長渕剛 名曲の順子の知られざる誕生秘話とは?

鹿児島県出身の男性シンガーソングライターの『長渕剛』(ながぶちつよし )。

彼は今や詩人、画家、俳優としても幅広く活躍しています。そんな長渕剛が歌う『順子』はシングル『順子/涙のセレナーデ』に収録されている曲である。

この曲はシングルの売り上げ枚数、ミリオンセラーを獲得した大人気曲です。元々『順子』は長渕剛のアルバム『逆流』(1979年11月5日リリース)に収録されていましたが有線放送で人気が爆発したことで、シングルカットされ、週刊オリコンシングルチャート第1位を獲得したのでした。

長渕剛 順子2
(出典:タキガワメガネ)

長渕剛。魂の籠った言霊で綴る『順子』を歌う!

長渕剛の恋愛を歌った歌詞には『順子』をはじめ、『純恋歌』など失恋を題材にした曲が多いですが、アップテンポで力強いリズムに心打たれ、失恋していなくてもカラオケで熱唱したくなる曲ばかりですね。

男性からも女性から愛される長渕剛の『順子』。ライブでは長渕剛がサビで出てくる「お~順子♪」をお客さんと一緒に、もしくはお客さんだけで歌わせるといった一体感もファンを熱くさせる理由です。

長渕剛が語る『順子』誕生秘話!順子さんは実在の人物だった?

そんな人気に火をつけた『順子』という曲。実は順子さんは実在する人物のようです。

長渕剛小学校2年の時に思いを馳せていた女の子、それが順子さんだったのです。順子さんとは大きくなってから奇跡の再開を果たし、この名曲が生まれたそう。

もしもこの時、順子さんに再開できていなかったら『順子』という代表作は誕生していなかったかもしれません。

長渕剛の『順子』まとめ

実在の人物である順子さんを思って作曲した『順子』。

歌っている人も聞いている人も、皆引き込んでしまうリズムと親しみがわいてくる歌詞が大ヒットした秘密です。長渕剛の曲名には『順子』をはじめ『勇次』など、よく人物の名前や名詞がそのまま付けるのを長渕剛自身が好んでいるためである。

題名や歌詞の一言一句に魂の息吹が感じられる。それが長渕剛の歌の魅力です。

長渕剛 順子
整体nao沖縄出典

長渕剛に関するこちらの記事もチェック!

長渕剛のライブチケットは、チケットキャンプで入手することができます!

チケットキャンプでは長渕剛のチケットを取り扱っています。また、ご入手困難なライブチケットを譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能がありますので、是非チェックしてみてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。