NICO Touches the Wallsのメンバー4人をご紹介!

NICO Touches the Walls(ニコ・タッチズ・ザ・ウォールズ)は、2007年にメジャーシーンにあらわれたインディーズ出身のロックバンド。美メロを武器としつつも、切れのある骨太ギター・サウンドを中心に、スケールの大きなロックを奏でる中堅バンドです。

そんなロックファンならずとも聴かなくてはもったいないのが彼らの音楽。その前に彼らのメンバー紹介をしていきましょう。

NICO Touches the Walls・光村龍哉 (ボーカル、ギター)

ギター&ヴォーカルのフロントマンが、光村龍哉(みつむら たつや)。

その端正なフェイスからイケメン扱いされて、女性ファンも多いが、ニコのほとんどの楽曲の作詞・作曲を手がける実力派。楽曲作りの原点がスピッツだったということからも、現在のニコ曲の美メロの秘密がわかります。

中高生時代から楽曲制作をしていた彼、実はニコの曲の中でも「病気」、「雨のブルース」、「雲空の悪魔」、「TOKYO Dreamer」などはそうしたアマチュア初心者時代の作品だったりします。

NICO Touches the Walls・古村大介 (ギター)

ギターを担当し、楽曲も一部作っているのが古村大介(ふるむら だいすけ)。たとえば「夕立マーチ」「アルペジオ」などが彼の曲です。

大のギターマニアで、ストラトキャスター、テレキャスター、フライングVタイプ、レスポールなど数々のギターを持っています。

気になる人は今までのミュージックビデオを細かくチェックしてみると、彼の所持楽器の多さがわかるという寸法です。とはいえ家庭が裕福で何でも買ってもらえたというわけではなく、自分でアルバイトで汗水流してお金をためて手に入れたというところが泣かせます。

NICO Touches the Walls・坂倉心悟 (ベース)

ベースを担当する坂倉心悟(さかくら しんご)もまた一部の楽曲も手がけています。具体的には「Endless roll」「マトリョーシカ」など。

楽器は一時期ミュージックマンのスティングレイに浮気していたものの、基本的にはFender派で、ジャズベースとプレシジョンベースをメインに使用しています。ギター&ヴォーカルの光村とは付き合いが長く、ニコ以前のバンドでも一緒に活動していました。

NICO Touches the Walls・対馬祥太郎 (ドラムス)

ドラムスと、バンドとしての厚みを出すコーラスを担当しているのが対馬祥太郎(つしま しょうたろう)。

楽曲制作に関しては一部の歌詞を担当している程度。基本的にはプレイヤーで、メンバー間では”ティム”と呼ばれて親しまれています。

ギター&ヴォーカルの光村の軽音楽部時代の先輩でした。

ニコタッチズザウォールズの他のオススメ記事

チケットキャンプではNICO Touches the Wallsのチケットを取扱中!

さて、いかがでしょう? NICO Touches the Wallsのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。もちろんチケットキャンプではNICO Touches the Wallsのチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。