ミスチル(Mr.Children)の『蘇生』がアタックCMソングに!長年ファンから愛される理由は?

ミスチル(Mr.Children)が2002年にリリースしたアルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』に収録されている楽曲『蘇生』。今年2017年、15年という時を経て花王「アタック」のCM曲に決定しました。 ミスチル(Mr.Children)ファンにとっては懐かしい『蘇生』は、映画主題歌にもなった名曲です。今回はそんなミスチル(Mr.Children)の『蘇生』に関する情報を紹介していきます。

ミスチル(Mr.Children)の『蘇生』がアタックCMソングに!長年ファンから愛される理由は?

J-POPの黄金期と言われる90年代から現在まで活躍を続けているミスチル(Mr.Children)。

キャッチーなサウンドと切なく耳に残るメロディ、ボーカル・桜井さんの紡ぐ文学的で独自の世界観を持った、心の奥を見透かされるような歌詞。様々な魅力があるミスチル(Mr.Children)は、長年の活動の中で名曲をたくさん発表しています。

今回はそんなミスチル(Mr.Children)の名曲『蘇生』に注目し、曲のテーマやメッセージ、花王「アタック」のタイアップについてやファンの感想などを詳しく紹介していきます!

ミスチル(Mr.Children)の『蘇生』の初回リリース

ミスチル(Mr.Children)の『蘇生』は2002年に発売されたアルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』に収録されています。『IT’S A WONDERFUL WORLD』は音符のマークの両端に描かれた、花と地球が印象的なジャケットのアルバムです。

意外にもアルバム曲である『蘇生』ですが、メンバーの思い入れも強い曲であり、ライブでは毎回のように演奏される曲。ファンから長年愛されています。

「蘇生」とは、「ノイズからの再生」


【画像:PAKUTASO

アルバム『IT’S A WONDERFUL WORLD』を再生すると、最初に流れてくるのが『overture』というインストゥルメンタルの曲。そしてその後、流れるように『蘇生』が始まります。

別の曲として扱われている『overture』と『蘇生』ですが、もともとは『overture』は『蘇生』のイントロとして作られたものだったそうです。ライブでは必ず『overture』と『蘇生』はセットで演奏されます。

『overture』のテーマは「ノイズからの再生」であるそうです。そして、ノイズから再生した後に始まるのが『蘇生』なのです。桜井さんは曲作りの際に、いつも身近なところからインスピレーションを得ているといいます。

この『蘇生』は、桜井さんがリチャード・ギアがゲスト出演するテレビ番組を見ていたときアイディアが浮かんだそうです。その番組で、リチャードギアはダライ・ラマの教えである「一日、一日、自分は生まれ変われる」という言葉を紹介していて、それを見てこのようなポジティブな気持ちで生きていたいと思い、作った曲が『蘇生』であるそうです。

『蘇生』は、ベストアルバムでも別バージョンが楽しめる

『蘇生』はベストアルバム『Mr.Children 2001-2005 <micro>』にも収録されています。ファンの中には正直、ベストアルバムはあまり聴かないという方も多いのではないでしょうか。

しかし、この『蘇生』は、ベストアルバムでは別のアレンジで収録されています。一言で言うなら、『overture』がなくても成立するようにアレンジされた『蘇生』という感じでしょうか。

『Mr.Children 2001-2005 <micro>』は、普段ベストアルバムを聴かない方でも、手に取る価値のある一枚になってます。

ミスチル(Mr.Children)『蘇生』がタイアップされた作品


【画像:Thinkstock

『蘇生』は2002年のリリース当時アサヒ飲料「WONDA」CMソングとなっただけでなく、2011年にもBBC EARTH製作の映画『ライフ -いのちをつなぐ物語-』主題歌となっています。

『ライフ -いのちをつなぐ物語-』は6年という長期に渡る製作期間と、世界18カ国で70人以上のカメラマンが撮影に携わった壮大なスケールの作品。ミスチル(Mr.Children)の『蘇生』の持つ力強さが、野生動物が自然を生きる姿にマッチし、その雄大さやひたむきさを伝えています。また、『ライフ -いのちをつなぐ物語-』公式サイトには「動物達は 命は 意志を持った的確な言葉で 雄弁にしゃべっている この映画を観るまで知らなかった」という桜井さんのコメントが掲載されていました。

ミスチル(Mr.Children)『蘇生』が新たにアタックのCMタイアップ

今年2017年、花王「アタック」のCMにミスチル(Mr.Children)の『蘇生』がタイアップされました。2002年の発売から15年が経つにも関わらず、今回の起用に至ったのは『蘇生』という曲が持つ「生まれ変わる」、「挑戦」というメッセージから。

「アタック」のCMではミスチル(Mr.Children)とも親交があるサッカー日本代表の本田圭佑選手らの、「汚れ」つつも挑戦し続ける姿を描き、CMという短い時間の中でも桜井さんの力強い歌声から前向きなメッセージが伝わってくる作品となっています。

ミスチル(Mr.Children)『蘇生』に対するファンの感想は?


【画像:Thinkstock


ミスチル(Mr.Children)の『蘇生』に対して、ファンはどのように思っているのでしょうか。Twitterから聞こえてきたファンの感想を紹介します。

ミスチル(Mr.Children)の他のオススメ記事

長年愛されるミスチル(Mr.Children)の名曲『蘇生』


【画像:Thinkstock

「失敗してもまた何度でもやり直せる」という前向きなメッセージが伝わってくるミスチル(Mr.Children)の名曲『蘇生』。聴く人に勇気を与えてくれるパワフルな曲ですが、曲調はとても爽やか。そのぶん歌詞に込められた桜井さんの想いが心にすっと入ってきます。

仕事や勉強、恋愛など、どんな心境にもしっくりと当てはまる曲が多いミスチル(Mr.Children)。歌詞を深読みしてみると、また違った世界が見えてくるかもしれません。ミスチル(Mr.Children)の曲には『蘇生』以外にもたくさんの名曲がありますから、ぜひ自分だけの名曲を探してみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。