インディーズの注目バンド!ミツメのメンバープロフィール&結成秘話紹介

インディーズ・シーンを騒がせている4人組バンド・ミツメ。自由な音楽を作り出し、圧倒的支持を受けているバンドです。そう聞くと、どんなバンドなの?メンバーのプロフィールは?結成秘話は?などなどメンバーやバンドにまつわる情報が気になりますよね!今回は、彼らのメンバープロフィールや結成秘話など魅力満載の情報をご紹介します。ミツメファンの方はもちろん、気になっているという方も是非ご覧になって下さいね!

インディーズ・シーンの最注目バンド・ミツメ

2009年に結成され、今では「東京三銃士」として注目されているバンド・ミツメ。
1つのジャンルに留まることなく、様々な音楽要素を取り入れた自由な楽曲制作に定評のあるバンドです。
ボーカル・川辺素さんの透明感のある歌声と、昭和ポップの要素を感じさせるメロディーが重なった楽曲は、どの曲もどこか懐かしく癒される音楽としてファンを増やし続けています。
今回はインディーズ・シーンの中心的な存在として活動するバンド・ミツメのメンバープロフィールやバンド結成秘話など、ミツメの魅力満載の情報をご紹介していきます!
ミツメというバンドのメンバー一覧や経歴などの情報を知りたい方は、是非ご覧になって下さいね!

ミツメのおすすめ曲は関連記事でチェック!

ミツメのメンバープロフィール・経歴をご紹介!

引き

A post shared by 川辺素 (@kawabemoto) on

結成秘話のご紹介の前に、まずはミツメの楽曲を作り出しているバンドメンバー一覧をご紹介していきます!

川辺素(かわべ もと)

1987年生まれ。
ボーカル、ギター、作詞担当。

バンドのメインソングライターである川辺素さん。
歌詞を作る際は、描写に徹することもあれば身の回りに起きたことを表現していることもあるそうです。
本好きの両親のもとで育ち、自身も本が好きだと公表しています。

大竹雅生(おおたけ まお)

1987年生まれ。
ギター、シンセサイザー、コーラス担当。

ミツメのバンドマスター的存在の大竹雅生さん。
曲を書くようになったのは高校時代に組んでいたバンドからだと公表しています。
一時は宅録やアナログ・シンセへの興味からバンドを抜けることを考えていた時期もありましたが、ミツメの柔軟な活動方針のおかげで脱退を免れました。
2011年に結成されたバンドmoscow clubのギタリストとしても活躍されています。

ナカヤーン

1989年生まれ。
ベース、コーラス担当。

2012年4月2日にはソロアルバム「EASE」をリリースしています。
ミツメのバンドメンバーの中で唯一年下のメンバーで、インタビューなどでは積極的に話題に乗るなど人懐こい一面も持ち合わせています。

須田洋次郎(すだ ようじろう)

1987年生まれ。
ドラム、サンプリングパッド担当。

体育会系の環境で育ったという須田洋次郎さんですが、ミツメのサポートとして活躍している「PunPunCircle」のアコースティック・リリースパーティーでは自らスコーンを焼くなど家庭的な一面も持っています。

(参考・ミツメ – A Long Day)

ミツメのバンド結成秘話

メンバープロフィールのご紹介を終えたところで、ミツメというバンドの経歴に迫っていきましょう!

バンド結成秘話

バンドとしての活動に憧れ、「大学に進学したらオリジナルのバンドを組もう」と心に決めながら高校時代までを奈良で過ごしていたというボーカル・川辺素さん。
この頃から自宅でホームレコーディングを続けるなど自身の音楽活動を始めていたそうです。
大学進学と同時に上京した川辺素さんは、2007年より念願だったバンド活動をスタートさせ、ドラムの須田洋次郎さん、別のバンドで活動していたギター・大竹雅生さんと出会います。
この時、川辺素さんと大竹雅生さんは見事に意気投合し、お互いのデモ音源を交換するまでの仲までになりました。

その後、川辺素さんと須田洋次郎さんが所属するバンドが活動休止となったことを機に、デモ音源を交換し合っていた川辺素さんと大竹雅生さんが新しいバンドの立ち上げを決意。
川辺素さんと共に活動していた須田洋次郎さんと、ベース・ナカヤーンさんを迎え入れ、2009年にバンド・ミツメが結成されました。
2010年頃からライブ活動も開始し、今では東京のインディーズシーンの最注目される存在として「東京三銃士」と呼ばれるまでの実力を身につけています。

(参考・特集:ミツメ インタビュー)

東京インディー三銃士とは?

A post shared by 川辺素 (@kawabemoto) on

東京インディー三銃士とは、自分たちの音楽を貫いている姿勢が高く評価され、インディーズシーンの最注目バンドとして活躍する「ミツメ」「スカート」「トリプルファイヤー」の3組のバンドの総称です。
直近では2017年5月2日に、2年ぶりのイベントとなる「第6回 月光密造の夜」が東京キネマ倶楽部にて行われました。

「東京インディー三銃士」のおすすめ曲を関連記事でチェック!

ミツメのここが凄い!


(出典:PAKUTASO)

プロフィール、結成秘話に加えて、ミツメというバンドのおすすめポイントをご紹介します!

ミツメの音楽は全てがセルフプロデュース!

ミツメはこれだけの注目度を集めているにも関わらず、自主レーベルを持ち楽曲制作やライブ、グッズ制作など全ての音楽活動を自分たちの力で行っています。
その理由は、活動していくうえで自分たちが満足できる方法を最優先したいからなんだとか。
この気持ちと努力があるからこそ、ミツメは自由な音楽を制作し続けることが出来るのでしょう。
元々ホームレコーディングを行っているバンドとしても有名でしたが、機材が置ききれなくなったため、最近では「倉庫」と呼ばれている場所を借りてその場所でレコーディングなどの作業を行っています。
楽曲制作へのこだわりを感じさせるエピソードですね!

様々なバンドとの交友関係も

A post shared by 川辺素 (@kawabemoto) on

東京三銃士として知られるスカート、トリプルファイヤーとの交友関係はもちろんのこと、シャムキャッツやOGRE YOU ASSHOLE、銀杏BOYZなど、インディーズ・シーンを騒がせている重鎮バンドと交流があることでも知られているミツメ。
頻繁に対バンが行われていますので、気になった方は是非ライブに足を運んでみてはいかがでしょうか?

気になる音楽情報が満載!関連記事はこちら♪

今後の活動が注目されているバンド・ミツメ

#alongday #mitsume

A post shared by 川辺素 (@kawabemoto) on

ミツメのメンバープロフィール、結成秘話などメンバー一覧やバンドの経歴にまつわる情報をお伝えしました!
個性あふれる彼らの作り出す楽曲は、音楽への愛情とこだわりがひしひしと伝わってくる曲ばかりです。
ミツメというバンドに興味を持った方は、是非一度彼らの音楽を聴いてみて下さいね。
インディーズ・シーンでの活動が注目されているバンド・ミツメ。
今後の彼らの活動から目が離せません!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。