槇原敬之 チケット
槇原敬之のCMソング特集!名曲をサントリー南アルプスの天然水などのCM動画と合わせてご紹介♪

槇原敬之と言えば、人生や恋愛で誰もが感じる気持ちをストレートに表現した楽曲が、多くのファンに受け入れられています。そんなマッキーだからこそ書けるCMソングがあり、それはまさにCMで伝えたいメッセージをストレートに表現した、共感度の高いものとなっています。

そんな槇原敬之のテレビCMタイアップソングをご紹介していきたいと思います。

今や、音楽もCDやライブという枠を越え、さまざまな場面でのタイアップによって相乗効果が生まれるものになってきていますよね。みなさんも、いろいろな場面で耳にする槇原敬之の曲や歌詞に、是非注目してみてください。おそらく、商品やサービスと繋がる、とっても効果的な要素がそこには含まれているはずです。

バイトが君を待っている – リクルート「タウンワーク」

バイトを探しているときって、求人情報誌を見ても、いまいちピンとこず、不安になるものだと思います。

そんな不安の中にいる求職者に向けて、応募の一歩を踏み出させるための曲に仕上がっていると思います。大衆の心を掴んでいる槇原敬之だからこそ書ける一曲ではないでしょうか。

No.1 – KDD「001」

続いてのテレビCMソングは、8枚目のシングル「No.1」です。槇原敬之の初期の楽曲らしく、青春時代の恋愛感情を歌った作品になっています。なお、歌詞の中に出てくるチョコレート工場というのは、槇原敬之の出身地に実在している明治大阪工場を指しているとのことです。

雨に唄えば/風に吹かれて – SUNTORY「サントリー南アルプスの天然水」

最後にご紹介するのは、サントリーのテレビCMとして使用され、話題となった「雨に唄えば」と「風に吹かれて」です。どちらも、スウェーデンのシンガーソングライターであるマイア・ヒラサワの曲をカバーしたものですが、槇原敬之の声がとてもよくマッチしており、心地よい響きを奏でています。

槇原敬之のCM名曲まとめ

いかがでしたでしょうか。槇原敬之ならではの優しい響きが、商品やサービスのコンセプトを上手く引き出しているのではないでしょうか。

一過性の流行音楽ではない、正統派の槇原敬之だからこそ出せる、ブランドの信頼感というのを感じることができると思います。今後もいろいろなテレビCMとタイアップしていくと思いますので、要チェックですよ!

槇原敬之のオススメ記事はこちら

ライブで槇原敬之の曲を聴こう!

音楽を楽しむ場はたくさんあります。それはCDであり、DVDであり、テレビCMであり、そしてライブでも楽しむことができます。みなさんも是非、一度は槇原敬之のライブに足を運んでみませんか。

その歌唱力や心地よいサウンドは、きっと満足して頂けるはずです。マッキーのライブチケットは、チケットキャンプで手に入れましょう。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。