B’z(ビーズ)の松本孝弘が2017年に送るライブツアーElectric Island Acoustic Seaの全会場のまとめ【座席表と日程】

B’z(ビーズ)の松本孝弘と言えば説明不要の世界を代表するギタリスト。そんなB’z(ビーズ)の松本孝弘が2017年にライブツアーElectric Island Acoustic Seaが公演決定。今回はElectric Island Acoustic Seaの全会場の座席表、日程をまとめました。

【B’z(ビーズ)の松本孝弘が2017年にライブツアー「Electric Island Acoustic Sea」を公演!】

世界中から非常に高い評価を受けている日本を代表するギタリストB’z(ビーズ)の松本孝弘さん。

その松本孝弘さんが2017年にライブツアー「Electric Island Acoustic Sea」を公演します!今回はそんなギタリストである松本孝弘さんのライブを楽しむ上で重要な要素である情報をまとめてみました。

それはElectric Island Acoustic Seaの全会場の座席表から見る良席、見え方、アクセス、最寄駅、駐車場の情報をまとめましたので行く予定のある方はチェックしてみてください。

【B’z(ビーズ)の松本孝弘が公演する2017年ライブ Electric Island Acoustic Seaの日程と会場をおさらい】

会場「BLUE NOTE TOKYO」の日程

  • 2月25日(土) 1回目:16時に開場、17時に開始 2回目:19時に開場、20時に開始
  • 2月26日(日) 1回目:16時に開場、17時に開始 2回目:19時に開場、20時に開始
  • 3月10日(金) 1回目:17時に開場、18時30分に開始 2回目:20時30分に開場、21時30分に開始
  • 3月11日(土) 1回目:16時に開場、17時に開始 2回目:19時に開場、20時に開始
  • 3月12日(日) 1回目:16時に開場、17時に開始 2回目:19時に開場、20時に開始

会場「NAGOYA Blue Note」の日程

  • 2月28日(火) 1回目:17時に開場、18時30分に開始 2回目:20時30分に開場、21時30分に開始
  • 3月1日(水) 1回目:17時に開場、18時30分に開始 2回目:20時30分に開場、21時30分に開始
  • 3月2日(木) 1回目:17時に開場、18時30分に開始 2回目:20時30分に開場、21時30分に開始

会場「Billboard Live OSAKA」の日程

  • 3月4日(土) 1回目:16時に開場、17時に開始 2回目:19時に開場、20時に開始
  • 3月5日(日) 1回目:16時に開場、17時に開始 2回目:19時に開場、20時に開始
  • 3月6日(月)1回目:17時30分に開場、18時30分に開始 2回目:20時30分に開場、21時30分に開始

会場「Blue Note HAWAII」の日程

  • 3月19日(日) 1回目:17時に開場、18時半に開始 2回目:20時半に開場、21時に開始

【B’z(ビーズ)の松本孝弘が公演する2017年ライブ Electric Island Acoustic Seaの会場BLUE NOTE TOKYOの座席表】

BLUE NOTE TOKYOと言えば1988年11月にオープンしたジャズクラブとして有名です。出演者も本当に日本を代表するアーティストが参加されていることからもレベルの高さを実感することが出来ます。

そして内装も非常にシックでありながら至る所にサービス精神を感じる心配りなど堪能できます。そんなBLUE NOTE TOKYOの良席と見え方をエリア別に分けました。

BLUE NOTE TOKYOの良席は?見え方は?

ボックスシートの場合

BLUE NOTE TOKYOのボックスシートの良席はA1~A5のボックスシートセンター、ペアが間違いなく良席です。その理由はまずBLUE NOTE TOKYOはどの席に座ってもステージに近いため臨場感を味わうことが可能です。その中でもボックスシートセンター、ペアはイスではなくゆったり座れるソファ形式なのでストレスなくライブを楽しむことが可能です。

