【心に沁みる】松山千春の人気おすすめ曲ランキングTOP10

デビュー40周年を越えてなお、圧倒的な歌唱力と豊かな表現力でファンを魅了する松山千春。松山千春自身は「ヒット曲がない」と自虐的に発言をしていますが、世代を超えて愛される名曲がたくさんあります。そんな松山千春の人気おすすめ曲ランキングTOP10を発売日や感想、まとめなどを交えてランキング形式で紹介していきます。松山千春の人気おすすめ曲ランキングTOP10をチェックして、是非松山千春のライブに足を運んでみてください。

松山千春の人気おすすめ曲ランキングTOP10を紹介!

2016年にデビュー40周年を迎え、60歳を越えてなお、圧倒的な歌唱力と豊かな表現力で魅了する松山千春

2017年8月20日にANAの新千歳空港発、大阪伊丹空港行の1時間以上の遅延が起きた中で、偶然機内に居合わせた松山千春が行った「神対応」も話題となり、再注目を集めています。

日本を代表するフォークシンガーとして一時代を築いたにもかかわらずメディア露出が極端に少なく、故郷・北海道をこよなく愛し、マイペースな活動を貫いています。

時には歯に衣着せぬ発言や強烈なキャラクターもピックアップされていますが、優しさと人間味溢れる松山千春と言う人間、そして歌声や歌詞に世代を超えてファンに愛され続けています。

本人自身は「ヒット曲がない」と自虐的に発言しますが、40年以上のキャリアから数多くの名曲が生み出されています。

ということで今回は、松山千春の人気おすすめ曲TOP10を発売日や感想、まとめなどを交えてランキング形式で紹介していきます。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第10位 「純―愛する者たちへ―」

【発売日】

1991年10月21日

【感想】

時にその歯に衣着せぬ発言や、強烈なキャラクターにフォーカスが当てられる松山千春。

しかし裏を返せば「純粋な心」を忘れていないということです。

そんな純粋でストレート、人間味あふれる松山千春を感じることができる名曲です。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第9位 「窓」

【発売日】

1979年3月21日

【感想】

2003年に中森明菜がカバーしたことにより再注目を集めた楽曲です。

この曲は1966年に静岡県旧清水市で起きた「袴田事件」で、死刑囚となりながらも無罪を訴え続けた袴田巌さんの事を歌っています。

メッセージ性が強く、松山千春らしい信念を感じることができる名曲です。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第8位 「夜明け」

【発売日】

1979年8月21日

【感想】

NHK銀河テレビ小説「家族日記」、「海をわたって」の主題歌に起用された楽曲です。

圧倒的な歌唱力と、聴けば情景が浮かぶ表現力を感じることができます。

この曲で松山千春の魅力に取りつかれたというファンも多いのではないでしょうか?

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第7位 「銀の雨」

【発売日】

1977年6月25日

【感想】

ファーストアルバム「君のために作った歌」と同時リリースされた、セカンドシングル「かざぐるま」のカップリング曲としてリリースした楽曲です。

隠れた名曲、そして初期の松山千春の名曲としてファンに愛されてきた曲ですが、1986年発売のベストアルバム「旅立ち」再録され、更には松山千春自身が選曲したベストアルバム「風景」にも収録されました。

現在では松山千春を代表する名曲として語り続けられ、この曲を聴かずして松山千春は語れません。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第6位 「君を忘れない」

【発売日】

1996年4月20日

【感想】

フジテレビ系ドラマ「みにくいアヒルの子」、そしてリリースから10年以上たった2007年にはアサヒ緑健「緑効青汁」のCMソングに起用されたことでも再注目を浴びました。

前向きでありながら優しさに満ちた歌詞が心に沁み、松山千春という人間の味を味わうことができます。

松山千春にのファン以外からも知名度が高く、名バラードとして語られる名曲です。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第5位 「旅立ち」

