なんばグランド花月の最前列の取り方って!?気になるコツを大公開!!

多くの芸人が所属する吉本興業。その芸人のホームとも言えるのがなんばグランド花月です。こちらのホールでは年中たくさんの芸人がコントや喜劇、落語、漫才を披露しています。どうせ見るならば、いい座席を予約して思い切り楽しみたいところ。今日はなんばグランド花月を十二分に楽しむための座席予約の方法についてご紹介します。

【なんばグランド花月で大笑いしよう!】

「なんばグランド花月」は、大阪の難波にある関西お笑い芸人のホームとも言える場所。こちらのホールでは、1年間通して昼夜問わず公演が行われており、笑いの絶えないホールとして慕われています。いつでも公演が見れるというところから、全国から常に人が押し寄せているのです。そのため、座席を事前予約しておかないと、立ち見ということも多々起こります。

今回は、お笑いを存分に楽しむためにも、なんばグランド花月に行くならしておきたい座席の事前予約についてご紹介しましょう。

【なんばグランド花月について】

吉本興業の演芸専用劇場として生まれたなんば花月が老朽化し、1987年に新築開業したのがなんばグランド花月です。ホール内は全席指定で座席数は約900席。キャッチコピーを「笑いの殿堂」というだけあって、そこは芸人の宝庫となっています。

なんばグランド花月の収容人数は900人ということもあり、かなりリラックスして過ごせるホールになっているのが特徴です。また、開演前や人を待つためのロビースペースは吹き抜けになっており、開放感のある場所になっています。広々とした空間なので入場前の手続きもスムーズで、食事や売店にもアクセスしやすいです。

昼はテレビなどでも見かけるビッグネームの芸人が落語・漫才・新喜劇のステージを繰り広げ、夜は若手芸人を中心とした多彩なイベントが行われています。前説でまったく無名の若手芸人が出てくるところも、他の劇場にはないポイントです。

他にも着ぐるみ芸人やキャラ芸人が公演の合間に楽しませてくれたり、記念日や誕生日などのお祝いにピッタリの贈答用チケットがあったりと、なんばグランド花月にしかない魅力がたくさんあります。

【なんばグランド花月で見やすい座席を確保するなら予約必須!】

(出典:photoACより)

いい座席で見るなら予約しておくのがベター

なんばグランド花月にて舞台を見るならば、やはり最前列にて見たい人もいるかと思います。しかし、なんばグランド花月は常に人がやってくる大きなホールです。最前列やいい座席で舞台を見るためには、事前予約が必須になってくるでしょう。

最前列やいい座席を取るならば、事前にネットを介して予約をしておくのがいいでしょう。特に、土日などの祝日に当日ホールで最前列の席を取るのは難しいです。反対に、平日の昼間ならば現地のチケット売り場で手に入る場合もあるとのことです。

最前列以外でいい席は?

なんばグランド花月は日本各地にあるホールの中でも、見やすい作りになっていると言われています。1階は建てがAからP列と割りられており、通路を挟んでQからV列となっています。横は3つのブロックで分かれており、左から1~8番ブロック・9~19番ブロック・20~27番ブロックになっています。

こちらそれぞれの座席の中でも、1階ならばDからG列の9~19番辺りがいいとのことです。2階もほぼ同じ作りになっており、縦の並びがAA列~FF列まであり、通路を挟んでGG列からLL列となっています。横のブロックの作りは同じです。2階の座席ならば、最前列に近いAA列かBB列の9~19番がおすすめとなります。

【なんばグランド花月の座席情報①おすすめの良席・見やすい席はどこ?】

他の劇場と比べ、見やすいという意見が多いなんばグランド花月。1階と2階がありますが、おすすめの良席・見やすい席はどの辺りになるのでしょうか?各階について詳しく見てみましょう。

1階

縦の並びは、A〜P列→通路→Q〜V列となっています。横の並びは通路を挟んで3つのブロックになっていて、真ん中は9〜19番、ステージに向かって斜めに設置されている左右のブロックは、1〜8番(左)、20〜27番(右)となっています。真ん中のあたり(N列、O列付近)はこんな感じに見えるようです。

