【動画あり!】Mr.Big(ミスタービッグ)おすすめの名曲ランキングTOP5

Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめ曲、名曲をTOP5形式で紹介!発売日や聴いた人の感想、動画と合わせてまとめます。 今回ご紹介するのは今年2017年秋にも来日ツアーが決定しているMr.Big(ミスタービッグ)。波乱万丈な活動歴を持つ彼らですが、長年世界的に活躍するだけあってやっぱりおすすめしたい曲や名曲が多いアーティストです。そんな彼らの名曲を発売日や収録アルバムなどの概要と、動画やファンの感想などの情報を合わせてまとめてました。

【動画あり!】Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめの名曲ランキングTOP5

エリック・マーティン、パット・トーピー、ビリー・シーン、ポール・ギルバートの4人で結成されたアメリカのハードロックバンド、Mr.Big(ミスタービッグ)

彼らの超絶テクニックは多くのバンドキッズの憧れの的となりました。

楽器を手にしたことのある人ならフレーズを真似て、練習してみたことがある人も多いかもしれませんね。

アメリカ出身のバンドであるMr.Big(ミスタービッグ)ですが日本での人気は特に高く、多くのハードロックファンから支持されています。熱い日本のファンへ向けて、ベストアルバムの日本盤に「I Love You Japan」という楽曲が収録されたことも。

今回は日本で特に愛されているMr.Big(ミスタービッグ)のおすすめ曲・名曲たちをTOP5のランキング形式でまとめてみました。今年2017年秋にも来日が決定しているMr.Big(ミスタービッグ)の名曲を予習しましょう!

動画や感想もまとめていますので、Mr.Big(ミスタービッグ)の曲を聴くときの参考にしてみてくださいね。

Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめの名曲ランキングTOP5・メンバーチェンジして演奏された「Smoke On The Water」


【画像:GATAG

第5位にランクインしたのは、Mr.Big(ミスタービッグ)が演奏するあの名曲「Smoke On The Water」

誰もが知る原曲は、イギリスのハードロックバンド、ディープ・パープルが1972年3月に発売した名盤『マシン・ヘッド』に収録されています。
あまりにも有名なリフで始まるこの名曲は、聴いたことがない人はいないでしょう。

この曲でMr.Big(ミスタービッグ)はポール・ギルバートがドラム、エリック・マーティンがギター、パット・トーピーがベース、ビリー・シーンがボーカルと、メンバーのパートをフルチェンジして演奏しています。この影響を受けてか、YouTubeやニコニコ動画では「演奏してみた」動画も多く上がっています。

さすが超絶テクニックを持ったバンドだけあってパートを変えてもカッコ良いですよね。メンバーそれぞれのスキルの高さが存分に発揮されています!

音楽的スキルの高さから出てくる遊び心を感じられるのも、Mr.Big(ミスタービッグ)というバンドの魅力ですよね。どんな人にもおすすめできる名曲です。

「Smoke On The Water」を聴いた人の感想は…

Mr. Big – Smoke On The Water (Back to Budokan)

おおお!パートチェンジして他人の曲やってもカッコイイ!さすが! https://t.co/EY9qDo5EmN

— ひろき (@hr_tdb40) 2016年11月3日

Mr.Bigの遊び心好きだよ!!
Mr. Big – Smoke On The Water (Back to Budokan) https://t.co/eN2PCNKfCq

— rosso (@rossoMixer) 2016年4月25日

Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめの名曲ランキングTOP4・再結成を果たした彼らの新曲「Undertow」


発売日:2010年12月15日(日本盤)

第4位にランクインしたのは骨太なサウンドが魅力的な「Undertow」

再結成を果たしたMR.BIGが放った7thアルバム『What If…』に収録されています。こちらの動画では、ソロ活動などを経てより太くなった各メンバーの音を聴くことができます。右チャンネルにはクリーンサウンドのアルペジオ、左チャンネルからはミュートを利かせたギターが流れてきます。それらを支えるパット・トーピーのドラムも素敵です。

そして、ハードなサウンドにまったく埋もれない美しいボーカルラインが特徴的な名曲となっています。

こういった情緒的なメロディは、日本人好みですよね。「かっこいい」ツボを心得ていておすすめの曲です。

「Undertow」を聴いた人の感想は…

Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめの名曲ランキングTOP3・定番のドリルソング「Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song) 」


