西野カナの「トリセツ」の歌詞の考察をしたファンの声のまとめ

西野カナと言えば日本の女性歌手として、そして作詞家としても大活躍をしていますよね。今、注目を集めている女性歌手と言っても過言ではないのではないでしょうか。今回は西野カナの人気曲「トリセツ」の歌詞の内容について考察をしたファンの声をまとめてみました。「トリセツ」と言えば歌詞が話題になりましたよね。女性の素直な気持ちを表現していると考察されますが他にも色々な考察があるようなのでまとめてみましたので見てみてください。

【西野カナの「トリセツ」の歌詞を考察】

西野カナは2008年のデビューから若い女性のファンを多くつけてきました。その理由は素直な女性の心を代弁しているのが若い女性の間で話題になっているからです。そんな西野カナの人気曲の一つ「トリセツ」も大変大きい話題をさらいました。

今回は西野カナの「トリセツ」の歌詞の考察をしたファンの声をまとめました。色々な考察があるのでチェックしてみると新しい考え方が生まれるので良いのではないでしょうか。

【西野カナの「トリセツ」の魅力】

まずは西野カナの「トリセツ」の魅力についてまとめてみました。「トリセツ」の歌詞の内容は彼氏に対する素直な女性の本音を書いた内容になっています。本当に些細なことでも誉めて欲しい、でも悪い所は見ないで欲しいと女性ならではの心理を生々しく書いています。

その歌詞の表現には多くの女性から支持を得ているようでこれが西野カナの「トリセツ」の魅力であると言えます。ファンの声では結婚式に流して欲しいとありました。ずっと続いていきたいと言う想いがあるからと思われます。他にもキャッチーなメロディーのお陰で覚えやすいと言うのも魅力の一つではないでしょうか。

ファンの声

【西野カナの「トリセツ」のTwitter上で考察したファンの声】

(出典:pixabayより)

Twitter上の声その①

私を大切にして欲しいと「トリセツ」を聞いて感じるのではなく、こんな可愛いこと考えてる彼女を幸せにしてあげたいと言うツイートですね。共感よりも守ってあげたいと歌だと考察されているようです。

Twitter上の声その②

父親の為の曲なのではないかと考察しているツイートになります。年頃の女の子になると扱いが難しくなるとよく父親の方は言っていますよね。そういう意味では世の中の娘を持つお父さんに聞かせてみるといいかもしれません。

Twitter上の声その③

「トリセツ」の歌詞って男からしたら面倒だよなーと感じつつも、実際に好きな子が歌ったらキュン死すると考察されているようです。意外と男性は面倒だと思っても好きな子には甘いようですね。

Twitter上の声その④

自分の「トリセツ」を作ったらほとんどの人が1ページ目で投げ出すよなとツイートしています。歌詞の考察でなくもし自分が「トリセツ」を作ったらと言う考察はユニークですね。自身の「トリセツ」を作ってみると案外楽しいかもしれませんね。人には見せられないかもしれませんが。

Twitter上の声その⑤

少し手厳しい考察がありますね。こちらは「トリセツ」の歌詞は好きになれない理由は自分のことしか考えていないからだと考察しています。「トリセツ」の歌詞は基本的に一人称であるためそうなってしまいますね。

Twitter上の声その⑥

時代の移り変わりを「トリセツ」と「関白宣言」で考察したツイートとなります。確かに「関白宣言」は男性の女性に対する関白度合いが物凄くありましたね。

Twitter上の声その⑦

クリスマスにぼっちにならないヒントは「トリセツ」に隠されているのではと考察しているツイートになります。女性の感覚や思っていることを理解出来ればモテるかもしれませんので面白い考察ですね。

西野カナの他のオススメ記事

【西野カナは若い女性の代弁者】

西野カナの「トリセツ」の歌詞の考察をしたファンの声をまとめました。「トリセツ」以外にも人気曲は沢山あります。それらの歌詞もまた女性の心理を歌ったものが多く共感を得ています。

男尊女卑の時代から少しずつ女性が台頭する時代になっては来ましたが未だ女性自身が素直な表現が出来ている場面は少ないのかもしれません。そういう意味では西野カナは若い女性の代弁者として今後の活躍に期待していきたいですね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。