槇原敬之 チケット
槇原敬之の人気アルバムランキングTOP7!,Believerなどマッキーのベストアルバムや最新アルバムまで!

これまでにドラマの主題歌やCMのタイアップ曲などに起用され、多くのヒット曲を生み出している槇原敬之さん。ファンの間でも呼ばれる「マッキー」の愛称も有名ですね。今回はそんなマッキーこと槇原敬之さんのアルバムをランキング形式でご紹介します。3月の公演前に今一度チェックしてみましょう。

【槇原敬之さんの17年間の活動を収めたアルバムからランキングTOP7をご紹介】

恋愛をテーマにした曲を次々とヒットさせてきた、マッキーの愛称で親しまれている槇原敬之さん。

1990年のデビュー以来、多くの人々に支持され続けているシンガーソングライターです。2017年はアルバム「Believer」を中心とした全国ツアーが行われる予定となっています。

一曲一曲に、槇原敬之さんからのメッセージがぎっしり詰められ、彼の澄んだ歌声によって、聴く人の心にとても優しく届いていきます。そんなマッキーのアルバムをランキング形式でご紹介していきます。

数々のアルバムから厳選されたランキングTOP7を聞いて、コンサートツアーへ思いを馳せましょう!

【槇原敬之さんのおすすめアルバムランキング【第7位】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第7位は『SMILING~THE BEST OF NORIYUKI MAKIHARA~』です。

約10年前となる、1997年5月に発売された初めてのベストアルバムで、オリコンランキングでは自身の売上1位を獲得しています。

冬の定番曲「冬がはじまるよ」やアルバム曲「雪に願いを」、「どうしようもない僕に天使が降りてきた」など、16曲がボリューム豊かに収録されています。

槇原敬之さんの活動初期の楽曲を聞きたいという方には、おすすめのアルバムですよ!

【槇原敬之さんのおすすめアルバムランキング【第6位】】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第6位は、2013年3月発売の『春うた、夏うた。〜どんなときも。』です。

このアルバムは『秋うた、冬うた。〜もう恋なんてしない』と同じコンセプトで製作されたベストアルバムです。そしてマッキーの歌に興味がある方への入門編ともなるアルバムに仕上がっています。

大ヒットとなった「どんなときも。」「NO.1」や、合唱曲でも歌われている「遠く遠く」の桜バージョン、これまでのアルバムには収録されていなかった「キミノテノヒラ」など16曲を収録、聴き応えのある1枚です。

【槇原敬之さんのおすすめアルバムランキング【第5位】】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第5位は、槇原敬之さんの1990年10月発売のファーストアルバム『君が笑うとき君の胸が痛まないように』です。

「どんなときも。」以前の彼の姿が垣間見られる曲が10曲収録されています。

冬の定番曲とされている「北風」や恋の歌である「80km/hの気持ち」など、全体的に優しく癒されるような仕上がりになっています。槇原敬之さんについてもっと知りたい、と思っている方へオススメの1枚です。

【槇原敬之さんのおすすめアルバムランキング【第4位】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第4位は2016年12月に発売されたばかりの最新アルバム『Believer』です。

自身の音楽活動の「第3章開幕」と語った槇原敬之さんの、約2年ぶりとなるファン待望のアルバムです。映画にもなったドラマ「ボクの妻と結婚してください。」の主題歌「minutes(Renewed)」や、高田純次さんの街歩き番組のテーマ「一歩一会(Renewed)」など13曲を収録。

今までの槇原敬之さんとは違った魅力を感じられるアルバムとなっており、長年第一線で活躍してきた槇原敬之さんの、音楽へのあくなき挑戦がうかがえます!

2017年3月より全国31カ所を回るホールツアー「Makihara Noriyuki Concert Tour 2017 “Believer”」も開催されますので、コンサートを前に聞き込みたいですよね。

【槇原敬之のおすすめアルバムランキング【第3位】】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第3位は1999年7月に発売された『Cicada(シカーダ)』です。

日本の夏をテーマにした曲が目白押しです。初期活動の時の歌とは路線が多少変わり、定番のラブソングとはまた違ったテイストの曲が多く入っています。

アレンジやメロディラインが素晴らしい「Hungry Spider」、従兄弟であるローリー寺西に提供した「Name of Love」など、新しい方向性を示した貴重な1枚です。夏のアルバムでありながら、1年を通して聴きたくなる仕上がりです。

【槇原敬之さんのおすすめアルバムランキング【第2位】】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第2位は2011年7月発売のアルバム「Heart to Heart」です。

ジャケットには槇原敬之さんが2つのハートのイラストを掲げています。人と人との繋がりを大事に思うことを表現したアルバムです。

バックストリートボーイズ出身のアメリカ人歌手ニック・カーターに書き下ろした「Jewel In Our Hearts」の日本語バージョンをセルフカバー。

CMにも起用された「林檎の花」、NTV系列の情報番組「ヒルナンデス」のテーマ曲「LUNCH TIME WARS」。

その他、日本大震災後に感じたことを綴った「Appreciation」「White Lie」などが収録されています。パワーがこもったこのアルバムは、聴いた後は元気が出る1枚です。

【槇原敬之さんのおすすめアルバムランキング【第1位】】

(出典:amazonより)

槇原敬之さんのおすすすめアルバムランキングTOP7、第1位は、1992年6月に発売された通算3枚目のアルバム『君は僕の宝物』です。

大ヒットシングルのドラマ主題歌「もう恋なんてしない」やCM曲の「冬がはじまるよ」を始め、12曲が収録されています。素直な気持ちを素直な言葉で表現し歌っています。

これぞ「槇原敬之」といえる魅力が満載です。発表されてから何年経っても色あせない、何度でも繰り返し聴きたくなるようなアルバムです。

槇原敬之のおすすめ記事もチェック!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。