【画像:GATAG
発売日:1991年4月10日、2009年5月13日(日本盤)アルバム「Lean Into It」に収録

第3位にランクインしたのは、1991年に発売されたアルバム『Lean Into It』に収録された「Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song) 」

電気ドリルの先にピックを付け演奏される間奏のシーンは有名となっていますが、この曲が発表された当初は誰も考えつかなかったこと。Mr.Big(ミスタービッグ)は斬新な発想で世界中の注目を集めました。Mr.Big(ミスタービッグ)を知らない人にまずおすすめしたい曲でもあります。

こちらも「演奏してみた」として動画を上げる人の多い曲です。

こうして見ると、世界には本当にすごいテクニックを持ったアーティストがいることが分かりますよね。常に広い視野を持つことが大切なのだと改めて知らされます。

ちなみに、Mr.Big(ミスタービッグ)がこの曲を演奏する際に使用するのは日本の工具メーカーであるマキタの電動ドリルと決まっているそうです。
名曲に欠かせない道具が日本製と知ると、なんだか少し嬉しい気持ちになりませんか?

「Daddy, Brother, Lover, Little Boy (The Electric Drill Song) 」を聴いた人の感想は…

Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめの名曲ランキングTOP2・超絶テクニックといえばやっぱりこれ「Addicted To That Rush」

発売日:1989年6月25日、2009年5月13日(日本・再発盤)アルバム「Mr. Big」に収録

第2位にランクインしたのは、1989年に発売されたアルバム「Mr. Big」に収録された「Addicted To That Rush」。

MR.BIGと言えばこのナンバーを思い出す方も多いのではないでしょうか。

ライブではポール・ギルバートとビリー・シーンが掛け合いも見せることでも有名なこのナンバー。速弾きがすごいというだけでなく、掛け合いの中で生まれるグルーブ感がとにかくかっこいい名曲です!

ギター、ベースを始めてみたいという人や、練習中だけどモチベーションが上がらないという人に特におすすめの楽曲です。
ふたりの超絶テクニックにテンションが上がること間違いなし!曲を聴き終わったころにはやる気が満ち溢れてくるはず。

「Addicted To That Rush」を聴いた人の感想は…

Mr.Big(ミスタービッグ)のおすすめの名曲ランキングTOP1・誰もが認める名曲「TO BE WITH YOU」

発売日:1991年4月10日、2009年5月13日(日本盤)アルバム「Lean Into It」に収録

第1位にランクインしたのは、1991年に発売されたシングル「TO BE WITH YOU」。

これまでバンドキッズなど音楽に精通している人に支持されてきたMR.BIG(ミスタービッグ)ですが、本作では誰もが分かる美しいバラードナンバーを見せています。

世界中で多くのアーティストにカバーされ、日本ではCMやテレビ番組の挿入歌などによく使用されているので、あまり音楽を聴かないという人でも聴いたことのある名曲ですよね。

歌詞では、失恋によって傷ついた女性を慰め「ただ君のそばに」「ずっと一緒にいたい」というストレートな愛を歌っていて、結婚式や愛を伝えたいシーンにもおすすめ!

アコースティックギター、ハンドクラップというシンプルな編曲も特徴的です。バンドを代表する名曲をぜひチェックしてくださいね。

「TO BE WITH YOU」を聴いた人の感想は…

MR.BIG(ミスタービッグ)の来日が迫る!

名曲のまとめから、彼らの超絶テクニックが伝わってきたでしょうか。おすすめ曲、名曲の動画を見ると今度は生で演奏を聴きたくなってくるものですよね。

Mr.Big(ミスタービッグ)は今年2017年秋、来日公演が決定しています!

2014年にドラマーのパット・トーピーがパーキンソン病を公表してから、病状については現在も予断を許さない状態とのことですが、Mr.Big(ミスタービッグ)のバンド間の雰囲気は明るくポジティブな状態とのこと。彼ら自身も日本ツアーを楽しみにしているようです。

ツアーがどのような形態で行われるかは現在まだわかりませんが、必ずファンが納得し、楽しめるライブを提供してくれるでしょう。

世界的な活躍を続けるMr.Big(ミスタービッグ)の楽曲には、ハードロックファンを魅了するおすすめの曲、名曲がたくさんあります。

今回Mr.Big(ミスタービッグ)の楽曲に触れて、興味を持った人はぜひ他の曲も聴いてみてくださいね。

Mr.Big(ミスタービッグ)のその他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。