Nothing’s Carved In Stone(NCIS)「Live at 野音 2017」開催!公演概要・おすすめ席・見どころをチェック!

2017年5月、日本のロックシーンを担う重要なバンドNothing’s Carved In Stone(NCIS)が野音ライブを開催!Nothing’s Carved In Stone(NCIS)史上では2回目となる日比谷野外音楽堂でのライブ「Live at 野音 2017」の公演概要をはじめ、座席表からみたおすすめ席、ライブの見どころなどを徹底解説していきます。

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)が決行する野音ライブの情報まとめ!

2017年も野音ライブを開催するNothing’s Carved In Stone(NCIS)。日本のロックシーンを担う重要なバンドの一つとして活躍中ですが、野音ライブ開催は昨年に引き続き、2回目となります。

今回お送りするのはNothing’s Carved In Stone(NCIS)「Live at 野音 2017」の情報まとめ!日程・会場などの公演概要のほか、おすすめ席やライブの見どころなどもお伝えします。

こちらの記事もおすすめ!

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)野音ライブ特集①バンドについて

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)の結成は2008年。メンバーは村松拓(Vo&Gt)、生形真一(Gt)、日向秀和(Ba)、大喜多崇槻(Dr)の4人です。生形真一が自身のバンドELLEGARDENの活動休止をきっかけに、ストレイテナーのメンバーである日向秀和に声をかけたのが始まりでした。

2009年には1stアルバム「PARALLEL LIVES」をリリースし、その後も定期的に作品を発表しています。これまでリリースした9枚のアルバムはすべてチャート20位以内にランクイン。

また、安定したライブパフォーマンスは大型フェスでも人気を博し、パワフルなロックチューンをファンに届けています。2016年の野音ライブ初挑戦などをはじめ、常に新しいことに挑戦し続けているバンドです!

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)野音ライブ特集②公演概要

(出展:PAKUTASO)

では、Nothing’s Carved In Stone(NCIS)の野音ライブの公演概要をチェックしていきましょう!

「Live at 野音 2017」公演概要

日程:2017.05.21(日)

会場:日比谷野外大音楽堂(東京都千代田区日比谷公園1-5)

開場:16:30

開演:17:30

料金:4,300円(税込)

(引用元:Nothing’s Carved In Stone 公式サイト)

日比谷野外音楽堂までのアクセス①電車

  • 東京メトロ丸ノ内線「霞が関」駅B2出口より徒歩3分
  • 東京メトロ日比谷線/千代田線「日比谷」駅A14出口より徒歩3分
  • 東京メトロ日比谷線「霞が関」駅A5出口より徒歩4分
  • 東京メトロ千代田線「霞が関」駅C4出口より徒歩3分
  • 都営地下鉄三田線「内幸町」駅A7出口より徒歩3分
  • JR山手線/京浜東北線「有楽町」駅または「新橋」駅日比谷口出口より徒歩15分

日比谷野外音楽堂までのアクセス②車

日比谷駐車場

所在地:東京都千代田区日比谷公園1

収容台数:463台

車両制限:高さ2.2m、長さ6.5m、幅2.5m、重量4.0t

料金:8:00-22:00 30分300円/22:00-8:00 30分150円

※当日1日最大料金2,700円(24時迄)

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)初となった昨年の野音ライブと同様、2017年の公演日程も1日のみ。日曜日なので、遠方から参加するファンも多いかもしれません。

会場までのアクセスは電車が便利ですが、車を利用する方も日比谷公園内に広い駐車場があるので安心ですよ!ただし、混雑も考えられますので早めに入庫してくださいね。

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)野音ライブ特集③おすすめ席はココ!

Nothing’s Carved In Stone(NCIS) 「Live at 野音 2017」の会場、日比谷野外音楽堂の座席表からおすすめ席をご紹介しましょう!

座席表とおすすめ席の解説

日比谷野外音楽堂の座席キャパシティは2,664席。座席は扇状に設置されています。前方からAブロック(縦6列/横5ブロック/176席)、Bブロック(縦12列/横7ブロック/888席)、Cブロック(縦16列/横12ブロック/1,600席)の3つに分かれます。

Aブロックは確かに近いものの、やや近すぎると感じる方がいるかもしれません。「とにかくアーティストとの距離が近いほうが嬉しい!」という方にはおすすめ席と言えるでしょう。

ライブ中にNothing’s Carved In Stone(NCIS)のメンバーが動いても見やすいのは断然Bブロック!おすすめ席は6列目くらいまで、センター寄りの25〜58番です。

Cブロックは全体を把握しやすいですが、野音は外の会場。開放感があるぶん、前方でもやや遠く感じるので、オペラグラスがあったほうが安心です。センター寄りの席番は46〜89番あたりになります。

また、トイレは座席エリアの右端と左端の後方に設置。荷物を預けたい場合は駅のコインロッカーを利用してくださいね。

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)野音ライブ特集④見どころは?

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)「Live at 野音 2017」の見どころは、何と言っても野外らしい臨場感で楽しめる熱いパフォーマンス!ライブでは、大規模な音楽フェスともホールやライブハウスとも違う、独特な空間が作られることでしょう。

そしてもう一つの見どころは、Nothing’s Carved In Stone(NCIS)ファンの心を鷲掴みにするセットリスト!昨年開催された野音ライブに行ったファンの多くが、演奏についてはもちろん、「選曲も最高!」との声をあげています。

これは、野音ライブがリリースツアーではないからこそ可能になるのです!

 

前回は1stアルバムの収録曲や未発表曲、ライブの定番曲など、新旧の曲を網羅したセットリストでファンに感動を届けてくれたNothing’s Carved In Stone(NCIS)。2017年の野音ライブでは、一体どんなセットリストを組んでくれるのか、楽しみですね!

こちらの記事もおすすめ!

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)のライブが野音で見られる!この機会を見逃すな!

Nothing’s Carved In Stone(NCIS)が2017年5月に開催する「Live at 野音 2017」について、公演概要や座席表、見どころなどの情報をまとめてお届けしました。

野音で再びNothing’s Carved In Stone(NCIS)のステージが見られるということで、ファンにとっては開演が待ち遠しいことこの上ないでしょう。日程も1日だけというスペシャルなライブなので、これは絶対に見逃せません!

(敬称略)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。