松山千春の名曲「長い夜」の歌詞に隠された意味とは?

1975年にフォークシンガーとしてデビューした、松山千春さん。高い歌唱力とシンガーソングライターとしての才能が評価されており、現在も広い世代に支持されています。今回は、松山千春さんが1981年に発売した「長い夜」についてご紹介!当時ロックな曲調でファンを驚かせた曲ですが、その後大ヒットを収めた曲として知られる名曲の歌詞の意味やカラオケでの歌唱法の秘訣を、動画とともに解説していきます。男性目線のラブソング「長い夜」には、どんな意味が隠されているのでしょうか?

松山千春の名曲「長い夜」に込められた想いに迫る

北海道出身の男性歌手で、ハイトーンボイスの歌声でも知られる、松山千春さん。1977年にデビューして以来、多くの名曲をリリースしており、作詞作曲も手掛けるシンガーソングライターです。

松山千春さんの数々の名曲の中でも、今回は1981年4月21日に発売された「長い夜」に注目!「長い夜」の歌詞の意味などを考察しながら、カラオケで歌い上げるポイントや歌唱動画などをまとめてご紹介します。

松山千春「長い夜」の歌詞の意味とは?

松山千春さんのヒット曲の1つとしても知られる、1981年リリースの「長い夜」。フォークシンガーとしてデビューした松山千春さんにとっては異色ともいえる曲調でしたが、スタッフも予想外のヒットに恵まれた曲でもあります。

まず、ここでは松山千春さんの「長い夜」について、歌詞の意味などを考察していきましょう。

1人の男性の恋心を歌った1曲

松山千春さんの曲の中には、恋愛をモチーフにした曲が多く登場しますが、「長い夜」もそのひとつ。歌詞の内容を見ても、1人の女性に対する熱い思いが込められた、片想いを意味していることが分かります。

サビに隠された意味は?

松山千春さんの「長い夜」のサビで歌われている「飛び越えてみたい」という歌詞。それまで積極的に女性を誘う歌詞が直接的に描かれていましたが、ここで抽象的な意味合いを持つ歌詞になっていきます。

その後の歌詞に続くフレーズから「女性との恋の成就を願う」か、また「2人の距離を近づけたい」と思う男性の想いが受け取れます。強い男性の愛情が表現された歌詞であることに間違いはないでしょう!

松山千春「長い夜」をカラオケで歌うポイントは?

松山千春さんの歌手人生で最初のターニングポイントともなった「長い夜」。まずは、歌詞に込められた意味合いについてご紹介しました。

続いて紹介するのは、松山千春さんの「長い夜」をカラオケで歌う際のポイントです!独特な歌唱スタイルや声質からモノマネをする方も多い松山千春さんのカラオケソングですが、どこに注目して歌うと良いのでしょうか?

短めにフレーズを歌う!

「長い夜」のサビまでのフレーズですが、松山千春さんはフレーズを区切りながら歌っているのも特徴的です。全体を伸ばしすぎるとバラードソングっぽくなってしまうので、伸ばす際は1小節の最後の部分だけにしましょう!

サビは気持ちよく伸ばす!

松山千春さんの「長い夜」をカラオケで歌う際、サビのフレーズは気持ちよく歌い切りたいですよね!サビまでのフレーズを短く歌った分、サビはじまりの「長い」をさわやかに伸ばして歌ってみましょう。

最後のフレーズは優しく!

松山千春さんにとって、最初のロック調の曲となった「長い夜」。情熱的なラブソングですが、最後のフレーズは優しく歌い上げましょう。

アレンジバージョンとして「2人」の歌詞を少しだけ間を置いて歌うと、松山千春さんらしくなるかもしれません!

松山千春「長い夜」の動画を見てみよう!

松山千春さんの名曲「長い夜」。歌詞の意味を考察したり、カラオケでの歌い方の解説をしたりしましたが、最後に紹介するのは本人の歌唱動画です!

「長い夜」ライブ映像

音楽番組『ザ・ベストテン』で「長い夜」を披露していた際の動画です。当時アイドル的な人気を誇っていた松山千春さんの姿も見どころですね。

「長い夜」レコード音源

松山千春さんのレコードとプレイヤーを所持している方による、「長い夜」のレコード音源を収録した動画。現在ではデジタル化が進んでいますが、レコードならではの歌声も心に響きます!

歌詞の意味も考察して、松山千春「長い夜」を聞いてみよう!

(出典:Photo ACより)

女性の目線で書く歌詞の表現力でも人気を集める、歌手の松山千春さん。今回は1981年発売のヒット曲「長い夜」について、歌詞に込められた意味やカラオケでの歌い方、歌唱動画を交えてお送りしました。

男性目線の歌詞が特徴的な「長い夜」ですが、直接的な表現と抽象的な表現が合わさり、自分なりに意味を考えながら聞くこともできる曲となっています。ぜひ松山千春さんの「長い夜」を聞いたり歌ったりする際には、歌詞の意味なども考えながらお楽しみくださいね。

松山千春のおすすめ記事はコチラ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。