ラウドロック界をリードする米国バンド、リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング!

アメリカのラウドロック界が盛り上がりをみせた頃に登場し、今やラウドロック界には欠かせぬ存在となったバンド、リンキン・パーク(Linkin Park)。今回は、リンキン・パーク(Linkin Park)のさまざまな魅力がわかる人気&おすすめアルバムをランキング形式でご紹介しましょう。

【リンキン・パーク(Linkin Park)のアルバム紹介】

今やラウドロック界には欠かせないバンドに大きく成長したリンキン・パーク。今回は、ランキング形式で彼らの人気&おすすめアルバムを動画とともにチェックしてみましょう!

これまで6タイトルのオリジナルフルアルバムをリリースしていますが、果たして順位はどうなっているのでしょうか?

バンドの略歴をはじめ、ファンの感想や評価、PVの見どころなども合わせてご紹介していきます。

【ラウドロック界代表するバンド、リンキン・パーク(Linkin Park)】

リンキン・パーク(Linkin Park)は2000年にデビューを果たしたロサンゼルス出身の6人組ロックバンド。

メンバーはチェスター・ベニントン(Vo)、マイク・シノダ(Vo)、ブラッド・デルソン(Gt)、ロブ・ボードン(Dr)、フェニックス(Ba)、ジョー・ハーン(DJ)。メジャーの仲間入りをするまで、バンドはあまり売れておらず、デビューとともにはじめて注目を浴びました。

ノリやすいヘヴィーなサウンドにラップを入れたツインヴォーカルのスタイルが多くのロックファンを魅了。第44回グラミー賞での最優秀ハード・ロック・パフォーマンス賞をはじめ、これまでに数々の賞を受賞しています。

また、アメリカで人気の高い有名ロックフェス「Ozzfest」への出演を果たしたほか、MTVヨーロッパ・ミュージック・アワードにおいてハード・ロック最優秀グループに選出されるなど、その実力が世界中で評価されているバンドなのです!

ではさっそく、人気&おすすめアルバムのランキングをチェックしていきましょう!

【リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング:第6位】

The Hunting PartyをAmazonでチェック!

第6位:『The Hunting Party』(US盤)

発売日

2014年6月18日

収録曲

  • 1.Keys to the Kingdom
  • 2.All for Nothing(feat. Page Hamilton)
  • 3.Guilty All the Same(feat. Rakim)
  • 4.The Summoning
  • 5.War
  • 6.Wastelands
  • 7.Until It’s Gone
  • 8.Rebellion(feat. Daron Malakian)
  • 9.Mark the Graves
  • 10.Drawbar(feat. Tom Morello)
  • 11.Final Masquerade
  • 12.A Line in the Sand

解説

リンキン・パーク(Linkin Park)のメンバー、ブラッド・デルソン(Gt)が初めてプロデュースし話題となった6thアルバム。ゲームソフト『Project Spark』とコラボして米国ラッパー、ラキムをフィーチャーした「Guilty All the Same」が注目されました。

オフィシャル動画では『Project Spark』の映像が流れるのも見どころ。オンライン上の配信などがすでに終了しているので、ちょっとレアな映像です。他の楽曲では、ペイジ・ハミルトン、トム・モレロなどラウドロック系の大物アーティストも参加しています。

また、ラスト1曲前に収録されている「Final Masquerade」はややスローながらもしっかりしたリズムではじまり、後半で壮大な展開が待っています。世界観とPVがぴったり合っている楽曲です!

ファンのあいだでは「初期2作の雰囲気に戻った!」という意見が多数みられます!

【リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング:第5位】

Living ThingsをAmazonでチェック!

第5位『Living Things』(US盤)

発売日

2012年6月20日

収録曲

  • 1.Lost In The Echo
  • 2.In My Remains
  • 3.Burn It Down
  • 4.Lies Greed Misery
  • 5.I’ll Be Gone
  • 6.Castle Of Glass
  • 7.Victimized
  • 8.Roads Untraveled
  • 9.Skin To Bone
  • 10.Until It Breaks
  • 11.Tinfoil
  • 12.Powerless

解説

著名な音楽プロデューサー、リック・ルービンとリンキン・パーク(Linkin Park)メンバーのマイク・シノダ(Vo)共同プロデュースのもと製作された5thアルバム。

ゲームソフト『メダル・オブ・オナー ウォーファイター』のテーマソングに使われた「Castle Of Glass」は、戦争というゲームのテーマに沿ったPVのストーリーが見どころ。父親を亡くした子どもを中心に、悲しみを描いています。

メンバーが「Burn It Down」を日本の音楽番組で初披露した際、放送音声にトラブルが起きてしまったことが印象に残っているファンも多いかもしれません。ファンの感想には「この曲で惚れた!」という内容はもちろん、「あれは悲劇だった…」という内容もありました。

ちなみにPVはタイトル通り、すべてを焼き尽くすような炎の演出がとてもカッコイイですよ!

【リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング:第4位】

Hybrid TheoryをAmazonでチェック!

