ONE OK ROCK チケット
ワンオクのタイアップしたCMソングを厳選紹介!「Deeper Deeper」や「The Beginning」など10選!

ワンオクことONE OK ROCKは、日本のロックを牽引するバンドとして、多くのファンを熱狂させているロックバンド。そんなワンオクがタイアップしたCMソングの数々をご紹介していきます。

ワンオクことONE OK ROCK(ワンオクロック)は、2005年に結成されて活動開始以来、日本のロックを牽引するバンドとして、多くのファンを熱狂させているロックバンドです。

日本だけでなく、ヨーロッパやアジアなどの海外でも単独公演を行うなどのグローバルな活躍をみせ、ドキュメンタリー映画も撮影されるほど今大注目のグループです。

そんなワンオクがタイアップしたCMソングの数々をご紹介していきます。ファンなら必見、ファンでなくても注目必至の珠玉の楽曲をチェックしていって下さい。

(出典:NAVERまとめより)

ワンオクが歌う「レコチョク」のCMソング「Re:make」

「Re:make」はワンオクが2011年7月にリリースした6枚目のシングル曲で、オリジナル・アルバム「残響リファレンス」にも収録されている楽曲です。

レコチョクのCMソングとして同年に起用され、このCMシングルに収録されているカップリング曲「NO SCARED」は、PSPのゲーム「ブラック★ロックシューター THE GAME」のオープニングソングとしても使用されています。

人気ゲーム『DmC Devil May Cry』のイメージソング ワンオクの楽曲「Nothing Helps」

「Nothing Helps」はワンオクが2013年1月9日リリースのシングルでもあり、2013年3月6日にリリースした6枚目のオリジナル・アルバム「人生×僕=」にも収録されている楽曲です。

PS3/Xbox 360用の人気ゲームソフト『DmC Devil May Cry』のイメージソングとして起用され、CMでも流れました。ゲームの激しいアクションシーンとマッチするクールで激しい曲調がカッコいい楽曲となっています。

ゲームの主題歌として起用されたワンオクの楽曲「Clock Strikes」

ゲームの主題歌として2013年にPS3/PS4の人気ゲームソフト「龍が如く維新!」の楽曲として「Clock Strikes」も起用されています。

「Clock Strikes」はワンオクが2013年3月にリリースしたオリジナルアルバム「人生×僕=」に収録されている楽曲で、息もつかない歌唱と激しいリズムがゲームのイメージ効果をさらに高めたCMソングとして流れました。

ワンオクが歌うSUZUKI SWIFT SPORTのCMソング「Deeper Deeper」

ワンオクのCM曲として、ファンがもっとも注目しているのは「Deeper Deeper」です。「Deeper Deeper」は、2013年1月9日にシングルとしてリリースされ、同年の3月6日リリースのオリジナル・アルバム「人生×僕=」にも収録されている楽曲です。

「SUZUKI SWIFT SPORT」のCMソングとして2013年の1月にタイアップされ、アップテンポな演奏が、SUZUKI SWIFT SPORTのイメージにピッタリとマッチ、走る車の疾走感を伝える楽曲となっています。

映画『るろうに剣心』の主題歌として注目の楽曲「The Beginning」、「Mighty Long Fall」、「Heartache」

「The Beginning」は2012年8月22日にリリースしたシングルと2013年3月にリリースしたアルバム「人生×僕=」に収録されている楽曲です。大ヒット映画『るろうに剣心』の第1作の主題歌としてタイアップしてCMでも流れました。作品の剣戟の激しさや戦いとマッチするクールで激しい楽曲となっています。

また、「Mighty Long Fall」は2014年7月にYouTubeで公開され、2015年2月にリリースされたアルバム「35xxxv」にも収録されています。この楽曲は映画『るろうに剣心』の前後編2部作となる映画『るろうに剣心 京都大火編』の主題歌を飾り、CMでも流れ、海外でレコーディングされた楽曲でもあります。ワンオクらしい音を奏でつつ、作品の雰囲気を感じさせ胸を熱くする楽曲となっています。

さらに、アルバム「35xxxv」に同時収録されている「Heartache」は、2部作後編となる映画『るろうに剣心 伝説の最期編』の主題歌として採用され、ワンオクは、映画『るろうに剣心』のすべての作品で主題歌を歌うという快挙をなし遂げています。「Heartache」は前2楽曲と違い、映画の最期を締めくくる美しいバラード曲として作品と同時に心にしみる楽曲となっています。

これら3曲はどれもワンオクらしい音を響かせる楽曲であり、心に伝わるメロディーです。

NTTドコモの「感情のすべて」シリーズのCMソングに起用の「Cry out」、「Wherever you are」、「Always coming back」

NTTドコモの「感情のすべて」シリーズのCM曲として起用された3楽曲。「Cry out」は2015年2月11日にリリースされたアルバム「35xxxv」に収録されている楽曲で「感情のすべて/男女」篇のCMソングとして使用されました。激しさを抑えつつもクールな曲調によるワンオクらしさあふれる楽曲です。

「Wherever you are」は「感情のすべて/家族」篇のCMソングとして起用されたストレートなラブソングです。激しいワンオクの楽曲とはまた違う、美しいバラードとなっており、ラブソングが苦手でも自然と聴くことのできる楽曲です。2010年6月9日リリースのアルバム「Nicheシンドローム」収録の楽曲です。

また、「Always coming back」は「感情のすべて/仲間」篇のCMソングとして起用された2016年3月11日リリースの楽曲です。英語で歌われているしっとりとしたバラードです。

男女、家族、仲間への親愛や愛情をしっとりと歌いあげる、心にしみこむワンオクのバラードの暖かさがCMで流れて心を打ちました。

ONE OK ROCKのおすすめ記事はこちら!

ワンオクの活躍に今後も大注目!

(出典:Ringonokoto:)より)

映画やゲーム、自動車メーカーなどジャンルを問わずにCMのイメージソングや主題歌として起用される今人気のロックバンドであるワンオク。さまざまなジャンルとタイアップしているので、気になっていた楽曲がワンオクの曲であった可能性もあります。それくらい今大注目のバンドなのです。激しいくクールなロックからしっとりしたバラードまで歌い上げるワンオクは若者だけでなく、CM業界などの各業界にも引っ張りだこな存在となっています。今からでも遅くありませんので注目のロックバンド・ONE OK ROCK(ワンオクロック)の素晴らしい楽曲を聴いてみませんか?チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。