小田和正のおすすめ人気YouTube動画5選を大発表!

小田和正さんといえば数多くのミリオンヒットを手掛けた日本を代表するアーティストの一人として有名です。今回はおすすめ人気動画5選ということで小田和正さんの魅力やファンの声を中心にした動画を伝えていきます。

小田和正人気動画

小田和正さんといえば数多くのミリオンヒットを手掛けた日本を代表するアーティストの一人として有名です。今回はおすすめ人気動画5選ということで小田和正さんの魅力やファンの声を中心にした動画を伝えていきます。

小田和正さんは2016年4月30日に静岡エコパアリーナを皮切りに2016年10月30日宜野湾海浜公園屋外劇場まで全国24か所48公演を行いました。

実はツアーと並行して各所に訪れてファンの方との交流や観光をする様子がYOUTUBEに投稿されています。その他にも小田和正さん関連のおすすめ人気動画5選の形で紹介していきますね。

【小田和正さんについて】

(出典:BARKSより)

小田和正さんは「たしかなこと」「言葉にできない」などの楽曲を発表し冬に聞きたい音楽としてファンの間でも有名ですよね。

その小田和正さんが小田和正 YouTube Official Channelにて2016年のツアーで各所を回っている際にファンの方との交流や観光をする様子が動画として投稿されています。

ベストアルバム「あの日あの時」をリリースした後での企画となり2016年10月末までに計23動画を投稿し総視聴回数は150万回を超えています。

他にも小田和正さん関連で素晴らしい動画がいくつもあるのでこれらをおすすめ人気動画5選の形で発表していきますので見てください。

【小田和正さんのおすすめ人気動画5選を大発表】

小田和正 「あの日 あの時」TVスポット映像(A)

おすすめ人気動画5選の1つ目は小田和正 YouTube Official Channelにて最初に投稿された動画となります。数多くの小田和正さんの名曲のサビのオンパレードが印象的です。

この動画は2016年4月5日に投稿されていて2016年11月10日までに約13万回再生されています。動画時間は約15秒と短めではありますが若いころの映像も出てきますのでファンにとってはお宝映像になりますね。

ちなみにTVスポット映像(B)もあるのですがこちらも「たしかなこと」「言葉にできない」などの名曲のサビが入っています。

▼ファンの声

小田和正 「あの日 あの時」TVスポット 静岡編

おすすめ人気動画5選の2つ目は2016年ツアーの最初となった静岡県での様子を動画として紹介されています。ファンの方と交流したり砂丘を見たり浜名湖を沿いを自転車で駆け抜けたりと精力的に観光してる所が見所です。

こちらの動画は2016年5月17日に投稿され2016年11月10日までに約5万回の再生がされています。動画時間は約30秒ですがLIVE映像があり他にも見所が沢山あるのでおすすめです。

▼ファンの声

たしかなこと – 小田和正

おすすめ人気動画5選の3つ目は再生回数約883万回を超える超人気動画になります。この動画は2014年10月22日に投稿されたので恐ろしいペースで視聴されていることが伺えます。

その理由なのですが実は本人が歌っている動画ではありません。しかし一度聞いて頂ければその声の質に驚きますので視聴をおすすめします。

▼ファンの声

言葉にできない/小田和正 cover.

おすすめ人気動画5選の4つ目はKuuko Clemens公式チャンネルが投稿した言葉にできないのカバーバージョンです。

小田和正さんが歌うのもいいですがこの動画で歌っている女性もキレイな歌声で改めて曲の素晴らしさを実感することが出来ます。

▼ファンの声

クリス・ハート – ラブ・ストーリーは突然に

おすすめ人気動画5選の最後はUNIVERSAL MUSIC JAPANから動画投稿されたクリス・ハートが歌った「ラブ・ストーリーは突然に」です。こちらの動画は445万回以上再生された大人気動画となります。

名曲中の名曲をクリス・ハートの透き通った声で聞けますので新しい一面の「ラブ・ストーリーは突然に」が聞けます。

▼ファンの声

小田和正の他のオススメ記事

【2016年も精力的に活動した小田和正さん】

今回の小田和正さんのおすすめ人気動画5選はどうでしたか?ベストアルバム「あの日あの時」をリリースし全国ツアーを行った最中での出来事をまとめた動画や各アーティストのカバーなど思わずうなってしまいます。他にも素晴らしい小田和正さんの動画が沢山ありますので気になったらチェックしてみてください。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。