槇原敬之はプロデュース作品も大ヒット曲が目白押し!

Concert Tour 2015 「Lovable People」真っ最中のシンガーソングライター槇原敬之

自身がパフォーマンスする曲だけではなく、最近ではプロデュース作品も次々と大ヒットしています。

マッキーが手掛けた作品、ピックアップしてみたいと思います。

槇原敬之
(出典 : 音楽ナタリー)

槇原敬之プロデュース「関西テレビキャンペーンソング」

まずは最近のプロデュース作品から。他のアーティストに楽曲を提供するばかりがプロデュースではありません。

関西テレビのキャンペーンソングとして提供された今回のこの曲は、なんと!カンテレスピリットが込めれた「社歌」としても使用される予定とか。マッキーが作った曲が社歌になるなんてとっても贅沢です。そして、歌い甲斐もあるのではないでしょうか。

志を「超えろ。」というテーマに合わせて、応援歌っぽいイメージでということで、エールが届く感じの曲になればというコメントを残しているマッキー。実にやる気がジワジワと湧いてくるような楽曲です。動画の後半に流れてくるこちらの曲、ぜひチェックしてみてください。

槇原敬之「ミリショー」のラストソングをプロデュース

槇原敬之
(出典 : excite.music)

ご存知、ミリショーと呼ばれて聴く人を感動の渦に巻き込んで来た、最強のコラボ、加藤ミリア×清水翔太の最後の作品は、なんとマッキーがプロデュースの桜ソング。最後にふさわしく、別れや出会いを連想させる「桜」をテーマに選んだところがニクいです。

楽曲にはマッキーもコーラスで参加。「Sakura Melody」はミリショーが紡ぎ出す独特の切ないハーモニーに加えて、曲そのものにも桜同様切なさ、儚さがギュッと詰まっています。そこに、あのマッキーのやわらかい声でコーラスが加わって、最強の切なさ満開!の桜ソングになっています。

聴く人が何度も涙したミリショーコンビのラストにふさわしい名曲が加わりました。これで終わりなんて寂しすぎる!とさらに涙を誘います。

槇原敬之プロデュース最大のヒット曲と言えばコレ!

もう、マッキーと言えば、この作品です。SMAPの最大のヒット曲でもある「世界に一つだけの花」。とにかくどの世代にも受け入れられる名曲中の名曲です。実はこのとき、SMAPのアルバムに収録するための曲作りをしていたというマッキー。コレだ!と思って作った作品は却下されてしまい、締切が近づいてきたときに、なんとマッキーは、「夢で何かが見えるかもしれない」と、提出期限の迫った時期に、とりあえず眠って考えよう!と大胆な行動に出るのです。

すると、できるときには出てくるものです。朝、目が覚めると、目の前に「世界に一つだけの花」の世界観が浮かび上がり、なんと10分で出来上がってしまったというから驚きです。これを「神様からのプレゼント」と思っているとマッキーは語っています。才能がある人のところには、神さまのパワーも引き寄せる力があるのでしょう。名曲誕生には、こんな裏話があったなんて思い出しながら、また聴いてみるのもオススメです。

人々の心をホッコリ暖かくする、自然とあたたかい涙が流れてくる、マッキーのイイところがギュッと詰め込まれた作品です。

槇原敬之のおすすめ記事もチェック!

槇原敬之のツアー「Lovable People」へ行こう!

槇原敬之
(出典 : 音楽ナタリー)

いかがでしたか?いずれも名曲揃いです。プロデュース作品もイイですが、マッキーの声でその作品を聴くのもいいですよね。チケットキャンプでは、槇原敬之のチケットを取扱中です。マッキーが作り上げる世界観、愛の溢れるライブパフォーマンスは必見です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。