愚痴を歌う!キュウソのヤマサキセイヤがなんだか憎めない!

全国ワンマンツアー「DMCC-REAL ONEMAN TOUR-~ドコまでもチョコチョコ~」も無事に終了、「ビクターロック祭り2015」への出演も決まり、春からは、イベントなどに登場する機会が増える予感がしますよね。

愛すべきポンコツたちに捧げたミニアルバム「ハッピーポンコツランド」も絶好調のバンドキュウソネコカミは注目です。

そんな注目のバンドのボーカル、ヤマサキセイヤについてご紹介したいと思います。

キュウソネコカミのボーカル、ヤマサキセイヤとは?

キュウソネコカミ ヤマサキセイヤ 1
(出典:音楽ナタリー)

いかにかっこよくなろうか、バンドってそんな感じが多かったりしますよね。バンドを始めたのは「モテたいからに決まってる」と自信満々に言い切るアーティストが多い中、キュウソネコカミは一味も二味も違っているんです。

まさに逆、愚痴る愚痴る、負のオーラを全身にまとっていて、キュウソを聴くと勇気がもらえるよね~、元気になれるよね~と言われるタイプのバンドではないのですが、飾らない、親近感が持てる、わかるわ~と共感されてジワジワ来るんですよね。歌詞は愚痴ってばっかですが、音楽自体はアッパーな感じでノリがいいんです。そのバランスが心地よかったりするんですよね。

さてそんなバンドのボーカルを担当しているのがヤマサキセイヤ。イベントなどではハイテンションのあまり客席に乱入なんてよくあること。パッと見そんなタイプに見えないから厄介・・・、なんて思いつつ、何かやってくれるんじゃないかな~って期待してしまう、そんな存在ですよね。

キュウソネコカミのヤマサキセイヤのパフォーマンスは必見!

ハイテンションなライブパフォーマンスを見せるセイヤはとにかくダイブが大好物。楽しく飛び込む、流血しても飛び込んでいきます。とにかく楽しい!

盛り上がれるライブの評判が広がって行って、フェスなどではインディーズ時代から大人気。あっちにもこっちにも呼ばれていましたよね。

いつでもどこでも100%、いや、120%の力を振り絞って客席へとダイブするセイヤは必見です。

「DQNになりたい、40代で死にたい」では率直な気持ちをストレートに歌い、「ヤンキー怖い」のコール&レスポンスを楽しんだり、「一つ言いたいのはドン・キホーテは貴様らのたまり場ではないぞ!!」の大合唱をしてみたり・・・、勢いまかせのセイヤのMCとともに楽しめるのがキュウソのライブの見どころ、セイヤの魅力と言えますよね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。