MAN WITH A MISSIONがMステ登場 話題になったマイク位置!

頭はオオカミ、身体は人間という外見でお馴染みの異型の生命体5人で構成されるのが、マンウィズことMAN WITH A MISSION(マン ウィズ ア ミッション)。世間的にはオオカミバンドといえばわかるくらいには、知名度も高いロックバンドです。

近年の扮装バンドだとかつてBEAT CRUSADERSなどが紙のお面をかぶって活動していて有名だったけれど、そんな彼らでもライブではお面を付けずに素顔で活動していたのは有名なところ。

MAN WITH A MISSIONがMステに出たときの違和感は?

はい、この通り、狼ヘッドのまま、快調に演奏を繰り出しています。

そんな彼らも実は「ミュージックステーション」などの音楽番組にも出演します。ロックバンドとして、多彩なゲストとともにひな壇にも座りますし、タモリのインタビューも受けるわけです。

MAN WITH A MISSIONの声は口ではなく喉から出る!?

はい、この通り、オオカミさんはしっかりとタモリさんのインタビューにも答えています。

そしてこの時、もっとも話題となったのが、このマイクの位置。しゃべるときはこのように、首にマイクを押し当てて、受け答えをするのです。

この様子は非常に世間の注目を浴び、TwitterなどのSNSでも大いに盛り上がりました

MAN WITH A MISSIONといったらJean-Ken Johnny

主にしゃべるのはギター&ヴォーカルのJean-Ken Johnny(ジャン・ケン・ジョニー)。彼は結構口も達者で、そもそもオオカミそのものではなく、オオカミの姿をした生命体ということなので、こうしたマイクの位置に、疑いを抱く必要もないのです。

こうしたJean-Ken Johnnyの活動は、他にもラジオメディアなどでも登場して面白いトークを繰り広げてくれます。とくにゴールデンボンバーの鬼龍院翔の「オールナイトニッポン」では楽しい話が盛り沢山。

しょっちゅう話題になっているので、ファンの人はぜひチェックしてみましょう。

MAN WITH A MISSIONの他のオススメ記事

チケットキャンプではMAN WITH A MISSIONのチケットを取扱中!

さて、いかがでしょう? MAN WITH A MISSIONのライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるもの。もちろんチケットキャンプではMAN WITH A MISSIONのチケットも取り扱っていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。