>ミスチル チケット
ミスチルの人気バラード曲特集!抱きしめたいやしるしなどからMr.childrenの魅力に迫る!

日本の音楽界で常に先頭を走り続けてきたMr.Children。テレビの主題歌やCMに使用されている楽曲も多く、様々な世代の人に愛され続けていますね!繰り返し聴きたくなってしまう楽曲の数々は、どれもが「名曲」と呼びたくなるものばかりです。今回はミスチルのバラードに注目して、心に響く名曲をご紹介します!

ミスチルの正統派バラードなら「Drawing」

心の奥までジーンと沁みる切ないメロディーが多くのファンを魅了した「Drawing」。元々はボーカルの桜井和寿が地方のライブに行ったとき、近くの川がとても綺麗で「自分にも絵心があって、この川の美しさをずっと忘れないようスケッチ出来たらいいのに」と思ったことから作られた曲。

絵を描く事の魅力と、完璧には表現できないという矛盾を歌った歌詞が特徴的ですね。聴けば聴くほど、歌詞とメロディーの魅力にはまってしまう一曲です!

ミスチルの代表曲の一つでもあるラブバラード「抱きしめたい」

恋愛をテーマにしたストレートな歌詞が多くの女性ファンを釘付けにした「抱きしめたい」。1992年に発表されたこの曲はミスチル2枚目のシングル。実はアルバム収録曲でもあったので当時はあまり話題にならなかった曲なんです。

1996年のフジテレビ系ドラマ「ピュア」の最終回では挿入歌として使用されています。現在では結婚式の定番ソングとしても人気があるラブバラードの名曲です!

暖かみのある歌詞が特徴的なミスチルのバラードなら「くるみ」

ミスチル25枚目シングルとして発表された「くるみ」。「掌」と合わせて発表されたこの曲、実はミスチルでは唯一の両A面シングルなんです。NTTドコモのCM曲としても馴染みの深い曲ですね。

架空のバンド「Mr.ADULTS」が登場するPVは「SPACE SHOWER Music Video Award 04」で2つの賞を受賞するほど高評価を得ています。「くるみ」という人物に語り掛ける設定の歌詞はオリジナリティが溢れていて、いつまでも心に残りますね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。