心に刻め!松山千春が語った若者へのメッセージとは?

松山千春の発言って話題になりますよね。一言一言に重みがあるというか、何かコメントをするとなんとなく耳を傾けてしまいます。やはり曲を紡ぐ人だからこそ、その言葉の意味などに深みが出るからなのでしょうか?

そんな松山千春が若者へと語ったメッセージが話題となっています。若者たち!ちょっと立ち止まって、言葉に重みのある人のメッセージに耳を傾けてみませんか?すべてをそのまま受け入れる必要はありません。ちょっと立ち止まって考える、そんなきっかけになるような発言、気になるコメントがあるはずです。いくつかご紹介してみます!心に響くメッセージはありますか?

松山千春のメッセージが若者間で話題に(その1)

松山千春 1
(出典 : Girl’s Channnel)

そうなんです。こういうことって聞く人によっていろいろ感じ方はあるというのが正しいんです。最初にお伝えしたように、すべてをそのまま受け入れなくていいんです。こういう言葉に耳をかたむけ、立ち止まり、自分で考えること、そういうきっかけになることが重要なんですよ。

こういう意見を聞くと、内容にかかわらず噛みついてくる習性のある人もいますよね。それはそれでいいのですが、噛みつくだけでは、何も生まれません。噛みついたら、噛み砕いて飲み込んで、自分の形に変えて吐き出してみませんか?

さて。見返りを求めすぎということに対して、みなさんはどう考えましたか?

松山千春のメッセージが若者間で話題に(その2)

大御所の言葉に、言葉の達人のメッセージで切り返すという粋な表現をする人もいます。これも自分の意見をきちんと主張していますよね。そうは言うけど、しょうがないよ。と。こういう言い方をすれば、会話が成り立ち、いろいろな意見交換ができるわけです。

若者と、年配の方とのコミュニケーションで、いろいろなことをお互いに吸収するきかっけとなるとイイですね。若者でなくても人は見返りを求めてしまいがちだと思います。損得で物事を測るわけではないけれど、こうしたらこうあってほしいなというくらいの小さな見返り、小さな期待は持ってイイのでは?と個人的には思います。いかがでしょうか?

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。