凛として時雨のDISCO FLIGHTから彼らの見ている世界へ

TK、345、ピエール中野の3人で結成されるロックバンド、凛として時雨

彼らの奏でるサウンドは多くの音楽ファンを惹きつけてきました。またプレイヤーとしても注目されている凛として時雨は、アルバム『i’mperfect』が発売された時期、『ギター・マガジン』、『ベース・マガジン』、『リズム&ドラム・マガジン』の3誌の表紙を飾るという偉業も成し遂げました。

ここではそんな凛として時雨のヒット曲の中から、「DISCO FLIGHT」に注目したいと思います。ぜひ参考にしてくださいね。

凛として時雨のヒット曲「DISCO FLIGHT」

凛として時雨のヒット曲「DISCO FLIGHT」は、2007年8月22日に発売されたアルバム『Inspiration is DEAD』に収録されました。

凛として時雨として2枚目となる本作には「nakano kill you」「DISCO FLIGHT」「am3:45」など全9曲を収録しています。まさに激情という言葉がぴったりの凛として時雨のサウンド。超高速なギターアルペジオだって健在です。ぜひチェックしてみてくださいね。

凛として時雨の「DISCO FLIGHT」の歌詞を見てみよう

ここでは凛として時雨の「DISCO FLIGHT」の歌詞を見ていきましょう。

言葉の意味を深く捉えることではなく、ただ音楽と一緒に感じることが大切なのかもしれません。

TKの紡ぐ歌詞はどれも、普通の人間には書けない、ちょっと遠くにいる感じがしますよね。それも魅力のひとつと言えそうです。

「DISCO FLIGHT」

凛として時雨の「DISCO FLIGHT」のミュージックビデオを見てみよう

ここからは凛として時雨の「DISCO FLIGHT」を動画と一緒に見ていきましょう。

最初のご紹介するのは、ミュージックビデオです。ドラムとベースの掛け合いから、TKによる高速のギターアルペジオ、そしてなだれ込むように楽曲は展開していきます。

ピエール中野による変則的なドラムも素敵ですよね。メンバーそれぞれが異なる強烈な個性を持っているのが、凛として時雨の魅力と言えるでしょう。

凛として時雨の「DISCO FLIGHT」のライブ動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、「DISCO FLIGHT」のライブ動画です。

345による歪んだベースラインが聴こえる客席からは歓声が聴こえてきます。イントロの1音でこの盛り上がりはすごいですよね。TKがギタープレイを見せると盛り上がりは絶頂に、ピエール中野のドラミングとともに楽曲が展開されていきます。ぜひチェックしてくださいね。

凛として時雨のおすすめ記事はこちら☆

凛として時雨のライブに行って、あの迫力を感じよう!

凛として時雨のヒット曲「DISCO FLIGHT」のご紹介、いかがだったでしょうか。強烈なアンサンブルを聴くことができましたよね。チケットキャンプでは凛として時雨のチケットを取扱中です。ライブに行って彼らの放つサウンドを生で感じてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。