ソロなのに”トリオ”?大橋トリオのプロフィールをご紹介!

今年2017年に、メジャーデビューから10周年を迎えた大橋トリオさん。数々の有名アーティストへの楽曲提供のほか、自身の音楽活動でも人気を獲得しているシンガーソングライターとして有名ですよね。今回は、マルチな才能を持つ大橋トリオさんのプロフィールをご紹介してきます。著名人から寄せられたコメントや、”トリオ”という名前の由来についてもお伝えしていきますよ。是非ここでプロフィールをチェックしていって下さいね!

大橋トリオってどんな人物?プロフィール・経歴をまとめてご紹介!

ソロ名義でありながら、アーティスト名に”トリオ”がついている不思議なシンガーソングライター・大橋トリオさん。

2009年5月のデビュー以降、SMAP・小泉今日子さん・山下智久さんなどの有名アーティストへの楽曲提供やアレンジプロデュースのほか、映画・ドラマ・CMなどの音楽制作など幅広い活動を魅せています。

今年2017年にはデビュー10周年という節目を迎え、4月1日(土)から6月22日(木)にかけて行われた10周年記念の全国ツアー「ohashiTrio HALL TOUR 2017」を見事成功に収めました。
その後も、8月30日に新曲「SHE」をデジタル配信限定でリリースするなどその勢いは留まるところを知りません!

今回は、大橋トリオさんの本名・年齢・生年月日といったプロフィールや活動経歴やアーティスト名の由来などをまとめてご紹介しながら、気になる素顔に迫っていきたいと思います!

大橋トリオのプロフィール

本名

大橋 好規

生年月日

1978年7月12日

年齢

39歳(2017年9月現在)

出身地

千葉県

出身校

洗足学園音楽大学音楽学部ジャズコースピアノ科卒

大橋トリオの活動経歴

父親が音楽関係の仕事についていた影響で音楽を始めたという大橋トリオさん。
3歳の頃からピアノを習い始め、13歳の頃にはドラム、16歳の頃にはエレキベース、エレキギター、アコースティックギターをバンドで演奏し始めるなど幼少期から今と変わらぬマルチプレイヤーぶりを発揮していました。

当時ヘヴィメタルやハードロックを好んで聴いていた大橋トリオさんがジャズに興味を持つようになったのは、これもまた父親の持っていたレコードがきっかけ。オスカー・ピーターソンのアルバムや、父親の仕事の関係で偶然知り合った吉川忠英さんなどに影響を受けるようになります。

ジャズに影響を受けると共に幼い頃から映画音楽の作曲家を志望していたという大橋トリオさんは、高校卒業後は「将来映画音楽をやるためにジャズを学ぼう」と考え洗足学園音楽大学へ進学します。ここではジャズピアノを専攻し、ジャズピアニスト・作曲家の山下洋輔さんらから指導を受けながら、自身でもパソコンを使った打ち込みでの作曲を始めていました。

大学卒業後、本名の大橋好規名義で活動をスタート

2003年、大学を卒業した大橋トリオさんは、本名の大橋好規名義で音楽家としての活動をスタートさせます。

映画「この世の外へ、クラブ進駐軍」に”エキストラ的ミュージシャン役”で出演し、ピアノ演奏や編曲を担当したほか、俳優の村上淳さんへ演奏指導を行ったことをきっかけにその後も映画やCMなど様々な音楽を担当するようになります。

2005年にはTammyのミニアルバム「ギターとラブレター」で初めて音楽プロデューサーを務め、その後2006年には大橋好規として初の作品となる映画「colors」のサウンドトラック「colors original soundtrack」をリリース。

順調な活動が続く中、2007年に大橋トリオ名義で初のアルバムとなる「PRETAPORTER」をリリースし、関西のFMラジオ局やCDショップを話題の渦に巻き込みます。

2009年、「最も活躍が期待できる新人のうちの1組」に選出。メジャーデビューへ

その活動ぶりが注目を集め、2009年には「iTunes JAPAN SOUND OF 2009」において「2009年最も活躍が期待できる新人のうちの1組」として選出されます。
それだけでなく、全国のCDショップ店員の投票によって受賞作品が決まる「第1回CDショップ大賞」でも、自身2枚目のアルバムとなる「THIS IS MUSIC」が準大賞を受賞!

その翌日にミニアルバム「A BIRD」を引っ提げ、rhythm zoneよりメジャーデビューを果たしました。

そして、今年2017年にはデビュー10周年を迎えた大橋トリオさん。これからも、その多彩な活動ぶりでファンを魅了してくれることでしょう!

(参考元:大橋トリオ (1/2) – 音楽ナタリー 特集・インタビュー)

ソロなのになぜ”トリオ”?名前の由来は?

「大橋トリオ」と聞いて、バンドやユニットをイメージした方も多いのではないでしょうか?

この名前については、大橋トリオさん自身がインタビューにて由来を語っています。

もともと僕がジャズをやってたことが一番の理由なんですけど、ジャズのグループが“なんとかトリオ”ってつける感覚がいいなと思っていて。あと1人なのにトリオっていうキャッチーさも含めて大橋トリオ。最初は冗談と本気半々だったけど、今はそれが当たり前に定着してきているというのが、“してやったり”な感じではありますね(笑)。

引用:大橋トリオ (1/2) – 音楽ナタリー 特集・インタビュー

自身がジャズをやっていたことだけではなく、キャッチーさも狙った上でのアーティスト名とのこと。音楽面では天才肌を持つマルチプレイヤーでありながら、茶目っ気溢れる内面の持ち主であることも大橋トリオさんという人物の人気の秘密なのかもしれませんね!

著名人も絶賛!大橋トリオの魅力

ファンだけでなく、数々の著名人からも人気を獲得している大橋トリオさん。

Amazon.co.jpのDeep Diveコーナーにて、著名人からのコメントが寄せられています。

僕、好きな人へのギフトとして”大橋トリオのCD”
ってのがある。余談ですが、
初デートは、たいがいが、映画を観に行く。
これこそが”豊かさ”なんだと、
好きな人の横顔みてると、そう思うんだ。

何枚かストックしとかなきゃな、また、CDを。

村上淳

*******************************************
*******************************************

大橋トリオを聴くと無性に誰かと話したくなります。
それは自分だけのハッピーな映画を観た時の感じに似ています…..

廣木隆一(映画監督)

*******************************************
*******************************************

慌ただしくて、忙しなくて、切なくて、寂しくて、思い通りにいかなくて、 自分を疑って、色々あり、小さな幸せがある。
誰かにこの想いを聞いてほしい、分かってほしい。
私は、何度も、何度も、大橋さんの音楽に救われてきました。
このままでいいんだ。こんな感じでいいんだって。
今日もゆっくりいこう。

瑛太

(引用:DEEP DIVE-大橋トリオ)

注目の音楽情報が盛り沢山!関連記事はこちら♪

デビュー10周年、今後の大橋トリオにも期待!

(出典:AC)

大橋トリオさんの本名・年齢・生年月日といったプロフィールや活動経歴、アーティスト名の由来をまとめてご紹介しました!

デビュー10周年というひとつの区切りを迎えましたが、今後も才能あふれる活動を続けてくれるはずです。

2017年12月8日(金)には、東京国際フォーラム ホールAにて10周年記念公園「ohashiTrio 10th ANNIVERSARY SPECIAL CONCERT “TRIO ERA”」の開催が予定されています。この機会に、ライブに足を運んでみてはいかがでしょうか?

これからの大橋トリオさんの活動からも目が離せません!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。