ジャズ界のスーパースター、ノラジョーンズにおける人気曲は!?おすすめ曲ランキングTOP10

アメリカの人気ジャズ歌手ノラジョーンズ。彼女はいくつもの代表曲を輩出している名曲メーカーとして知られています。さて本日はそんな魅力あふれるノラジョーンズの代表曲、名曲を動画でご紹介。さらにCD売上の情報なども含めて情報盛りだくさんで特集しますよ。

アメリカジャズ界のスター「ノラジョーンズ」

デイ・ブレイクス(初回限定盤)(DVD付)をAmazonでチェック!

アメリカジャズ歌手として2002年にデビューして以降、瞬く間にスターの座を手にしたノラジョーンズ

彼女の歌は日本においても大いに感動を与えるものとして認知されており、いくつもの代表曲を輩出している名曲メーカーとして知られています。

公式チャンネルにアップするたびにyoutube再生数も非常に多いノラジョーンズですが、本稿では彼女の名曲をCD売上の情報などを含めて紹介していきます。

ノラジョーンズ(Norah Jones)がスターになるまで

I'm almost finished with my new record! Playing more piano than I ever have and havin' a ball. #staytuned

A photo posted by Norah Jones (@norahjones) on

まずは代表曲・名曲の前にノラジョーンズの生い立ちから、世界中で支持を集めるスターになるまでの軌跡を振り返っていきます。

ノラジョーンズはインドの有名シタール奏者ラヴィ・シャンカルを父に持つサラブレッドとして誕生しました。しかし、生まれた時から還暦を目前にしていた父は彼女が3歳の時に離婚してしまい、母親に育てられることになったのです。

ニューヨーク生まれだったノラジョーンズですが、離婚以降は母の故郷であるテキサス州のダラス近郊の街で過ごすことになり、家では一人過ごすことが多くなりました。

ノラジョーンズが音楽に目覚めたのは5歳の頃

ノラジョーンズはそんな中で母の持っていたレコードを聴きながら音楽に興味を持ち始めると、5歳で聖歌隊に所属するようになります。

これが彼女にとっての音楽への道に進むきっかけとなったのですが、歌だけではなくピアノの才もあった彼女は7歳に始めたピアノと同時に才能を徐々に開花させていったのです。

高校時代からアマチュアとしての立場で音楽活動を行うようになり、在学中に様々な賞を獲得するなど既に頭角を現していったノラジョーンズは、遂に21歳でデビューを果たすことになります。

もともとは結成したバンドのヴォーカル兼ピアノを担当して2000年にブルーノート・レコードに売り込みをかけていたのですが、社長にその才能を見出されるとソロで契約することになったのです。

期待されたノラジョーンズのデビュー

彼女はデビューアルバムの収録に取り掛かることになりますが、そこについたプロデューサーが数々のアーティストを輩出してきたアリフ・マーディンであったことから、ブルーノートがまだデビューして間もない彼女に大きな期待を寄せていたことが伺えます。

そして、最高の才能を見出される形で作られたデビューアルバム「Come Away with Me」は、低音でながら明瞭で綺麗な歌声ばかりの名曲ラインナップに多くの人が注目することになったのです。

その注目度のすごさは、1年も経たないうちに全米で200万を超える記録的な売上を見せたという事実からも伺うことができるでしょう。

本人の予想をはるかに上回るヒットを飛ばしたノラジョーンズには、2003年2月24日グラミー賞においてノミネートされた全部門が受賞を果たすことになりました。

グラミー賞の歴史においても類を見ない結果を残したといえ、弱冠23歳、デビュー1年の彼女が彗星のごとくスタージャズ歌手になった瞬間でした。

こうしてみると、その才能に違わぬ力をそのまま発揮したとも取れますが、苦しい生い立ちの中でも自分をしっかり見つけて努力していったからこそ才能の花を開くことができた面があると分かります。

