LOUD PARK (ラウドパーク)必勝法!

メタラーなら参加必須のヘビメタフェス「LOUD PARK (ラウドパーク)」。そんな「LOUD PARK (ラウドパーク)」の見どころ&極限に楽しむ方法を紹介します。次回開催に向けて、楽しむための準備をしましょう!

2006年から毎年開催されている、日本最大のヘビメタフェス「LOUD PARK (ラウドパーク)」。メタラーなら参加必須です!今回は、そんな「LOUD PARK (ラウドパーク)」の見どころ&極限に楽しむ方法を紹介します。次回開催に向けて、楽しむための準備をしましょう!

(出典:Twitterより)

LOUD PARK (ラウドパーク)の見どころは?

LOUD PARK (ラウドパーク)の見どころといえば、もちろん出演者の熱い演奏でしょう!豪華なバンドの力強くクオリティの高い演奏に、ヘドバンやモッシュなしではいられません。

そして演奏はもちろん、物販コーナーにも注目!なかでも人気なのは、メタルTシャツです。これなしでは、ライブで本領発揮できないほどです。メタルTシャツに加え、シルバーアクセサリーも用意されているのがヘビメタフェスならでは。物販コーナーは朝一から長蛇の列ができるので、手に入れたいという方は早めの来場をおすすめします。

また、スポンサーブースも目が離せません!出演アーティストが記入したメッセージボードや、実際に使用された楽器などの展示もあります。

LOUD PARK (ラウドパーク)を楽しむためには万全な準備を!

LOUD PARK (ラウドパーク)参加経験者ならわかると思いますが、次回初めて参加しようと思っている初心者のために、楽しむためのアドバイスを紹介します。

ヘビメタフェスは、まさに運動会!身体を動かしてこそ楽しめるものです。ヘドバンやモッシュでたくさん汗をかくので、タオルはかならず持参しましょう。まちがえても、ヒールや厚底などの靴を履いていかないように。汗で会場がすべりやすいので、運動靴がおすすめです。

また、ヘビメタのライブで意外と知られていない常識は、耳栓の着用。とくにLOUD PARK (ラウドパーク)のようなフェスは長時間に渡って高音圧にさらされるので、かならず耳栓を持っていきましょう。

LOUD PARK (ラウドパーク)ではファンの動きに注意!

LOUD PARK (ラウドパーク)は、普通のコンサートは訳がちがいます。メタラーのライブ中の動きは、とにかく激しい!とくに最前列の後方にあるモッシュゾーンに入ると、体当たりや殴り合いもめずらしくありません。とにかく暴れたい!という方は、このモッシュゾーンに行きましょう。

モッシュゾーンの後方には、「サークルピット」と呼ばれる走りまわりながら楽しむゾーンがあります。モッシュゾーンに比べると激しく暴れている人はいないので、激しいノリに慣れていない人にはおすすめです。初心者で少し様子を見たいという人は、サークルピットの後方が安全地帯なので、こちらにいましょう。

上手な楽しみ方は、モッシュゾーンで暴れた後サークルピットに入り、流れにそって移動し、安全地帯で休む。そして、もう一度暴れたくなったら再度サークルピットに入り、流れにそって移動し、モッシュゾーンで暴れる!というような方法です。場所移動を上手にこなして、LOUD PARK (ラウドパーク)を楽しんでください!

LOUD PARK (ラウドパーク)で、ヘビメタフェスならではのノリを楽しもう!

普通の音楽フェスとは少々異なる雰囲気に包まれた、LOUD PARK (ラウドパーク)。ヘビメタフェスに参加するのがはじめてという人は、事前リサーチをしっかりとしたうえで、存分に楽しんできてくださいね!LOUD PARK (ラウドパーク)のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。