メトロック2015新木場・若洲公園やアクセスなどを解説!

2013年から開催され今回で3回目を迎えるロックフェスティバル「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015」(トウキョウ・メトロポリタン・ロック・フェスティバル 2015)」は「メトロック2015」と親しみを込めた愛称で呼ばれロックファンから絶大な支持を得ています。

今年は2015/5/23(土)と2015/5/24 (日)の2daysで開催される予定です。2日間で30組以上のアーティストが出演するそうで、今からもう楽しみですよね!

早くも第1弾アーティストラインナップが発表され「キュウソネコカミ」や「グッドモーニングアメリカ」の他、世界に活躍の場を広げつつある「Perfume」も出演予定など今年も豪華アーティストが出揃いそうです!まだまだ出演アーティストが追加されそうなので目が離せませんね!

そこで今回は参戦前にチェックしておきたい、「メトロック2015」が開催される新木場・若洲公園とアクセスについてご紹介させていただきたいと思います。

メトロック2015の開催会場「新木場・若洲公園」とエリア

江東区立若洲公園は海を埋め立てて出来た海上公園で海に接している為、メトロック2015が開催される5月後半頃は晴れていれば青空と強い海風で大きな開放感が得られる会場です。

メトロック2015はロックフェスなので1ステージだけでライブが行われるのではなく、数ステージを使いライブが行われます。各アーティストの出演時間&ステージはタイムテーブルがありますので、そちらを確認し希望のライブがあるステージに観客それぞれが移動する形です。

例年のメトロックのステージは「WINDMILL FIELD」「SEASIDE PARK」そして「NEW BEAT SQUARE」の3ステージで構成されていますので、今回も同じ構成になることが予想されます。

フェス当日の会場は多くの観客で溢れかえるので事前にタイムテーブルとエリアそして移動について、あらかじめある程度決めておく事が大切ですね。

「新木場・若洲公園」へのアクセスについて

会場までのアクセスについてですが、電車で来られる場合の最寄り駅はJR京葉線・東京メトロ有楽町線・りんかい線の「新木場駅」です。しかし新木場駅から若洲公園まで徒歩1時間前後と結構離れています。そこで当日は無料のオフィシャルバスが運行しますので、こちらに乗って行かれるのが良いと思います。

ちなみにオフィシャルバスは新木場駅から南に少しあるいたSTUDIO COAST付近に乗り口があります。新木場駅→会場までが午前8:00から午後19:00まで、会場から新木場駅まで午前8:00から午後23:30までの運行予定になっています。オフィシャルバス以外に都バスを使う方法もあります。その場合新木場駅前から都バス木11系統・若洲キャンプ場行きに乗車して、終点である「若洲キャンプ場前」で下車してください。

混雑を避けたいと思う場合タクシーを使うという方法もありますが同じ様な考えの方は結構多く、当日はこちらもかなり並ぶことが予想されます。タクシーに乗車した場合所要時間は15分前後で、料金は1,500円ほどになってくると思います。

車でアクセスする場合は新木場インターチェンジで高速を降りて下さい。千葉方面から来られた場合は降りてすぐの迂回路を千葉方面にUターンし、その他の地域から場合は道路標識に従って東京ヘリポート方面に向かってくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。