【思わず踊れる曲】neco眠るの人気おすすめ曲ランキングTOP10!

2002年に大阪で結成されたインストバンド、neco眠る。2017年は結成15周年のアニバーサリーイヤーということでフェスやイベントへの出演、新曲のリリースや東名阪アニバーサリーツアーの開催が決定するなど活動が活発化しています。その独特な音楽性から「盆踊り系インストダブバンド」や「青春ビザールDISCOユニット」と評されています。そんなneco眠るの人気おすすめ曲をランキング形式でTOP10までご紹介します!neco眠るの人気おすすめ曲ランキングはライブ参戦前までに聞いておきましょう!

neco眠るのプロフィール

neco眠るは2002年に大阪で結成されたインストバンドです。
メンバーの入れ替わりが激しいバンドで、発起人となった人は既にバンドを辞めていて、ギターの森雄大さんが最古参とのことです。
メンバーそれぞれが他の仕事や音楽活動も並行して行っています。
2017年からは7人体制となり、結成15周年のアニバーサリーイヤーということで活動を活発化させています。

neco眠るのメンバー

  • 森雄大(Gt)
  • NEGURA(TITAN)
  • 伊藤コーポレーション(株)(Ba)
  • BIOMAN(Synth)
  • 栗原ペダル(Gt)
  • 三木章弘(Dr)
  • おじまさいり(Key from CASIOトルコ温泉)

その独特のノリを持つ音楽により「盆踊り系インストダブバンド」や「青春ビザールDISCOユニット」と評されています。
活動初期のころは自主イベント「SPLAY」を中心にイベントへの出演や盆踊り大会での演奏、老人ホームへの慰問ライブなどの活動で注目を集めました。
2010年に一度活動を休止し、2012年から活動を再開させています。
FUJI ROCK FESTIVAL 2017、MACHI FES 2017などのフェスへの参加や、東名阪でのアニバーサリーツアーも決定しています。
そんなneco眠るのおすすめ曲TOP10やアルバム発売日、SNS上での感想についてまとめていきます!
踊れるバンドなので、ぜひライブ前の予習に役立ててくださいね。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキングTOP10

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第10位 DASI CULTURE

2008年9月9日発売の「ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK」の4曲目に収録されています。
現在オリジナル版は絶版となっていますが、2014年に再販されました。
SoundCloudで聴くことができるのはリミックスバージョンです。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第9位 お茶

2014年11月26日発売の6年ぶりの2ndアルバム「BOY」の一曲目に収録されています。
このアルバムのメインコンポーザーはBIOMANさん。
DJとデザインの仕事と農業の仕事もされている多彩な方です。
「BOY」のジャケットデザインも手掛けています。
このアルバムにはゲストミュージシャンとして荒内佑(cero)、黒田誠二郎(Gofishトリオ)、MC.sirafu(片想い)、入江崇(ex.neco眠る)が参加しています。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第8位 プール後の授業

2009年7月8日に発売されたミニアルバム「EVEN KICK SOY SAUCE」の5曲目に収録されています。
「EVEN KICK SOY SAUCE」も絶版となっていましたが、2014年に再発リリースされています。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第7位 YODOGAWA BOYS

「ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK」の9曲目に収録されています。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第6位 UMMA

「EVEN KICK SOY SAUCE」の8曲目にライブバージョンが収録されています。
YouTubeのミュージックビデオはオオルタイチさんのリミックスバージョンです。
このミュージックビデオの映像制作はトクマルシューゴさんなどのミュージックビデオの制作を務めている制作チーム「ONIONSKIN」です。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第5位 すごく安い肉

「BOY」の7曲目に収録されています。
変わったタイトルの曲が多いのですが、インストバンドということで、ほとんどの曲のタイトルは適当に付けているそうです。
仮タイトルとしてつけたものがほとんどそのまま使われているそうです。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第4位 BOY

2ndアルバム「BOY」の最後を飾る曲です。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第3位 SUN CITY’S GIRL

「EVEN KICK SOY SAUCE」の3曲目に収録されています。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第2位 猫がニャ~て、犬がワンッ!

「EVEN KICK SOY SAUCE」の一曲目に収録されています。
この曲はDODDODO (どっどど)さんというサンプラーを多用したパフォーマンスを行う女性音楽家の方の曲のカバーです。
森雄大さんもBIOMANさんもDODDODOさんが大好きで、影響も受けているそうです。
「EVEN KICK SOY SAUCE」はこの曲のカバーをやるために作ったそうです。

neco眠るの人気おすすめ曲ランキング第1位 ENGAWA DE DANCEHALL

「 ENGAWA BOYS PENTATONIC PUNK」の10曲目に収録されています。
映像と音楽のマッチから中毒になってしまう人が多いのではないでしょうか?
この独特なミュージックビデオを制作したのは坂本渉太さん。
こちらは2009年の作品ですが、近年ではきゃりーぱみゅぱみゅさんやチームしゃちほこなどのミュージックビデオも手掛けているそうです。
坂本さんのブログに制作秘話が書かれていました。

舞台は江戸時代。鬼や動物たちと人間たちの交流を通して、ゆかいな世界を表現したくて、そこにハッピーな感じとか世界平和みたいなんをばーんとやりたかった。

テーマとしては、、
・まんが日本むかしばなし
・泣いた赤鬼
・北野武の座頭市
の3つがモチーフとなった。

いろんな人が、おもしろい!とか、めっちゃ楽しい!とか、元気になる!とか言ってくれていた。本当によかった。すごいと思った。

だってこれは、ボーカルがいたり、いい歌詞があったり、イケメンとか美少女が映ってたりするPVではないのだ。

これはインスト曲なのだ。

インスト曲に乗って俺のアニメが動くだけの映像。しかも、こんなクソ下手な絵で、映像的な技術も超陳腐。

そんなので、めっちゃ楽しい!とか元気にもらえる!とか言ってもらえてるってけっこうすごくない?

とても素晴らしいことやと思った。嬉しすぎる。自信になった。

(出典:さ日記より)

坂本さんのおっしゃるようにこの曲はインストです。

歌詞の無い曲にはとっつきにくいと思ってしまう方もいるかもしれません。
それでもすごくいい、と人の心を動かしているのはひとえにneco眠るの楽曲が素晴らしいからではないでしょうか。

音楽好き必見のおすすめ記事もまとめてチェック!

ライブで踊ろう!

(出典:PAKUTASOより)

今回はneco眠るのおすすめ曲TOP10・CD発売日・SNS上での感想についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

思わず踊りたくなるような楽曲ばかりだったと思います!

neco眠るは2017年が結成15周年のアニバーサリーイヤーということで、「猫がニャ~て、犬がワンッ!」以来8年ぶりにボーカルをフィーチャーした楽曲「SAYONARA SUMMER/ひねくれたいの」をリリースします。

2017年8月30日から配信が開始され、9月6日には限定生産7インチアナログ盤も発売されます。

「SAYONARA SUMMER」にはnever young beachのボーカル安部勇磨、「ひねくれたいの」にはスチャダラパー+ロボ宙が参加しています。

また、11月には東名阪アニバーサリーツアーが行われることも発表されています!

neco眠るの楽曲が気に入ったという方はぜひライブに行って思う存分踊ってきてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。