MONKEY MAJIKのPV、ライブ動画をYouTubeので確認!

カナダ人の兄弟がツイン・ボーカルとツイン・ギターをつとめ、日本人2人がリズムセクションを担う変則的グローバルハイブリッドバンドのMONKEY MAJIK(モンキーマジック)

宮城県は仙台のストリートを中心に活動し、今もなお全員仙台在住のカナダ出身者と日本人の混合バンド。

そんな彼らの魅力を確かめるのにうってつけなナンバーをここでは5曲ピックアップしてみます!

MONKEY MAJIKの魅力を眼と耳で楽しもう!●第5位「Together」

第5位「Together」

たとえば立て板に水のようにしゃべくりを武器とする営業マンよりも、口下手で言葉少ないぼくとつな営業マンのほうが信用されやすく、また売上も高い…。v

ついついそんなことを連想してしまうのがこれ。

で始まるストレートな歌詞でズドンとくる歌い出し、でもどことなくイントネーションがあやしい…。なのになぜか真心が伝わってくるこのミディアムバラードナンバー。テーマは友情。とても日本的に聞こえてしまうのが不思議。

MONKEY MAJIKの魅力を眼と耳で楽しもう!●第4位「fly」

第4位「fly」

英語バリバリの歌詞で展開して、普通の洋楽ポップロックかと思っていたら途中でさくさくっと日本語が混じってきてどきりとさせられる、MONKEY MAJIKがその存在感を日本の音楽シーンに衝撃を与えたナンバーがこれ。

PVを見てると見た目も外人、だけど時折鋭いセンスの良い日本語が挟まって、何ともかっこいいという不思議な印象で大いにコアな音楽ファンに話題になりました。

MONKEY MAJIKの魅力を眼と耳で楽しもう!●第3位「空はまるで」

第3位「空はまるで」

この曲もまたポップスといえばメジャーリーガーの豪速球並みのストレートなポップスで聞きやすさ満点のナンバーとして多くの人に愛されている名曲。

だけどメンバーの強い意向で同名アルバム「空はまるで」に収録されたものの、とうとうシングル化はされなかったいわくつきの作品。

日本人だったらこっ恥ずかしくなってしまうようなストレートな歌詞で、ラジオや有線でも大人気を博しました。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。