完全復活へとゆっくり歩みを進める中森明菜、彼女を苦しめていた病気とは?

2010年に無期限活動休止を発表後、2014年から徐々に活動を再開している中森明菜さん。今回は、中森明菜さんを無期限活動休止にまで追い込んだ病気について解明していきたいと思います。

2010年に無期限活動休止を発表後、2014年から徐々に活動を再開している中森明菜さんですが、2016年はLIVEDVDのコンプリートボックスやカバーアルバムの発売など、リリースの多い1年となりました。

12月にはディナーショーの開催も控えており、精力的に活動されています。ファンにとっても生の中森明菜さんと会うことのできる、久しぶりの機会ということで大変話題になっています。

ディナーショーが開けるくらいまで回復したのはとても喜ばしいことですね。今回は、中森明菜さんを無期限活動休止にまで追い込んだ病気について解明していきたいと思います。

(出典:exciteニュースより)

昭和の歌姫、中森明菜

(出典:NAVERまとめより)

中森明菜さんがシングル「スローモーション」で華々しくデビューを飾ったのは1982年のこと。セカンドシングル「少女A」で、その歌唱力と中森明菜さんの持つ魅力に世間が魅了され、その後も続々と「飾りじゃないのよ涙は」「十戒」「DESIRE -情熱-」「TATOO」などの大ヒット曲を生み出す歌姫となりました。

デビューした年から日本歌謡大賞や日本有線大賞、FNS歌謡祭などでの賞を総なめにし、以後リリースする曲も様々な賞にノミネートされるなど、実力派歌手として大活躍されていました。

さらに、歌手活動のほかにも女優としても積極的に活動されており、1985年には「愛・旅立ち」で映画に出演するほか「素顔のままで」や「冷たい月」など多くの大ヒットドラマにも出演し、少しクセのある役でもすんなりとこなしてしまうなど、演技力もなかなかのもの。マルチに才能を発揮されていた中森明菜さんは昭和から平成の芸能界にはなくてはならない存在だったのです。

中森明菜さんが芸能界入りするキッカケとなったのは当時の人気番組であった「スター誕生」というオーディション番組でした。中森明菜さんのご実家は当時裕福ではなく、自分の家族のためにもお金を稼ぐためにタレントとして頑張っていくことを決意したのです。

自伝である「中森明菜心の履歴書―不器用だから、いつもひとりぼっち」にもその時の心境が綴られており、保育士になりたかったけれど、お金を稼げるのはタレントしかないと思っていたことや、自分が歌うことで、みんなが喜んでくれるのなら、私は何でもやろう」と幼心の中にも強い決意があったことが窺えます。

そして、歌手として女優として順調に滑り出したかのように見えた中森明菜さんですが、その芸能生活のスタートは、中森明菜さんの波乱に満ちた人生の幕開けともなってしまうのです。

中森明菜さんと交際していた近藤真彦さんの存在

(出典:Twitterより)

1985年に公開された映画「愛・旅立ち」で映画初主演を務めることとなった中森明菜さんですが、ここで彼女の芸能生活を語る上で欠かせない人物との出会いを果たします。この映画「愛・旅立ち」で近藤真彦さんとW主演となったわけなのですが、この共演がきっかけで二人は交際を開始します。

そして1989年には日本中を震撼させた出来事が起こります。近藤真彦さんの自宅マンションで手首を切って自殺未遂をはかり、その後1年間の活動休止を発表しました。

近藤真彦さんの自宅の浴室で左手首を深く切り、その傷は神経どころか骨にまで達するほどだったと言います。血管や神経を繋ぐために6時間もの大手術となったそうで、その傷の深さからも中森明菜さんの心はかなり消耗されていたのだと考えられます。

自殺未遂に至った経緯は、「近藤真彦さんから別れを切り出された」「松田聖子さんと近藤真彦さんとの密会報道があった」ことなどが挙げられていますが、ハッキリとした理由は今もなおわかってはいません。

一番有力だと言われる理由は、近藤真彦さんが二人の新居のためと言って中森明菜さんから約8,000万円もの大金を搾取していたというものです。この件については、近藤真彦さんが「マネージャーが勝手にやったこと」とコメントしているので、少なからずこういった事実があったことは確かであると考えられます。

近藤真彦さんとの交際中は衝突することがとても多かったようで、このような自傷行為も頻繁に繰り返していたようですから、この自殺未遂騒動の以前よりなんらかの心の病気にかかっていたのかもしれませんね。

