“わらう うたう たべる ねっころがる” ニューアコ2015のゆるい魅力

「わらう、うたう、たべる、ねっころがる」をキャッチフレーズに、今年で6回目を迎えるキャンプ・イン・フェスティバル、それが「NEW ACOUSTIC CAMP 2015」です。

毎年気合を入れすぎないでゆったりと自然と音に浸れることが人気で、「ニューアコ」と沢山の方々が親しみを込めて呼んでいます。

ニューアコは普通の音楽フェスとは一味違って、身体を使って遊べるワークショップや個性的な露天などが立ち並びます。ゆったりBBQを楽しみながら音楽を聞いたりもできて、アーティストだけでなく参加者も存分に楽しめます。家族連れや友人同士、恋人同士におすすめの「アウトドア・イベント」と言って良いのではないでしょうか。

そこで今年開催される「NEW ACOUSTIC CAMP 2015」の魅力に、過去レポも交えながら迫っていきたいと思います!

ニューアコ2015の開催決定!その詳細は?

今年も秋フェスとして定着しつつあるニューアコの開催が決定いたしましたので、その開催概要をご紹介させていただきます

NEW ACOUSTIC CAMP 2015

  • 日程:9/12(土)~9/13(日)
  • 会場:水上高原リゾート 200(群馬県)

チケット情報

  • 3月27日(金)より先行受付開始(オートキャンプ券付き)

交通アクセスについて

最寄り駅となるJR上越新幹線「上毛高原駅」からは、会場となる水上高原リゾートへ向かうシャトルバスが出ています。約1時間前後で到着しますので、電車をご利用の方はシャトルバスを使われると便利です。

またお車で現地に行く方は、関越自動車道の「水上IC」から降りて約30分ほどで到着しますが、ニューアコの際は混雑が予想されますので時間に余裕を見たほうがいいでしょう。

ニューアコ 2015の醍醐味&出演者にも期待!

今年の出演ラインナップはまだ全く発表されていませんが、今年の出演者にも大きな期待をして良いかと思います。

昨年は、EGO-WRAPPIN’フラワーカンパニーズがニューアコ仕様の特別編成でアコースティック版で楽曲を披露し、大変盛り上がりました。その他にもハナレグミ with U-zhaanやスガシカオ真心ブラザースなどの豪華アーティスト達が、その歌声で多くの観客を魅了しました。

ニューアコでは楽器の生演奏が鉄則となっていて、その楽器から奏でられる音楽やアーティストの歌声を確実に生で体験できます。だからこそ即興でのアレンジを聴くことが出来たり、いつもとは違う楽しみ方ができます。それがニューアコの醍醐味で見どころでもありますので注目してくださいね。

また、ニューアコ最大の醍醐味は、キャンプをしながらゆったりと音楽が聴けることではないでしょうか?家族や友達とわいわいおしゃべりしながら、または芝生に寝っ転がりながら気軽に音楽を聞くという、至福の時間を過ごすことができますよ。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。