m-flo チケット
m-floのcome againから音楽に触れる大切さを知る…?

1999年に「the tripod e.p.」で待望のメジャーデビューを果たしたm-flo

ボーカルのLISA、MCのVERBAL、DJの☆Taku、彼らの作る音楽は多くの音楽ファンに愛されてきました。

ここではそんなm-floの楽曲の中から、初期の名作である「come again」に注目したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

m-floの最大のヒット曲「come again」

m-floの名曲「come again」は、2001年1月17日に発売されました。

LISA脱退などもあったm-floですが、2014年現在においても最大のヒット曲はこの「come again」。

長い間ファンに愛されているのが分かりますよね。方程式をやぶって作られたというコード進行にもチェックしてくださいね。

カップリングには、「Yukihiro Fukutomi remix」「Jark Prongo remix」などのリミックスを収録しています。

m-floの「come again」の歌詞を見てみよう

ここではm-floの「come again」の歌詞を見ていきましょう。

新しい出会いを求めて音楽に触れるそんな主人公の姿が描かれています。

いつだって音楽のある場所には出会いがありますよね。

ビートに身を委ねて新しい出会いを楽しむのも良いかもしれません。

「come again」

m-floの「come again」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはm-floの「come again」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初にご紹介するのは、ミュージックビデオです。当時、世界で流行していた2ステップを取り入れたというトラック。

☆Takuのアンテナは本当に驚かされますよね。
楽曲の中で様々な表情を見せるトラック、ミュージシャンだけではなくともチェックしておきたいものとなっています。

m-floの「come again」のライブ動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、「come again」のライブ動画です。

初期のm-floの魅力を感じるのにはぴったりの動画と言えます。当時からVERBALは会場を盛り上げることがとっても上手ですよね。さすがクラブミュージック叩き上げのMCだけあります。

☆Takuの作る上品なトラックも聴いていてとても心地よいですよね。ぜひチェックしてみてくださいね。

m-floのライブに行こう!

m-floの初期の名曲「come again」のご紹介、いかがだったでしょうか。現在も支持されているというのは本当にすごいことですよね。チケットキャンプではm-floのチケットを取扱中です。m-floの奏でる良質なクラブ・ミュージックを感じにライブに行ってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。