>ミスチル チケット
ミスチルの櫻井和寿率いるBank Bandが歌う糸の魅力に迫る!

1992年のデビューから、変わらぬ人気を誇る日本の男性4人組バンド、Mr.Children

ロングセラー曲やヒット曲も多く、幅広い年代のファンに愛されて続けているグループですね。なかでも近年、ミスチルがカバーしたと話題を集めている「糸」が急激に人気を集めています。

実はこの「糸」、全ての楽曲のプロデューサを務める小林武史とボーカル櫻井和寿を中心に活動しているBank Bandのカバー曲なんです。歌詞とメロディーが心に残る名曲「糸」の魅力を、じっくり見ていきましょう。

意外と知らない人も多い!「糸」はミスチルのオリジナル曲ではないんです

知名度の高い「糸」という曲、オリジナルはシンガーソングライター中島みゆきの作詞、作曲です。

ミスチルの曲としてしか知らなかった、という方も多いですよね。よくよく聴いてみると、数々の名曲を世に送り出している中島みゆきらしい楽曲に仕上がっています。中島みゆきの世界観を、新たな視点で表現している櫻井さんの歌声にも注目です。

サビ部分の歌詞が心に響く!ミスチルの歌う「糸」

「糸」を一度聴いたら耳から離れなくなるのが、サビ部分の歌詞です。とてもシンプルですが納得できる歌詞ですよね。

縦の糸をあなた、横の糸をわたし、と表現していますが、カップルや家族、友人などさまざまなシチュエーションに置き換えて考えられる歌詞が魅力です。

ミスチルカバーの「糸」は、歌詞の最後「仕合わせ」の意味が深い!

「糸」を聴く上で絶対に知っておきたいのが、歌詞の最後の部分の「仕合わせ」の意味です。

通常は「幸せ」という漢字が使用されますが、ここでは敢えて「仕合わせ」という表現になっています。じつはこの「仕合わせ」は、運命の巡り合わせという意味を持っているのです。幸せと仕合わせの両方の意味を上手にかけた中島みゆきのセンスに圧倒されてしまいますね!

ミスチルの櫻井さんが歌う「糸」の魅力

ミスチルの櫻井さん率いるBank Bandの「糸」は、中島みゆきのオリジナルバージョンとは全く違った印象を与えてくれます。

ライブ映像では、楽しそうに歌う櫻井さんの表情にも注目です。異なったアレンジも楽しめるほか、歌う人によって解釈の異なる「糸」の歌詞の深さに改めて感動してしまいますね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。