臨場感と全体の見やすさを考えると、1階ではD〜G列の9〜19番のエリアがおすすめです。

2階

縦の並びは、AA〜FF列→通路→GG〜LL列となっています。横の並びは1階と同じです。ステージがちゃんと見えるという意見は結構あります。他の方のツイートによると2階でも最前列だとかなり見やすい席と言えそうです。

2階なら距離がある分、やはり最前列AA列かBB列の9〜19番がおすすめの良席です。

指定席外(立見)

立見のチケットがある場合、ステージの見え方はこんな感じです。なんばグランド花月には、立ってでも見たい!と思う公演もたくさんありますよ。

【なんばグランド花月の座席情報②最前列のとり方は?】

かぶりつき=最前列の席で見たいという人もいることでしょう。どうしたらとれるのでしょうか?最前列のとり方は、やはり早めの予約・購入がカギです。なんばグランド花月は人気の公演は土日で行うので、土日の公演での最前列を確保するのは至難の技。もちろん可能性がゼロではありません。

しかし、狙い目は平日の公演。土日に比べて空いているので最前列をとることもできるはず!どちらにしても、チケット売り場に並ぶなら朝一に行くのが最前列ゲットの可能性を高めます。電話やウェブ予約だとタイミングが難しいので、できればチケット売り場に並ぶ方をおすすめします。

【なんばグランド花月の座席情報③チケットの金額はどのくらい?】

チケットの金額は現在、本公演ならほとんどが1階席4,700円/2階席4,200円、年末年始特別興行は全ての座席が5,000円となっているようです。

それ以外の公演では3,000〜4,000円、有名どころの芸人が集まるイベントになると6,000円ほどすることもあります。あまりメジャーでない公演は、大人は3,000円前後、中学生や小学生チケットがある場合の金額は1,500〜2,500円となっています。お手軽価格でお笑いを楽しめるのも、なんばグランド花月の魅力ですね。(※料金はすべて税込)

また、よしもとIDという会員に登録しておけば、先行抽選販売にも参加できるという特典があります。人気芸人のチケットはあっという間に完売するため、どうしても観たいライブがあるときは、こちらの会員への登録も検討するのがいいでしょう。

さらに、有料制ですがよしもとプレミアムメンバーという特典を受けることも可能です。こちらは5名以上のグループ観劇となった場合は、チケットよしもと団体販売センターから団体料金で予約できます。

【なんばグランド花月の座席情報④座席予約には特典がいっぱい!】

(出典:photoACより)

なんばグランド花月では、誕生日や記念日に会場へ向かうときに座席予約すると特典を得ることができます。その特典とは「おめでとうチケット」と呼ばれるものです。

なんばグランド花月では毎公演1組限定で、おめでとうチケットを予約した人にウェルカムドリンクのサービスが付いてきます。それだけでなく、若手芸人から「おめでとうセレモニー」でお出迎えをしてくれると共に、ステージ上に予約した人の名前と顔が出るという演出まであります。

料金は1人あたり5200円で、1組4人まで予約可能です。記念になる日にしたいときや、プレゼントとして活用するにはうってつけの特典となっています。

【なんばグランド花月の座席情報⑤座席を予約する方法】

(出典:photoACより)

なんばグランド花月にてチケットを予約するには、なんばグランド花月のチケット情報が掲載してあるチケットキャンプにて確認できます。講演内容や日程、料金は変動していくので事前に確認して座席を確保しておくのがいいでしょう。

また、当日にチケット売り場にて座席を確保する方法もあります。しかし、土日は公演内容によっては立ち見の可能性もあるので、事前に電話などで確認しておくおんがいいでしょう。

「なんばグランド花月」の他のオススメ記事

【なんばグランド花月に行ってみよう!】

(出典:いらすとやより)

今回はなんばグランド花月における座席予約やおすすめの席についてご紹介しました。舞台とテレビでお笑いを見るのでは、まったく違った魅力があるものです。お笑いブームとなっている今、ベテラン芸人のステージを楽しむもよし、これからのスターを発掘するもよし!

ぜひ、なんばグランド花月に行って笑顔の時間を過ごしてみてくださいね。また、思い切り笑いたいときは、事前に予約しておきましょう。

みんなのコメント
  1. 天晴れエミリ〜 より:

    6月サプライズで主人に吉本の舞台チケットをプレゼントしょうと思ってます。
    かぶりつきで観たいんで参考になりました。
    後はチケットゲットするだけ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。