さらに、この自殺未遂騒動は中森明菜さんの中に大きな傷を残すこととなるのです。1989年末に行われた、この騒動の謝罪会見では近藤真彦さんと共に登場することとなりましたが、中森明菜さんは「近藤真彦さんとの婚約会見だから」と言われて会場に向かったところ、実際には謝罪会見であり、近藤真彦さんからは結婚をキッパリ否定されてしまうというあまりにもひどい結末で幕を閉じることとなります。

当時、中森明菜さんが所属していた芸能事務所からも独立するなど、彼女を取り巻く環境はこの時期に大きく変わって行ったこともあり、うつ病や人間不信に陥ったなどという噂もよく聞かれています。

リスタートからふたたび活動休止へ…

Dear FriendをAmazonでチェック!

芸能活動休止から1年3か月後に「Dear Friend」をリリースし、心機一転新たなスタートを切った中森明菜さん。少し芸能活動から遠ざかったことで心の病気も少しは軽くなったのではないでしょうか。

この復帰第1弾シングル「Dear Friend」は週間ランキングで2週にわたって1位を獲得したことから、彼女の復活を心待ちにしていたファンや、応援している人の多さがよくわかります。

この頃は多数のドラマに出演するなど女優としての活動も精力的に行っていましたが、所属事務所のトラブルやレコード会社の移籍などで、さまざまな良くない報道があったりするなど、決して順風満帆なリスタートというわけではありませんでした。

その後、コンサートだけではなくディナーショーへも活動の幅を広げ、カバーアルバムもリリースするなど歌手と女優、二つの顔を見事に両立させていくのです。

そして、2010年の10月には再び活動休止となってしまうのですが、当時はその期間も無期限と発表されていたため、驚かれた方も多かったのではないでしょうか。活動休止に至った理由として、所属事務所からは体調不良の為と発表されていますが、一体中森明菜さんが抱えていた病気とはどのようなものだったのでしょうか?

中森明菜さんを活動休止にまで追い込んだ病気とは?

中森明菜 in 夜のヒットスタジオ [DVD]をAmazonでチェック!

この活動休止については、帯状疱疹やうつ病も併発していたとの報道があり、帯状疱疹に関しては重度であるとも言われていました。治っては再発をくりかえしているという話もありましたから、心身ともに辛い時期だったのかもしれません。

1989年の自殺未遂騒動の頃から、元々うつ気質であったと言われる中森明菜さんですが、帯状疱疹の辛さに加えてのうつ病ということですから、かなり重い状態だとも言われています。

この発表の後には、音楽番組の中森明菜さん出演シーンを集めた「中森明菜 IN 夜のヒットスタジオ」や、「ザ・ベストテン 中森明菜 プレミアムBOX」などのDVDボックスが発売され、2014年にはベストアルバムと、カバーベストアルバムも発売されるなど、活動休止中でも中森明菜さんの関連作品が発表されていました。

そして、2014年末のNHK紅白歌合戦には、サプライズゲストとして登場し日本中を沸かせたのも記憶に新しいですね。紅白歌合戦では、ニューヨークのスタジオから生中継をし、久しぶりにTVで彼女の姿を見ることができた素晴らしい日となりました。

この時披露した曲は「Rojo-Tierra」で、力強い歌声がとても印象的でしたし、ファンにとっても喜ばしいことだったと思います。この紅白歌合戦への出演をきっかけに、2015年1月には紅白歌合戦でも披露した「Rojo-Tierra」を発表、その後ニューアルバム「FIXER」や今までのライブを収録したDVDボックス「1994-2009 THE LIVE DVD COMPLETE BOX」を発表するなど、着実に完全復活へ向かって活動していることがわかります。

そして、2016年12月にはディナーショーの開催が決定しており、久しぶりにファンと触れ合うイベントですから、ファンにとっては見逃せないイベントとなりそうです。

中森明菜のオススメ記事はこちら

完全復活への序章!中森明菜さんの今後から目が離せない!

(出典:NAVERまとめより)

完全復活に向け、徐々に活動の幅を広げてきている中森明菜さんですが、帯状疱疹やうつ病などの病気と闘いながらも私たちへ歌を届けてくれるのはとてもありがたいですね。12月から始まるディナーショーでは、どんな表情を私たちに見せてくれるのかとても楽しみですが、中森明菜さんが無理せず楽しく芸能活動をしてくれたら、ファンにとってこれ以上のことはありません。これからの中森明菜さんの活躍に期待しましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。