新曲「もんだいガール」が、きゃりーぱみゅぱみゅ初のドラマ主題歌に!

日本からカワイイ文化を世界に発信し続けている、きゃりーぱみゅぱみゅ

青文字系ファッションモデルとして活躍する傍ら、ミュージシャンとしてもヒット曲をリリースし続ける彼女が、2015/3/18(水)に新曲「もんだいガール」をリリースすることを発表しました。

「もんだいガール」は、1月15日(木)からスタートしたフジテレビ系列のドラマ「問題のあるレストラン」の主題歌として使われていますよね!今まで数々のヒット曲をリリースしてきたきゃりーぱみゅぱみゅですが、意外にもドラマ主題歌を担当するのはこれが初めてなのです。

きゃりーぱみゅぱみゅ新曲「もんだいガール」はドラマのための書き下ろし

きゃりーぱみゅぱみゅ 1
(出典:音楽ナタリー)

「もんだいガール」はタイトルからも想像できる通り、ドラマ「問題のあるレストラン」のために、サウンドプロデューサーである中田ヤスタカさんが書き下ろした曲です。

世の中の頑張る女性たちを応援するような、明るくてキュートなこの曲。常識にとらわれない勇気や、個性を大切にすることを歌った、きゃりーぱみゅぱみゅさんらしい楽曲です。

発売はまだまだ先ですが、まずはドラマサイズで楽しんでおいてくださいね!

きゃりーぱみゅぱみゅの主題歌ドラマ「問題のあるレストラン」のストーリーとは?

問題のあるレストラン
(出典:SO-NETブログ)

真木ようこ、東出昌大、YOU、安田顕など個性豊かなキャストが揃い、早くも話題になっている、ドラマ「問題のあるレストラン」。ポンコツのレッテルを貼られた女性たちが自分たちのレストランを立ち上げるために奮闘する姿をコメディタッチに描いた作品です。

真木よう子さん演じる主人公は、大手飲食会社で新規飲食店の立ち上げを手がけるプロデューサー。しかし男社会の理不尽さに嫌気がさして退職し、同じ目にあった元同僚の女性やゲイの人たちと協力し、レストランを開店させる…。「最高の離婚」の坂元裕二が脚本を手がける、笑って泣けるストーリーです。

主題歌であるきゃりーの「もんだいガール」のテーマも、ドラマに通じるものがあるのではないでしょうか。きゃりーの新曲は、個性を大切にする女性たちを応援したい!というメッセージが込められているように感じます。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。