を聴くのも良いですね。

ONE OK ROCKのおすすめ記事もチェック

【ONE OK ROCKのメンバーの魅力まとめ】

(出典:photoACより)

いかがでしたか?ワンオクのメンバーのプロフィールとその魅力についてまとめてみました。2005年に結成されてから、メンバーの交代を経て現在の4人で活動を続けるワンオク。

その魅力は日本だけでなく、世界に向けて発信されています。それぞれのメンバーがそれぞれの個性や魅力を十分に発揮し、それが抜群のバランスを醸し出しすばらしい楽曲となっています。ONE OK ROCKのライブツアーに参戦して、メンバーの魅力を実際に体感してみて下さい!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。