森山直太朗さんの気になる家族構成まとめ・森山良子さんとムッシュかまやつさんの関係って?

深い人生観を歌った歌詞と独特な歌声でファンを惹き続ける森山直太朗さん。音楽界で華々しい活躍をする森山直太朗さんですが、二世歌手としても知られています。著名な歌手である母・森山良子さんやムッシュかまやつさんなど森山直太朗さんを取り巻く家族やいとこは芸能界で活躍する大物揃い。森山良子さんがお母さんであることは知っていても、ムッシュかまやつさんが親戚であることは知らないファンも多いのではないでしょうか。今回はそんな森山直太朗さんの家族構成や関係について掘り下げていきます!

2003年にリリースしたセカンドシングル『さくら(独唱)』の大ヒットから、深い人生観を歌った歌詞と独特な歌声でファンを惹き続ける森山直太朗さん。

昨年2016年12月24日のテレビ朝日系列「Mステスーパーライブ」では、母親であり歌手の森山良子さんとともに『聖者の行進』を披露、スキャットやダンスを織り交ぜた豪華なパフォーマンスで注目を集めました。

音楽界で華々しい活躍をする森山直太朗さんですが、母・森山良子さん以外にも直太朗さんを取り巻く家族やいとこは芸能界で活躍する大物揃い。3月1日に惜しまれつつも亡くなった元ザ・スパイダースのムッシュかまやつさんとも関係があるそうです。

今回はそんな森山直太朗さんの家族構成や関係について掘り下げていきます。

森山直太朗さんの母・森山良子さんって?

ジャズトランペッターの森山久さんとジャズシンガーの森山陽子さんを両親のもとに生まれ、高校卒業後にフォークグループを結成。19歳のときに『この広い野原いっぱい』でレコードデビュー。1998年に沖縄出身のバンド・BEGINと『涙そうそう』を共作し、夏川りみさんの代表曲として国民的大ヒット曲となりました。2002年には『さとうきび畑』で『第44回日本レコード大賞』の最優秀歌唱賞を受賞し、自身の代表作となっています。

森山良子さんは1971年に一般男性と結婚、長女・森山奈歩さんを出産しましたが75年には離婚となりました。その半年後、歌手・音楽プロデューサーであるジェームス滝さんと再婚し、森山直太朗さんが誕生。しかしその後2度目の離婚となってしまいました。

良子さんの長女にあたる奈歩さんは、2002年にお笑いコンビ・おぎやはぎの小木さん6年の交際を経て結婚。森山直太朗さんは小木さんの義弟となりました。

ムッシュかまやつさんと森山直太朗さんの関係って?

ムッシュかまやつさんはグループサウンズの草分け的存在である「ザ・スパイダーズ」のメンバーであり、グループ脱退後はソロミュージシャンとして活躍するとともに映画やドラマ、MCなどのタレントとしての活動も知られています。

1975年にはシングル『我が良き友よ/ゴロワーズを吸ったことがあるかい』でオリコン1位を獲得。

ムッシュかまやつさんが76歳になった2015年にギタリストの山岸竜之介さん、ベーシストのKenKenさんとともにファンクバンド「LIFE IS GROOVE」を結成。「年の差60歳バンド」として注目を集めました。アルバム『Generations』のリリースとともに様々な音楽フェスに出演するなど、年齢からは想像もつかないほどの精力的な活動を行います。

2016年にすい臓ガンであることを公表、「絶対復活するから心配しないでください!」とのコメントを発表し、闘病生活に入っていましたが今年2017年3月1日に永眠されました。

ムッシュかまやつさんの母親・森山恭子さんはジャズシンガー・浅田陽子さんの妹で、森山良子さんとはいとこの関係となり、森山直太朗さんは従甥(じゅうてつ・いとこの子ども)となります。

森山直太朗の他のオススメ記事

音楽一家の森山家が生んだ才能溢れるアーティスト・森山直太朗


【画像:GATAG|フリー素材集 壱

たくさんの音楽家たちのいる環境で生まれ育ってきた森山直太朗さん。しかし森山直太朗さんがいわゆる「七光り」で脚光を浴びていると思う人はいないでしょう。幼いころから音楽に触れていたことや、身近に大きな功績を残したアーティストがいることが森山直太朗さんの音楽性や実力に影響を与えていることは確かですが、彼の持つ歌声や世界観が間違いなくオリジナリティーに満ちていて、彼にしかできない音楽を体現しています。

15周年アニバーサリーツアー「絶対、大丈夫」の真っ最中の森山直太朗さん。代表曲である『さくら(独唱)』や『生きとし生ける物へ』、『夏の終わり』などを始めとしてタイトルのインパクトが話題を呼んだ『うんこ』や『生きてることが辛いなら』、『どうしてそのシャツ選んだの』などもセットリストに組み込まれているようです。

今後もその独特な世界観を突き進んでいくことが期待される森山直太朗さんを見つめていきたいですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。