METROCK 2017(メトロック)開催直前!会場に向かう前に、アクセスや駐車場についてのチェックも忘れずに♪

METROCK 2017(メトロック)の開催まで、残すところあと数日となりました! 毎年大人気のMETROCK 2017(メトロック)参戦する方は、間近に迫った当日を楽しみにしている事と思います。今回は会場までのアクセス方法や駐車場の利用についてなど、METROCK 2017(メトロック)の情報をギュッとまとめました。METROCK 2017(メトロック)当日を迎える前に、会場やアクセス、駐車場についてしっかり確認しておきましょう!

METROCK 2017(メトロック)の開催が近づいてきました!

今年もMETROCK 2017(メトロック)の開催が間近に迫ってきました!

2013年にスタートして以来、大盛況のMETROCK 2017(メトロック)。

この熱いフェスには、今年も参加を予定している方は勿論、今年こそ参加する予定だという方は多いのではないでしょうか。

今回は、METROCK2017(メトロック)の概要や会場までのアクセス、駐車場の情報などをまとめてお伝えします。

当日予想される混雑に備えて、初参戦という方もそうでない方も是非参考にして下さいね。

METROCK 2017(メトロック)とは?

METROCK 2017(メトロック)の正式名称は、METROPOLITAN ROCK FESTIVAL(メトロポリタンロックフェスティバル)。
毎年豪華なアーティストが集い、2013年のスタート以降大人気のロックフェスです。

開催会場は大阪府堺市にある「海とのふれあい広場」、東京都江東区にある「若洲公園」の2か所。
各会場とも開催期間は2日間。開催日は大阪会場が5月13日~14日、東京会場が5月20日~21日となっています。

大阪会場は2016年にスタートし、昨年の会場には2日間で4万人ものオーディエンスが来場!

東京開場での開催も同じく大人気で、今回5回目となるアニバーサリーイヤーを迎えます。

春フェスの中で参加しておきたいおすすめのフェスの1つですね。

METROCK 2017(メトロック)の情報がぎっしり!関連記事もどうぞ

METROCK 2017(メトロック)大阪会場まとめ

大阪公演の会場「海とのふれあい広場」は、広い芝生広場が特徴。

海に面している会場で、晴天時には明石海峡大橋が見えるほどの絶景を眺めることもできます。

ステージ近くでがっつりライブを楽しむも良し、疲れた時はステージから離れて芝生の上に座りながら楽しむのも良しの会場です。

ステージの雰囲気

昨年までの各ステージの景色を、インターネット上の皆さんの声からお伝えします!

  • GREEN HILL

  • BAY FIELD

  • NEW BEAT SQUARE

METROCK 2017(メトロック)大阪会場の概要

METROCK 2017(メトロック)大阪会場の概要です。

開場時間や会場までの行き方をチェックしておきましょう!

タイトル

OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017(大阪メトロポリタンロック2017)

開催日
5月13日(土)・14日(日)

会場
大阪府 堺市「海とのふれあい広場」

開場時間

開場9:00~終演予定 11:00
チケット

  • 1日券 ¥10,000
  • 2日通し券 ¥19,000

大阪会場へのアクセス

南海電気鉄道南海本線「堺駅」下車

堺駅付近より無料シャトルバスを利用

駐車場

METROCK 2017(メトロック)大阪会場・周辺に専用駐車場はありません。公共交通機関での行き方をしっかり押さえておきましょう。

METROCK 2017(メトロック)東京会場まとめ

東京公演の会場「若洲公園」は、東京ディズニーリゾートや東京ゲートブリッジが望めるビュースポット。

東京ゲートブリッジは日没から午前0時まで毎日ライトアップされており、夜景がとても綺麗な会場です。

疲れた時には木陰で休むこともできます。

ステージの雰囲気

昨年までの各ステージの雰囲気を、インターネット上の皆さんの声からお伝えします!

  • SEA SIDE PARK

シーサイドの夕景 #metrock #highway #bluesky #blue #sunset #event #seaside

A post shared by Ayumu Maeda (@ckb1969) on

  • WINDMILL FIELD

メインステージとなるWINDMILL FIELD。ステージの後ろの大きな風車が特徴!

普段は公園として利用されている場所なので、後方にはお子様向けの遊具があります。

  • NEW BEAT SQUARE

METROCK 2017(メトロック)東京会場の概要

METROCK 2017(メトロック)東京会場の概要です。東京会場は3つの路線から会場にアクセスできます。

開場時間や会場までの行き方と合わせてチェックしておきましょう!

タイトル

TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2017

開催日
2017年5月20日(土)・21日(日)

会場
新木場・若洲公園

開場時間
開場9:30 ~終演予定 23:30

チケット

  • 1日券 ¥10,000
  • 2日通し券¥19,000

東京会場へのアクセス

  • 京葉線・メトロ有楽町線・臨海副都心線「新木場駅」下車後、
    新木場駅付近(STUDIO COAST付近)〜若洲公園間で無料シャトルバスが運行します。
    METROCK 2017(メトロック)のチケット及びリストバンドが必要です。
  • 都バス木11系統 若洲キャンプ場行き終点「若洲キャンプ場前」下車。約15分
  • 新木場駅からタクシーで約10分
  • 新木場駅から徒歩で約45分

駐車場

大阪会場同様、METROCK 2017(メトロック)東京会場・周辺に専用駐車場等はありません。

車での来場を考えている方は注意!会場には駐車場がありません

出典:AC
METROCK 2017(メトロック)の開催会場では、大阪会場・東京会場共に専用駐車場がありません。
付近にも一般駐車場や送迎目的の車が一時停車できる場所はありませんので、車でのアクセスは避け当日は公共交通機関を利用しましょう。

大阪会場・東京会場共に、会場までのアクセスに便利な無料シャトルバスが出ています。概要をまとめましたので、参考にしてくださいね。
またシャトルバスを利用する際は、METROCK 2017(メトロック)のチケットおよびリストバンドが必要になりますので準備を忘れずに。

当日は各交通機関や最寄り駅周辺が大変混雑することがが予想されますので、時間に余裕を持って向かいましょう。

時間帯によってはシャトルバスに乗車するまでに1時間以上待つ場合もあります。
日焼け対策や水分補給も忘れずにしていきたいですね。

シャトルバス概要

大阪会場は公式ホームページにてツアーバスが企画されています。

大阪公演ツアーバス情報
大阪4箇所(梅田、新大阪、難波、天王寺)、京都駅、三宮駅、岡山駅
計7箇所からお得にアクセスできるMETROCK会場直結の往復ツアーバスを企画しました!

出典:METROCK 2017公式ホームページ

東京会場行きのシャトルバスの運行予定時間はこちら

往路:新木場駅 ~会場 行き(最終出発18:30)
復路:会場~新木場駅 (最終出発22:00)

  • 7:30~8:30
  • 8:30~11:30
  • 11:30~12:30
  • 12:30~19:00
  • 19:00~22:30

引用元:METROCK 2017公式ホームページ

METROCK 2017(メトロック)を楽しもう!

出典:AC

METROCK 2017(メトロック)の概要、会場へのアクセス、駐車場の情報などをまとめました。

METROCK 2017(メトロック)開催まで残りの日数もあとわずか。

混雑時も慌てないように、会場までの行き方をしっかり把握して当日を楽しみましょう♪

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。