【動画あり】槇原敬之さんのドラマ主題歌「理由」の大人な魅力がたまらない!

ヒットメーカーとして活躍を続ける槇原敬之さんは、ドラマ主題歌やCMタイアップとしてもたくさんの名曲を生み出しています。今回はテレビ朝日系木曜ドラマ「はじめまして、愛しています。」の主題歌となった「理由」について、発売日などの曲の概要や魅力を動画に合わせて紹介し、ドラマのあらすじも解説していきます!あらすじを読むだけで「理由」との繋がりを感じるかも?発売日などの概要や動画で魅力を知ればもっと「理由」が好きになります!

【動画あり】槇原敬之さんのドラマ主題歌「理由」の大人な魅力がたまらない!

90年代に「どんなときも」や「もう恋なんてしない」などの国民的ヒット曲を生み出しつつ、2003年にSMAPに提供した「世界に一つだけの花」がダブルミリオンを達成するなど長年アーティストとして活躍を続ける槇原敬之さん。

自身の世界観を表現する楽曲から、番組や提供アーティストのコンセプトに合わせたオーダーメイド式の楽曲まで様々な名曲を作成する日本を代表するシンガーソングライターです。

今回注目するのは、2016年に放送されたテレビ朝日系木曜ドラマ「はじめまして、愛しています。」の主題歌にもなった楽曲「理由」。

曲の概要や発売日、動画から魅力を紹介するとともにドラマのあらすじも併せて紹介していきます!

槇原敬之さんの楽曲「理由」の概要・基本情報

発売日:2016年8月24日
タイアップ:テレビ朝日系木曜ドラマ「はじめまして、愛しています。」主題歌

アルバム『Believer』収録

槇原敬之さんの楽曲「理由」の魅力をMV動画からチェック!

クレイアニメのような登場人物たちが軽快なリズムの「理由」に乗せて踊るMV動画。このMV動画の登場人物たちのように、思わず体を動かしたくなるような楽曲となっています。主人公と思われる男性は、鳥や犬、他の人になったりと常に姿を変化させ続けます。これは心や人間性が無数にあるということを表しているのかもしれません。歌詞は槇原敬之さんの得意ないわゆる「ライフソング」となっていて、毎日を頑張っている人が共感できつつも気軽に聴ける大人向けの内容。おしゃれ感と楽しさが魅力です。

槇原敬之さんの楽曲「理由」が主題歌となったドラマ「はじめまして、愛しています。」のあらすじ

尾野真千子さんが主演の「はじめまして、愛しています。」は、特別養子縁組をテーマに「本当の家族」のかたちを探し、心の交流を描いたドラマ。

子どものいない夫婦である美奈(小木真千子)と信次(江口洋介)。美奈は世界的に有名な指揮者である父親を持ち、自身も子ども向けのピアノ教室を開きながら国際コンクールを目指しています。夫の信次は不動産会社に勤めていて愛妻家。少しお人よしなところもあります。

そんな2人の自宅にある日見ず知らずの子どもが忍び込みます。忍び込んだのは梅田 一(横山歩)という5歳の男の子で、実の母親に育児放棄されていました。親に捨てられたことから、泣いたり笑ったりという感情表現ができず、コミュニケーションのとれない一。2人は一を自分たちの子どもとして家族に迎え入れることを決断するのですが、養子縁組が成立するまでには様々な困難が立ちはだかり…

養子縁組というと一般的にあまり馴染みのない人が多いですよね。ドラマでは試験制度やタイムリミット、裁判による審議など様々な課題があり、子どもとともに暮らしていくためにそれを乗り越えていく姿に胸が熱くなること間違いなし。

槇原敬之さんの「理由」の歌詞には「自分で好きになれる自分でいられるのは」というサビのはじまりから「何かを信じながら頑張っている その時だけだから」というフレーズが。ドラマと合わせて聴くことで主人公たちが奮闘する姿勢に重なり、より深く主人公やドラマの状況に共感できます。

槇原敬之さんが長年人気の「理由」


【画像:GATAG

キャッチーなサウンドと誰もが共感できる歌詞で、長年多くの人から愛され続ける槇原敬之さん。若い世代では、槇原敬之さんの初期のヒットソングを知らず「ヒルナンデス!」のテーマやJAバンクCMソングとなった「遠く遠く」などで知った人も多いかもしれません。

そんな槇原敬之さんの楽曲は時代が変わっても「古い」と感じることが少ないのが魅力です。本当に良いものは変わらない、ということを感じさせてくれる槇原敬之さんの楽曲たち。今回の「理由」から興味を持ったらぜひデビュー当時のものも聴いてみてくださいね。

槇原敬之の他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。