森山直太朗が歌う人気卒業ソングおすすめランキングTOP5!

森山直太朗の楽曲は、どこか郷愁を感じさせ、深く感動を呼び起こさせるものが多いのが特徴です。卒業式など人生の節目に聴きたい名曲ばかり!本日は森山直太朗の名曲の中でも、特に卒業ソングとしておすすめの人気曲をランキング形式で発表します。

フォークシンガー森山良子の息子として生まれ、超一流シンガーソングライターとして活躍し続けている森山直太朗。透き通るような歌声に、心に染み入るメロディ、そして軽妙で少し風変わりなトークセンスと、常にファンを魅了してやまない存在です。

そんな森山直太朗の楽曲は、どこか郷愁を感じさせ、深く感動を呼び起こさせるものが多いのが特徴です。まさに、卒業式など人生の節目に聴きたい名曲ばかり!

今回は、そんな森山直太朗の名曲の中でも、特に卒業ソングとしておすすめの人気曲をランキング形式で発表してみたいと思います。それでは早速スタートです。題して、『森山直太朗の名卒業ソングTOP5』!!

森山直太朗の人気卒業ソングTOP5:「今が人生〜飛翔編〜」

まず最初にご紹介するのは、「今が人生〜飛翔編〜」です。2004年に発売された6枚目のシングルで、シングルカットするにあたって、コーラスなどを加えて豪華にアレンジされています。

「今が人生」というタイトルや、フジテレビ系のオリンピックテーマ曲となったことからも分かるように、不安あ日々の中で未来に向かって目を向ける前向きな心境が歌われています。

森山直太朗の人気卒業ソングTOP4:「花」

次にご紹介するのは、「花」です。中孝介へ楽曲提供されたこの作品は、森山直太朗の5枚目のアルバム『諸君!!』でセルフカバーされ、森山直太朗の楽曲の中でも高い人気を誇っています。

人はそれぞれの花を心に宿していて、そこに咲くだけで美しい、といった内容を歌った内容で、優しくも力強いメッセージを伝えてくれる名曲です。

森山直太朗の人気卒業ソングTOP3:「若者たち」

今度は、森山直太朗によるカバー曲「若者たち」です。ザ・ブロードサイド・フォーによってテレビドラマ『若者たち』の主題歌として1966年に発売されたこの曲は、教科書にも掲載されているほどのポピュラーソングとして定着しています。

そして2014年、テレビドラマ『若者たち』が『若者たち2014』としてリメイクされた際に、主題歌としてこの曲をカバーしたのが森山直太朗でした。

ゴールが見えなくても、希望を旨に歩き続ける若者の力強さを歌ったこの「若者たち」は、シンプルなメロディと歌詞で誰の心にもストレートに突き刺さる名曲中の名曲です。

森山直太朗の透き通った歌声によって、その魅力は再び花開きました。今までも、そしてこれからも多くの子供たちによって卒業ソングとして歌い継がれていくに違いありません。

森山直太朗の人気卒業ソングTOP2:「虹」

森山直太朗の卒業ソングの定番「虹」は、平成18年度NHK全国学校音楽コンクール中学校の部課題曲として提供された楽曲です。「僕らの出会いを誰かが別れと呼んだ」「僕らの別れを誰かが出会いと呼んだ」と、まさに卒業に際しての不安と希望に満ちた気持ちが歌われています。

森山直太朗も、「この曲を合唱した仲間たちが10年後、20年後に昔を振り返るきっかけになれば嬉しい」と語っています。

森山直太朗の人気卒業ソングTOP1:「さくら(独唱)」

最後にご紹介するのは、やはりこの曲。2枚目のシングルとして大ヒットし、森山直太朗ブレイクのきっかけとなった名曲「さくら(独唱)」です。舞い落ちる桜の花びらの中、「さらば友よ旅立ちの刻」と、友の輝ける未来を願い再会を誓った容は、多くの人の心を打ちました。

今や、卒業ソングの定番中の定番として、卒業シーズンには耳にしない日がないほどになっています。

森山直太朗の他のオススメ記事

卒業シーズンがくると思いだす森山直太朗の名曲たち

「さくら(独唱)」「虹」という、2つの人気定番卒業ソングを世に送り出した森山直太朗ですが、他にご紹介した楽曲も卒業式にピッタリだと思います。これから寒き時期になりますが、冬が過ぎたら卒業シーズンはもう目の前です。森山直太朗の名曲を聴いて、色々な思い出や未来への希望に想いを馳せてみませんか?チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。