第4位『Hybrid Theory』(US盤)

発売日

2000年10月24日

収録曲

  • 1.Papercut
  • 2.One Step Closer
  • 3.With You
  • 4.Points Of Authority
  • 5.Crawling
  • 6.Runaway
  • 7.By Myself
  • 8.In The End
  • 9.A Place For My Head
  • 10.Forgotten
  • 11.Cure For The Itch
  • 12.Pushing Me Away

解説

デビューアルバムでありながら、全米売上が1,000万枚以上という驚異的なセールスを記録しており、当時の注目度の高さが伺えます。

シングル化されている「Papercut」「One Step Closer」をはじめ、リンキン・パーク(Linkin Park)の初期衝動がたっぷりと感じられる楽曲が多数収録されています!同時期においてラウドロック界で注目されていたリンプ・ビズキットなどと近い、ややダークで攻撃的な印象の音楽性です。


ファンにとっては「よく聴いてる!」といった愛着のある1枚になっています!

【リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング:第3位】

A Thousand SunsをAmazonでチェック!

第3位『A Thousand Suns』(US盤)

発売日

2010年09月8日

収録曲

  • 1.The Requiem
  • 2.The Radiance
  • 3.Burning In The Skies
  • 4.Empty Spaces
  • 5.When They Come For Me
  • 6.Robot Boy
  • 7.Jornada Del Muerto
  • 8.Waiting For The End
  • 9.Blackout
  • 10.Wretches And Kings
  • 11.Wisdom, Justice, And Love
  • 12.Iridescent
  • 13.Fallout
  • 14.The Catalyst
  • 15.The Messenger

解説

核戦争をテーマにしたコンセプト・アルバムとしてリリースされた4thアルバム。シングルカットされた「The Catalyst」はBillboard Rock Songsチャートにおいて1位を獲得しています。

他にシングル化された「Waiting For The End」をはじめ、以前に比べるとギターの轟音などが控えめで、若干ヘヴィーさが削られたサウンドという印象があるアルバムです。

とはいえ、リンキン・パーク(Linkin Park)らしさを失っていないので、ラウドロック初心者の方にもおすすめの作品ともいえるでしょう。


デビュー当初にあったゴリゴリのヘヴィーさが欲しいファンにとっては、やや物足りない印象ですが、「聴いていたら好きになってきた!」という意見もあります。

【リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング:第2位】

MeteoraをAmazonでチェック!

第2位『Meteora』(US盤)

発売日

2003年03月25日

収録曲

  • 1.Foreword
  • 2.Don’t Stay
  • 3.Somewhere I Belong
  • 4.Lying from You
  • 5.Hit the Floor
  • 6.Easier To Run
  • 7.Faint
  • 8.Figure.09
  • 9.Breaking the Habit
  • 10.From the Inside
  • 11.Nobody’s Listening
  • 12.Session
  • 13.Numb

解説

デビューアルバムに続き、1,000万枚以上の売上を記録した2ndアルバムです。米国、英国ともにチャートで1位を獲得。このアルバムでリンキン・パーク(Linkin Park)の名を知ったという方も多いかもしれません。

「Breaking The Habit 」のPVは日本のアニメ製作会社GONZOが製作したフルアニメーション動画となっています。日本の技術とのコラボは見どころの一つ!また、ラストに収録されている「Numb」は、このアルバムからシングルカットされて最もヒットした楽曲です。


ファンの感想でも高評価!他作品を聴いて「やっぱりこのアルバムが一番好き!」となる人も多い名盤です。

【リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキング:第1位】

Minutes to MidnightをAmazonでチェック!

第1位『Minutes to Midnight』(US盤)

発売日

2007年05月14日

収録曲

  • 1.Wake
  • 2.Given Up
  • 3.Leave Out All the Rest
  • 4.Bleed It Out
  • 5.Shadow of the Day
  • 6.What I’ve Done
  • 7.Hands Held High
  • 8.No More Sorrow
  • 9.Valentine’s Day
  • 10.In Between
  • 11.In Pieces
  • 12.The Little Things Give You Away

解説

これまでヒップホップ要素やヘヴィーさを重視してきた音楽性をガラリと変え、よりメロディックで聴きやすくなった3rdアルバムです。

リンキン・パーク(Linkin Park)ファンの感想には賛否両論みられますが、「路線が変わったことで好みに近づいた!」という人も多数。世界的に見ると、売上数は以前より少ないのですが、日本のオリコンチャートで1位を記録しているのはこの作品のみです!

映画『トランスフォーマー』の主題歌として起用された「What I’ve Done」は聴いたことのある方も多いでしょう。PVは飢餓や戦争などの要素が入っており、政治的な意味合いが強い印象です。

【リンキン・パーク(Linkin Park)、2017年は新作リリース&4年ぶりの来日公演!】

(出典:pixabayより)

6人組ロックバンド、リンキン・パーク(Linkin Park)の人気&おすすめアルバムランキングをお届けしました!今回はランキング形式でご紹介しましたが、どれも人気があってクオリティもすばらしいので、一度は聴いていただきたい作品ばかりです。そして、やはりおすすめはライブ!今年は5月にニューアルバムをリリース、11月には4年ぶりの来日公演が待っています。ぜひ、彼らのパワフルなパフォーマンスを体感しに行ってみてくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。