ノラジョーンズ(Norah Jones)のおすすめ曲、人気曲ランキングTOP10~7

Just checking the set list @newportjazzfest

A photo posted by Norah Jones (@norahjones) on

それではノラジョーンズの感動を与えてくれる代表曲、名曲を見ていきたいと思います。

10位 Thinking About You

落ち着いた感じのメロディが印象的な曲です。歌い方も起伏の少ないものとなっており、心を落ち着けることができるラブソングを求めている人にとってはうってつけです。

9位 Young Blood

こちらもノラジョーンズならではのハスキーボイスが非常にマッチしている曲です。Young Bloodのフレーズを繰り返して強調しているところが、大いに印象に残ります。

8位 Chasing Pirates

曲名があらわす通り、海賊に思いを寄せて追いかけているというコンセプトの楽曲です。

海賊というと犯罪をする集団ではあるのですが、一方でロマンのあるものと表現されることもあり、この歌もそのロマンを求める人を歌っているということかもしれません。

7位Happy Pills

こちらは恋人へ別れを告げた女性の心情を歌った曲です。単純に綺麗サッパリの別れというだけでなく、新たなる門出を視野に入れていることが伺える歌詞も魅力的になっており、悲観的な歌い方というわけではないのも特徴になっています。

ノラジョーンズ(Norah Jones)のおすすめ曲、人気曲ランキングTOP6~4

6位 The Long Day Is Over

ノラジョーンズの歌唱力の高さを改めて知ることのできる一曲です。低音を維持しながら綺麗な歌声を披露しているこの曲は、聴くものをうっとりさせてしまうほどの魅力を持っているといえるでしょう。

5位 Come Away with Me

優しい歌声が印象的な、前述のデビューアルバムのタイトルにもなったノラジョーンズの代表曲の一つです。

落ち着いた雰囲気の綺麗な歌声、そして癒されるようなジャズ特有の音楽と、ノラジョーンズの魅力が詰まった感動すら覚える歌になっています。

4位 Here We Go Again

レイ・チャールズと共に歌った非常に豪華な印象を与える曲です。世界的な男女のジャズ歌手による透き通った歌声が、独特の雰囲気を作り出す一度は聴いておきたい一曲となっています。

ノラジョーンズ(Norah Jones)のおすすめ曲、人気曲ランキングTOP3~1

3位 Turn Me On

歌声だけでなくピアノが目立つ曲となっています。綺麗な歌声と程よく響くピアノの音を同時に堪能したい人にとっては、とくにおすすめです。

2位 Sunrise

2ndアルバムにおける最高の曲と称される、youtube再生数2000万を越えているノラジョーンズの代表曲の一つです。優しい雰囲気のラブソングとなっており、朝起きた時に聴くのが特に似合うものになっています。

1位 Don’t Know Why

1stアルバムでのグラミー賞受賞に貢献、本曲自体も3賞を受賞した世界の音楽史に名を残す名曲です。

恋人の帰りを待ちながら葛藤する女性の心情を歌った曲であり、その難しく複雑な気持ちをうっとりとした歌で表現しているところに、世界中の人々が心を奪われています。

日本においてもノラジョーンズと聞くとこの曲を思い浮かべる人が多いです。

ノラ・ジョーンズのその他おすすめ記事

まとめ 2017年、ノラジョーンズ(Norah Jones)が日本に来る!

今回は10曲の紹介となりましたが、他にも素晴らしい歌があまりにも多いということもあって選定するのが大変です。そんな最高の曲を輩出し続けていているノラジョーンズですが、2017年に日本に来日しコンサートを行うことが決まっています。

10月になって新アルバムである『デイ・ブレイクス/Day Breaks』を販売したこともあって日本のファンも大いに盛り上がっているだけに、この来日は非常に大きなイベントになることは間違いありません。

また、公演に関しては東京の日本武道館を中心に多くの日本の主要都市で行われるなど、大規模で行われるので多くの人が観覧するチャンスがあります。

このような公演のオファーを世界中で受けていることもあり、これほどの公演を日本で観ることができるチャンスは少ないでしょうから、興味を持っている方はしっかりとチェックしておきましょう。

ノラジョーンズはアルバムを出すたびに数々の賞を受賞し続けており、それは彼女がどんな時代でも高い評価を受けているという証左です。

ジャズというジャンルを極限まで極めたノラジョーンズが、今後どのような歌声を披露するかについても注目を集めていることでしょう。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。