【発売日】

1977年1月25日

【感想】

松山千春の記念すべきデビュー曲であり、この曲で松山千春が恩師として慕う故・竹田健二プロデューサーとの出会いの曲でもあります。

これまで大切に歌い続け、1986年発売のベストアルバムのタイトルになったりと松山千春にとっても特別な楽曲です。

オリジナルバージョンの他に、1986年発売のベストアルバム「旅立ち」では再録バージョンが収録されており、松山千春の軌跡を辿ることもできる名曲です。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第4位 「長い夜」

【発売日】

1981年4月21日

【感想】

オリコンシングルチャート1位を獲得し、1981年の年間シングル売り上げも第5位を記録した松山千春の最大のヒット曲です。

フォークソングのイメージが強い松山千春がロック調の楽曲に挑戦した曲でもあり、シングルリリースにはスタッフなどから反対されたという逸話が残っています。

しかしスタッフの反対を押し切る形でシングルとしてリリースすると大ヒットとなり、松山千春を代表する曲ともなりました。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第3位 「季節の中で」

【発売日】

1978年8月21日

【感想】

松山千春にとって初のオリコンシングルチャート1位を獲得した曲です。

現在は夫婦の山口百恵、三浦友和が共演したグリコアーモンドチョコレートのCMソングに起用されたことで、松山千春の知名度も大きく上げることとなったきっかけの曲でもあります。

当時から松山千春はメディア露出が極端に少なく、特に音楽番組への出演は皆無に等しい状態でしたが、ファンや周りの要望に応える形で、当時の人気音楽番組「ザ・ベストテン」にこの曲で出演を果たしています。

当時からのファンにとっても思い出深い名曲です。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第2位 「恋」

【発売日】

1980年1月21日

【感想】

松山千春にとって8枚目のシングルであり、元モーニング娘。の中澤裕子や吉幾三、中森明菜や坂本冬美などの世代を超えた多くのアーティストにもカバーされる名曲です。

若き日の松山千春の歌声と、心に沁みるメロディーと歌詞を存分に堪能することができます。

現在も「恋」について歌われている曲は多いですが、松山千春の歌う「恋」には心奪われます。

松山千春の人気おすすめ曲TOP10 第1位 「空と大地の中で」

【発売日】

1977年6月25日

【感想】

松山千春の記念すべきファーストアルバムに収録された、松山千春の原点と言っても過言ではない名曲です。

2017年8月20日にANAの新千歳空港発、大阪伊丹空港行の1時間以上の遅延が起きた中で、偶然機内に居合わせた松山千春が行った「神対応」の際に歌われた曲でもあります。

発売から40年が経った今でも松山千春が大事に歌い続け、松山千春の大事にしている故郷・北海道の景色が浮かぶファンや松山千春自身にとっても特別な曲です。

まとめ

(出典:PAKUTASOより)

今回はデビュー40周年を越えてなお、圧倒的な歌唱力と豊かな表現力でファンを魅了する松山千春の人気おすすめ曲TOP10を発売日や感想、まとめなどを交えてランキング形式で紹介していきました

生まれ故郷である北海道をこよなく愛し、60歳を越えた今も北海道を拠点に精力的な活動を続けています。

松山千春自身も「歌唱力で負ける気はしない」と発言している通りの日本トップクラスの歌唱力、そして優しく包み込むような歌声は現在も健在です。

松山千春の真摯に音楽に向き合う姿勢、そしてデビューから40周年という長いキャリアから多くの名曲を産み出してきました。

そんな松山千春の心に沁みる名曲を聴いて、ライブに足を運んでみてください。

松山千春に関する記事はこちら!

心に響く別れの曲!松山千春さん2年ぶりの新曲「空」とは

心に刻め!松山千春が語った若者へのメッセージとは?

大御所松山千春が語ったサザン桑田との秘話に注目!

松山千春のおすすめファンブログ4選!レポやセトリも満載!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。