1年4カ月ぶりとなるツアー決定! MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)の全国ワンマンツアー「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」の公演概要と会場をおさらい

斉藤和義・中村達也によるロックユニット「MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)」が、全国ワンマンツアー「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」を開催します。ということで本日はツアーの概要と各会場の情報についてまとめてご紹介します。

斉藤和義中村達也によるロックユニット「MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)」が、11月3日(木・祝)の横浜 BAY HALLを皮切りに、全国ワンマンツアー「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」を開催します。

2011年の夏に結成されて以降、ロックフェスティバルを中心に各種ライブに出演しているMANNISH BOYS。2016年も、夏フェスを中心に精力的な活動を見せており、10月19日には、約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『麗しのフラスカ』のリリースも決定しています。

今回行われる全国ワンマンツアー「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」は、ユニットとしては最も規模の大きい30公演が全国各地で行われる予定となっています。、およそ1年4ヶ月ぶりのツアー開催であることから、公演を楽しみに待っているファンも多いのではないでしょうか。

今回は、MANNISH BOYSによる全国ワンマンツアー「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」のツアー概要と各会場の情報についてまとめていきたいと思います。

(出典:MANNISH BOYS公式サイトより)

「MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ) 2016-2017 TOUR」は過去最大規模の30公演!

MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)による全国ツアー「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」は、2016年11月から2017年1月までのおよそ3ヵ月間に渡り、全国30ヶ所で公演が行われる予定となっています。

公演が行われる会場は以下の通りです。

「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」公演スケジュール

【2016年】

11月3日(木・祝)「YOKOHAMA BAY HALL」(横浜) 開場17:00/開演18:00

11月5日(土)「HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3」(埼玉) 開場 17:30/開演18:00

11月6日(日)「clubFLEEZ」(高崎) 開場17:00/開演18:00

11月10日(木)「Rensa」(仙台) 開場18:00/開演19:00

11月12日(土)「Club Change WAVE」(盛岡) 開場17:30/開演18:00

11月13日(日)「Mag-Net」(弘前) 開場17:30/開演18:00

11月17日(木)「Live House 浜松窓枠」(浜松) 開場18:30/開演19:00

11月18日(金)「CLUB ROOTS」(岐阜) 開場18:30/開演19:00

11月24日(木)「Kobe SLOPE」(神戸) 開場18:30/開演19:00

11月25日(金)「U☆STONE」(滋賀) 開場18:30/開演19:00

11月29日(火)「WstudioRED」(松山) 開場18:15/開演19:00

12月1日(木)「MONSTER」(高松) 開場18:15/開演19:00

12月2日(金)「CRAZYMAMA KINGDOM」(岡山) 開場18:15/開演19:00

12月4日(日)「CARAVAN SARY」(高知) 開場17:15/開演18:00

12月7日(水)「CLUB JUNK BOX」(長野) 開場18:15/開演19:00

12月9日(金)「MAIRO」(富山) 開場18:15/開演19:00

12月11日(日)「EIGHT HALL」(金沢) 開場17:15/開演18:00

12月13日(火)「LOTS」(新潟) 開場18:15/開演19:00

12月16日(金)「Zepp Sapporo」(札幌) 開場18:00/開演19:00

12月17日(土)「MEGA STONE」(北海道・帯広) 開場17:30/開演18:00

【2017年】

1月7日(土)「DRUM LOGOS」(福岡) 開場17:00/開演18:00

1月9日(月・祝)「B.9 V1」(熊本) 開場17:00/開演18:00

1月11日(水)「DRUM Be-0」(大分) 開場18:30/開演19:00

1月13日(金)「CAPARVO HALL」(鹿児島) 開場18:30/開演19:00

1月15日(日)「桜坂セントラル」(沖縄)開場17:30/開演18:00

1月19日(木)「Zepp Namba」(大阪) 開場18:00/開演19:00

1月20日(金)「Zepp Nagoya」(名古屋) 開場18:00/開演19:00

1月22日(日)「CLUB QUATTRO」(広島) 開場17:00/開演18:00

1月24日(火)「RISING HALL」(山口・周南) 開場18:15/開演19:00

1月27日(金)「Zepp Tokyo」(東京) 開場18:00/開演19:00

以上が「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」の公演が行われる会場となります。どの会場もオールスタンディングとなっていますが、「Zepp Sapporo」・「Zepp Namba」・「Zepp Nagoya」・「Zepp Tokyo」の4公演については、1階のスタンディングに加え、2階に指定席が準備される形となっています。

「MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ) 2016-2017 TOUR」に先立ちリリースされるオリジナルアルバムにも注目!

麗しのフラスカ (初回限定盤)をAmazonでチェック!

冒頭でお話ししたように、約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『麗しのフラスカ』のリリース後に行われる全国ツアーということもあり、ファンとしてはアルバムの収録曲も気になるところかもしれません。

これまでリリースされたアルバムのタイトルは『Ma! Ma! Ma! MANNISH BOYS!!!』(2012年9月リリース)、『Mu? Mu? Mu? MANNISH BOYS!!!』(2014年9月リリース)でしたが、3作目となる本アルバムは『麗しのフラスカ』という、これまでとはガラッと印象を変えたタイトルになっています。

アルバムの収録曲に目を向けても、これまでのアルバムにはなかった「新たな試み」が至るところに盛り込まれており、様々な音楽シーンで活躍を見せるクリエイターやミュージシャンとのコラボレーションが積極的に行われています。

アルバムタイトルと同じ『麗しのフラスカ』という楽曲をはじめ、昨年にリリースされたシングル曲『曲がれない』、数多くのミュージシャンをプロデュースしてきた蔦谷好位置がアレンジを担当した『グッグッギャラッグッグ』、2014年の斉藤和義ツアーに参加したmy hawaii・鹿野洋平がアレンジを手がけた『真っ赤なバレリーナ』のほか、『レモン』や『うんこメーカー』といった、タイトルを見ただけで思わずどんな曲か気になってしまうようなクールさ・爽やかさ・遊び心に溢れた楽曲も満載となっているようです。

田中邦和やタブゾンビ(SOIL&”PIMP”SESSIONS)、日向秀和といったミュージシャンも多数参加しており、これまでとは一味もふた味も違ったアルバムに仕上がっていると言えます。

本アルバムに収録されている楽曲は「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」でも多く披露されると思いますので、参戦されるファンの方は、ぜひとも予習をしておきたいところです。

進化を続ける「MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)」から目が離せない!

(出典:音楽ナタリーより)

2016年の秋以降も、さらに勢いを加速させる「MANNISH BOYS(マニッシュボーイズ)」。彼らの新境地開拓とも言えるアルバムリリースと同様に、11月から始まる「MANNISH BOYS 2016-2017 TOUR」もまた、MANNISH BOYSの新たな可能性を感じさせるツアーとなること間違いなしです。

斉藤和義中村達也が創り出すアツい空間に、ぜひ足を運んで見てはいかがでしょうか。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。