京都音楽博覧会 チケット
京都音楽博覧会に必須の持ち物と服装を今一度確認しよう♡

京都音楽博覧会は、2007年から京都市の梅小路公園で開催されている音楽フェスティバルです。

夏フェスとして年々人気を集めており、「おんぱく」の略称で知られています。主催しているのは、京都出身のロックバンド「くるり」。さまざまなジャンルの音楽アーティストが、熱狂的なライブを盛り上げてくれます。

ここでは、京都音楽博覧会に参加する際の持ち物や服装をまとめて紹介します。夏フェス参加は初めてという方に、注目の情報ですよ!

京都音楽博覧会での基本的な持ち物

京都音楽博覧会は、残暑の厳しい9月に京都で開催される音楽フェスティバルです。

京都の夏の暑さは想像以上!当然、持ち物は夏の野外を意識したものを準備することが大切です。水分補給のペットボトルはもちろん、日差しを防ぐ帽子や、汗を拭くスポーツタオルなどがあると便利です。

芝生広場での開催なので、敷物にできるサイズのタオルやブランケットなどを持っていくと、便利に活用できます♪ただし日傘や雨傘は会場内では使う事ができませんので、注意が必要です。

京都音楽博覧会での天候の変化に対応する持ち物は必須!

突然の天候の変化が十分に予想される季節の中、開催される京都音楽博覧会。

雨天の場合でも決行されるので、準備は必須ですよ。レインコートや簡単な着替えなどを持っていくと、急な天候にも対応できます。昼間の熱い時間帯から夜間にかけて、急激な温度変化が予想されます。

京都音楽博覧会を思う存分楽しむためには、日差しを防ぐ準備と同時に、夜の寒さ対策の準備も必須ですよ。

京都音楽博覧会での服装は?

京都音楽博覧会には、カジュアルで動きやすい服装と歩きやすいシューズがおすすめです♪

開演時間は、お昼12時から夜7時半くらいまでと長時間にわたるため、疲れない工夫が必須。京都音楽博覧会の会場は、スタンディングゾーンとシートゾーンに分かれていることが特長となっています。従って、立ったまま盛り上がったり、芝生に座って楽しむことに。

汗をかいても大丈夫なスタイルや、そのままどこでも座ることが出来るスタイルが夏の野外フェスの基本ですよね。そこで、夏フェスでのおすすめの服装をいくつか紹介します。カジュアルでも、お洒落を意識したい人は必見ですよ。

京都音楽博覧会を思う存分楽しむための持ち物と服装まとめ

いかがでしたか?夏の京都で開催される京都音楽博覧会は、古都の趣を楽しみながら盛り上がれるおすすめの野外フェスティバルです。終わった後には、ライブの熱狂冷めやらぬまま、京都市内へ繰り出すこともできますよね♪京都音楽博覧会を思う存分満喫するために、持ち物や服装の準備は念入りにすることをおすすめします。

チケットキャンプでは京都音楽博覧会のチケットを取り扱っています。売り切れ必須のチケットでも、譲ってもらえる人を探せるリクエスト機能があります。あきらめずに、是非チェックしてみてください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。