長渕剛のHe・La-He・La 込められた人間関係の憤りとは?

長渕剛は、1978年に1stシングル曲「巡恋歌」でメジャーデビュー。

以来、数々のヒット曲を生みだしてきました。ライブにこだわり、独特のライブパフォーマンスで多くの観客を魅了しています。歌手活動の他にも、俳優としても幅広く活躍する長渕剛。

ここでは、長渕剛の名曲「He・La-He・La」の魅力に注目して紹介してみましょう。

長渕剛の名曲「He・La-He・La」とは

LICENSE (24bit リマスタリングシリーズ)をAmazonでチェック

「He・La-He・La」は、1987年にリリースされた長渕剛の10枚目となるオリジナルアルバム「LICENSE」(ライセンス)に収録されている楽曲です。

長渕剛のライブでは、必ず歌われる定番曲としてファンに人気の楽曲ですよね♪作詞・作曲は、長渕剛、編曲を瀬尾一三とともに行ったことでも知られています。

「LICENSE」は、長渕剛の数あるアルバムの中でも、ファン投票1位に選ばれるほどの名作。「He・La-He・La」の歌詞には、長渕剛の人間関係に対するやりきれなさや怒りが込められています。長渕剛らしい魅力ある楽曲と言えますね。

LICENSE (24bit リマスタリングシリーズ)をAmazonでチェック

長渕剛の名曲「He・La-He・La」~歌詞の魅力~

「He・La-He・La」は、長渕剛の人間関係に対する憤りが込められた楽曲として知られてます。

長渕剛が表現する怒りに、感動さえ覚えてしまいますよね。

表面だけを取り繕う人間関係に、嫌気がさしている様子がうかがえます。

長渕剛らしい、語気の強い言葉に惹かれてしまう人も多いのでは。

世の中の薄情さを嘆く長渕剛の怒りがひしひしと伝わってきますよね。

長渕剛の名曲「He・La-He・La」~動画編~

長渕剛のライブでは、必ず歌われる定番曲「He・La-He・La」。

「He・La-He・La」の魅力は、やはり動画で堪能したいものです。長渕剛が歌うからこそ、「He・La-He・La」は最高の楽曲として、聴く人の心に沁みて行きます。

ライブでお馴染のギターを弾き語りながら、熱唱する長渕剛。会場に詰めかけたファンとともに、「He・La-He・La」を披露している動画は圧巻!思わず一緒に歌いたくなってしまいますね♪

長渕剛のオススメ記事一覧

長渕剛の名曲「He・La-He・La」まとめ

いかがでしたか?長渕剛のライブでお馴染の定番曲「He・La-He・La」の魅力を紹介してみました。ギターの音色とともにいつまでも心に残る素敵な楽曲ですよね。チケットキャンプでは、長渕剛のライブチケットを取り扱っています。ライブチケットを手に入れて、熱いライブステージを体感してみてはいかがでしょう。希望のライブチケットを譲ってもらえるリクエスト機能がおすすめ!あきらめずに是非チェックしてみてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • 大好きでいつもライブに行かせて貰って今す本当に長渕剛ふぁんですCDも沢山持っています

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。