New Acoustic Camp チケット
アコースティックキャンプおすすめ出演アーティストまとめ

2010年にはじめて開催され、2014年には5周年を迎えたアウトドアイベント、New Acoustic Camp(アコースティックキャンプ)。

音楽フェスティバルではないというアコースティックキャンプは、山、キャンプ、音楽があるというまさにアウトドアイベント。

そんなアウトドアイベントであるアコースティックキャンプにぴったりの出演者をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

アコースティックキャンプ 出演アーティスト
(出典:www.qetic.jp)

アコースティックキャンプの出演者、驚きのテクニックを持つ「押尾コータロー」

最初にご紹介するのは、オープンチューニング、タッピングと様々な奏法でギターを聴かせてくれる押尾コータロー。

目を閉じて聴くと、本当にひとりで演奏しているのかと思うほどのテクニックを聴かせてくれます。

世界でも認められた彼のテクニック、ぜひステージで聴いてみてくださいね。

アコースティックキャンプの出演者、ウクレレの弾き語り「つじあやの」

続いてご紹介するのは、ウクレレの弾き語りでおなじみのつじあやの。

1999年にデビュー後、流行に左右されないスタイルで活動を続けています。2002年にはスタジオジブリの映画『猫の恩返し』の主題歌「風になる」が大ヒットを記録。

ウクレレを使って演奏する独自のスタイル、ぜひチェックしてくださいね。

アコースティックキャンプの出演者、幅広い音楽性を見せる「EGO-WRAPPIN’」

中納良恵、森雅樹によるユニット、EGO-WRAPPIN’。

その卓越した音楽センスは多くの音楽ファンを驚かせ虜にしてきました。2000年に発売された『色彩のブルース』は、平成の音楽史に残る名作と言えるでしょう。

大人も聴ける良質な音楽を作り続けるEGO-WRAPPIN’。アコースティックキャンプでのステージもとっても楽しみです。

アコースティックキャンプの出演者、天性の歌声を持つ「Salyu」

2004年、小林武史プロデュースでデビューしたSalyu。

多くのアーティストに尊敬される、まさにミュージシャンズ・ミュージシャンのひとり。小山田圭吾との「salyu × salyu」では新境地も開拓しました。

神秘的でパワフルな歌声はアコースティックキャンプにぴったりです。ぜひSalyuのステージをチェックしてくださいね。

アコースティックキャンプの出演者、キングオブファンク「スガシカオ」

最後にご紹介するのは、キングオブファンクこと、スガシカオ。

「夜空ノムコウ」での作詞、「アシンメトリー」「真夏の夜の夢」など数多くのヒット曲を作ってきました。かの村上春樹もファンを公言したほどの音楽性を持つスガシカオ。

生で聴くファンクはカッコ良いですよ。聴くだけで身体が勝手に反応しちゃうファンク、楽しみにしてくださいね。

アウトドアイベント、アコースティックキャンプに行ってみよう

アコースティックキャンプ 出演アーティスト
(出典:newacousticcamp.com)

アコースティックキャンプの出演アーティストのご紹介、いかがだったでしょうか。どのアーティストも個性たっぷりでしたよね。チケットキャンプではアコースティックキャンプのチケットを取扱中です。アウトドアイベントであるアコースティックキャンプ、ぜひ行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。