見え方としてもA2、A3、A4のボックスシートセンターはステージの真ん中から見渡せます。カウンターに近いのもとても良いです。

実際にボックスシートで見た人の声でも疲れずに楽しめたとコメントしていますね。しかも赤ちゃんもノリノリだったとのことなので臨場感は抜群だったみたいですね。

自由席の場合

自由席はステージ正面とステージ端のペアシートの後ろの両面になります。こちらの良席は間違いなく10~15の自由席正面です。その理由はボックスシートよりも近い位置でステージを見ることが出来ることです。端の31~36、51~56の自由席だと少し角度が出てしまうので把握しにくいです。こちらの自由席は入場順になりますので早目の入場をしたほうが良いでしょう。

実際に自由席をとった人のツイートをみてみると整理券がレコードの形でおしゃれだったり、エスコートがついたりしたのでとても満足な様子がありました。

BLUE NOTE TOKYOのアクセス、最寄り駅は?

BLUE NOTE TOKYOの最寄り駅は東京メトロ表参道駅となります。アクセスも東京メトロ表参道駅から徒歩約8分となっています。

住所

東京都港区南青山6-3-16 ライカビル

BLUE NOTE TOKYOの駐車場は?

BLUE NOTE TOKYOには駐車場がないため車で来る場合は近くのコインパーキングを利用してください。

【B’z(ビーズ)の松本孝弘が公演する2017年ライブ Electric Island Acoustic Seaの会場NAGOYA Blue Noteの座席表】

NAGOYA Blue NoteもBLUE NOTE TOKYOと同様にシックな雰囲気とサービス精神を感じる名古屋を代表するジャズクラブとして非常に有名です。

ジャズクラブではありますがジャズバンド以外にも2017年1月には手嶌 葵やソウル出身ポップシンガーのKなどが出演していることからも非常に幅広く、そして実力のある方の出演が目立ちます。そんなNAGOYA Blue Noteの良席と見え方をエリア別にまとめました。

NAGOYA Blue Noteの良席は?見え方は?

テーブル予約席の場合

NAGOYA Blue Noteの良席は間違いなくテーブル予約席の14番~20番です。本当の間近で見れる喜びを体験できますのでおすすめです。しかし、こちらは予約順に自動割り振りとなってしまうのでこれは正直、運などの要素が必要になります。ただしNAGOYA Blue Noteのテーブル予約席はどこもステージに近いです。若干遠いのがDやEのエリアとなっていますがこちらでも臨場感溢れるライブを楽しむことが可能です。

テーブル予約席の最前列だと出演者が近くに来てくれることもあるようでこちらのツイートではそんな報告もありました。

自由席の場合

NAGOYA Blue Noteの自由席での良席は9番のエリアとなります。ステージに近く入場退場もし易いエリアです。それにクロークやショップ、バーにも近いのがいいので自由席のチケットの場合は9番のエリア付近を取ってみるといいでしょう。

ツイッターではいい席を取りたい場合はお早めにとの報告がありましたので良席を取りたい場合は注意してください。

NAGOYA Blue Noteのアクセス、最寄り駅は?

NAGOYA Blue Noteの最寄り駅は東山線の栄駅となります。アクセスも栄駅の8番出口を出て徒歩約5分となります。

住所

愛知県中区錦3-22-20 ダイテックサカイビル B2階

NAGOYA Blue Noteの駐車場は?

NAGOYA Blue Noteには駐車場がないため車で来る場合は近くのコインパーキングを利用してください。

【B’z(ビーズ)の松本孝弘が公演する2017年ライブ Electric Island Acoustic Seaの会場Billboard Live OSAKAの座席表】

Billboard Live OSAKAは大阪でも有数のライブ会場として有名です。出演者も本当の一流バンドやアーティストの参加が多く、2017年には宇崎竜童や大塚 愛、Crystal Kayなどのビッグネームが多いのも特徴です。

他にもサタデイナイトで世界中を虜にしたBay City Rollersなどの外国のバンドも出演しています。そんなBillboard Live OSAKAの良席と見え方をエリア別にまとめてみました。

Billboard Live OSAKAの良席は?見え方は?

