『彼岸島』第2期の主題歌はSYNERGY/m-flo feat. シシド・カフカに決定!

映画『彼岸島デラックス』が2016年10月15日に公開。主題歌にはm-floがシシド・カフカとコラボした楽曲「SYNERGY」が起用され、ドラマ『彼岸島 Love is over』が放送されることも決定。今回はストーリーやキャストについての情報と、主題歌についてまとめてみました!

コミックが原作で、2013年にドラマ化されて話題となった『彼岸島』。第2期として映画『彼岸島デラックス』が2016年10月15日に公開します。

主題歌にはm-floシシド・カフカとコラボレーションした楽曲「SYNERGY」が起用され、映画公開前に全4回のドラマ『彼岸島 Love is over』が放送されることも決定しました。

ストーリーやキャストについての情報と、主題歌についてまとめてみました!

『彼岸島』とは?演じるキャストは誰?

『彼岸島』は松本光司による吸血鬼サバイバルホラー漫画。2002年から『週刊ヤングマガジン』(講談社)に連載しており、現在は続編『彼岸島48日後…』が継続中です。ストーリーのはじまりは…

「宮本青果店の息子である宮本明。行方不明になった兄・宮本篤を探していたところ、一人の女性からある情報を聞くことになります。篤が彼岸島という場所で危険な目に遭っているというのです。明は友人を連れて島に渡りますが、彼岸島は一度足を踏み入れれば二度と出られないという土地でした。吸血鬼がはびこる孤島だったのです。兄を探し出して連れ帰るため、明は奮闘しますが…」

映画『彼岸島デラックス』およびドラマ『彼岸島 Love is over』は、宮本明役・白石隼也、宮本篤役・鈴木亮平のダブル主演です。白石隼也は演技力だけでなく爽やかなビジュアルも人気です。

特撮ドラマ『仮面ライダーウィザード』では主人公・操真晴人/仮面ライダーウィザード役を務め、他にもテレビドラマや映画、CMで活躍しています。

鈴木亮平は186cmと大柄で、個性的な役もこなす実力派なので映画で主演を務めることも多いです。役に合わせて肉体改造をすることもある、演技にアツい俳優さんです。

次の項目では主題歌の「SYNERGY/m-flo feat. シシド・カフカ」についてみていきます!

主題歌に決まった「SYNERGY/m-flo feat. シシド・カフカ」の魅力とは?

『彼岸島』第2期の主題歌に起用された楽曲「SYNARGY」。リリースは未定ですが、映画の予告編のBGMで少しだけ聴くことができます。ここではアーティストのm-flo、そしてコラボレーションしているシシド・カフカについてみてみましょう。

◆m-floとは?

2002年まではヴォーカルのLISAが在籍していましたが、現在のメンバーはVERBALと☆Takuの2人。インディーズ時代には☆TakuのセンスあふれるトラックとVERBALの冴えたフロー、LISAの表現力豊かな声が評判となりました。

メジャーデビューを経て、LISAが脱退した後は「Lovesシリーズ」として数多くのアーティストとの共演が注目されてきました。単独ライブの他、「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」や「SUMMER SONIC」などのイベントにも出演し、各方面で活躍中です。

現在は「Lovesシリーズ」に幕を閉じ、プロデュースユニットとして活動しています。

◆シシド・カフカとは?

2012年に「愛する覚悟」で鮮烈なデビューを飾りました。日本では珍しいドラムヴォーカルのスタイルが注目されるとともに、その美貌にもファンは釘付け。ロングヘアを振り乱しながらドラムを叩く様は、女性とは思えないほどパワフルです。

斉藤和義や甲本ヒロトなど豪華アーティストとの共演も多く、その実力が業界内でも評判が高いことがわかります。2016年4月には、大島賢治、織田哲郎、亀田誠治など数々の名プロデューサーを迎えたセカンドアルバム「トリドリ」をリリースしています。

「SYNARGY」は 15年以上のキャリアを積んできたベテランm-floと、デビューからわずか4年で第一線まで上り詰めたシシド・カフカのコラボレーションが産み出した楽曲。それぞれの魅力が融合して、『彼岸島』の世界を一層盛り上げてくれることでしょう。

ストーリーも、主題歌も!見逃せない『彼岸島』第2期の世界!

ドラマ『彼岸島 Love is over』、それに続く 映画『彼岸島デラックス』、共に見逃せませんね。主題歌の「SYNERGY/m-flo feat. シシド・カフカ」のリリース日も気になるところ。今後アップされる最新情報をチェックしましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。