自由席の場合

自由席の場合は勿論ステージに近いのが一番の良席になります。見え方としても本当の間近で見ることが出来るので感動必死ですよ。こちらは入場整理番号順での案内になるので良席を取りたい場合はいち早く並んでいる必要があると予想されます。Billboard Live OSAKAの場合一番近くでステージを見ようとするとこの自由席になります。

自由席でライブを楽しんだ人のツイートがあったので紹介します。エスコート付とのことでサービスにも満足されたようですね。

カジュアルエリアの場合

カジュアルエリアの場合はステージの端側の席だと少し角度があって見にくいです。見え方としても少し遠目になってしまいますがステージ正面側がカジュアルエリアの良席になります。遠目と言っても望遠鏡とかはいらない距離ですし、値段のコストを考えると満足できるのではないでしょうか。

そんな満足度がわかるツイートがありました。ビール飲みながら優雅に見れたようですね。

Billboard Live OSAKAのアクセス、最寄り駅は?

Billboard Live OSAKAの最寄り駅は多いので下記にアクセスとともにまとめました。

  • 地下鉄西梅田駅から徒歩約2分
  • JR大阪駅桜橋口から徒歩約4分
  • 阪神線の梅田駅から徒歩約4分

住所

大阪市北区梅田2丁目2番22号 ハービスPLAZA ENT B2

Billboard Live OSAKAの駐車場は?

Billboard Live OSAKAには駐車場がないため車で来る場合は近くのコインパーキングを利用してください。

【B’z(ビーズ)の松本孝弘が公演する2017年ライブ Electric Island Acoustic Seaの会場Blue Note HAWAIIの座席表】

ひょっとしたらハワイまでB’z(ビーズ)の松本孝弘を追っかける、そんなスゴイ方の為にBlue Note HAWAIIの座席表もまとめます。ハワイまで飛行機を使って行くのですから素敵な思い出にして欲しいです。どうしても調べてしまうと英語のサイトになってしまうのでこちらの方でまとめてみましたのでチェックしてみてください。

Blue Note HAWAIIの良席は?見え方は?

Premium Table Seatの場合

Premium Table Seatはどこの座席になっても間違いなく良席になります。その理由はステージに近いのは勿論のこと、ディナーメニュー付きなのです。まさに至れり尽くせりの座席なのでおすすめです。座席については入場順となっています。近い位置からステージを見たい場合は早めに入場しましょう。

Loge Table Seatingの場合

Loge Table Seatingはステージから少し遠目になってしまいますし角度も斜めからステージを見ることになります。良席を取りたい場合はこちらも入場順になるのでなるべくステージに近い場所で見たいのであれば早目の入場を心がけてください。こちらもディナーメニュー付きとなります。

Blue Note HAWAIIのアクセスは?

ハワイの中心地にあり、日本人にも馴染みの深いロイヤル・ハワイアン・センターとモアナサーフライダーホテルの間に挟まれた場所に位置しています。

しかし初めてハワイに行かれる場合は迷う可能性もあるのでタクシーを利用して現地に行くのが一番確実ではないでしょうか。

住所

2335 Kalakaua Ave,
Honolulu, HI

Blue Note HAWAIIの駐車場は?

Blue Note HAWAIIには駐車場がありません。近くの駐車場として数ブロック先のOhana East Hotelがありますのでそちらをご利用ください。

B’zの他のオススメ記事

【B’z(ビーズ)の松本孝弘の2017年にライブツアー「Electric Island Acoustic Sea」は間違いなく楽しみ!】

(出典:pixabayより)

今回はライブツアー「Electric Island Acoustic Sea」の全会場の座席表から見る良席、見え方、アクセス、最寄駅、駐車場の情報をまとめました。ライブを楽しむにはまずは事前情報を知っていると当日になって焦ることもないしいいですよね。今回のライブツアーの名前は同名のアルバム「Electric Island Acoustic Sea」から取っていますので一通り押さえてから参加することを推奨します。年を追うごとに成熟さを増しているB’z(ビーズ)天才ギタリスト松本孝弘のギターですから本当に待ちきれませんよね!是非楽しんで下さい。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。