>きゃりーぱみゅぱみゅ チケット
きゃりーぱみゅぱみゅのCDシングル売り上げベスト10!1位に輝くのは果たして…!

ファッションモデルでもあり、アーティストでもあるきゃりーぱみゅぱみゅは今も各業界の最前線を走り、多くの女の子が憧れていますよね。その活躍は日本だけではなく、世界に「カワイイ」を伝える代表的なアイコンとしても注目を集めています。奇抜なファッションが話題を集めていた中、2011年にはシングルつけまつける」でメジャーデビューしました。発売する多くの作品が大きい売り上げを記録しています。今回はそんなきゃりーぱみゅぱみゅの発売したシングル売り上げランキングをご紹介します。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングルCD売り上げのベスト10を紹介】

きゃりーぱみゅぱみゅと言えば2012年にメジャーデビューを果たし、数々のCDシングルを発表し話題をさらいましたよね。愛らしいルックスに独自の世界観、テクノサウンドを駆使した楽曲、原宿の最先端を走るファッションと本当に個性的で一度見たら忘れられないインパクトを持っています。

そんなきゃりーぱみゅぱみゅもデビューから5周年を迎え、ますます輝きを放っている最中でもあります。今回はきゃりーぱみゅぱみゅのシングルCDの売り上げベスト10という形で紹介をして、懐かしいものから最新のものまでチェックすることが出来ますので気になったらチェックしてみてください。そして気になる1位は果たして何になるのでしょうか?こちらも要チェックです!

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第10位は、テクノポップチューンが印象的な「CANDY CANDY」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第10位にランクインしたのは、2012年4月4日に発売されたシングル「CANDY CANDY」です。1stアルバム「ぱみゅぱみゅレボリューション」にも収録されているテクノポップチューンが印象的な楽曲です。

曲としても非常に聴きやすいサウンドであることと、PVの個性的なダンスが見どころでもあります。勿論、PVでのファッションも原宿を意識することが出来るのでこちらも要チェックです。また、タイアップとしてグリコの「BREO」やフジテレビ系バラエティ番組「キャサリン三世」のEDテーマとしても採用されました。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第9位は、出会いと別れを表現した「ゆめのはじまりんりん」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第9位にランクインしたのは、2014年2月26日に発売されたシングル「ゆめのはじまりんりん」です。きゃりーぱみゅぱみゅと言えば少し不思議な世界観を持った楽曲が多いのですがこの曲に関しては極めてオーソドックスと言える構成になっています。

しかし、この曲には卒業という側面もメッセージとして持ち、あえて良くある構成にしたと言われていたりします。それでも聴きやすい楽曲に、PVの世界観、ファッションは見どころ満載です。ちなみに初披露は2014年に開かれた横浜アリーナでのライブでアンコールの際に初披露しました。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第8位は、ファンタジーとラブリーを融合した「もんだいガール」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第8位にランクインしたのは、2015年3月18日に発売されたシングル「もんだいガール」です。テレビドラマ「問題のあるレストラン」の主題歌としてもタイアップされたこの楽曲は、非常にファンタジーとラブリーを融合させた楽曲として尖った表現をしているのが特徴です。

歌詞も非常に印象的でゲーム的な要素も入れているのが面白い試みでもあります。最先端の融合を上手く表現できるきゃりーぱみゅぱみゅの可能性を更に感じさせた一曲と言えます。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第7位は、温かさを感じるテクノポップ「ファミリーパーティー 」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第7位にランクインしたのは、2014年4月16日に発売されたシングル「ファミリーパーティー 」です。きゃりーぱみゅぱみゅも大好きなクレヨンしんちゃんの映画「クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん」の主題歌としてもタイアップをしています。

ジャケットはクレヨンしんちゃんの絵柄のキャラクターになっている辺りもクレヨンしんちゃん愛を感じます。楽曲は温かみを感じるテクノポップとして、歌詞は家族をテーマにした非常にメッセージ性のある曲になっています。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第6位は、遊び心を感じるテクノサウンドが印象的な「インベーダーインベーダー」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第6位にランクインしたのは、2013年5月15日に発売されたシングル「インベーダーインベーダー」です。非常に盛り上がりをライブで表現できる楽曲として人気です。

楽曲タイトルもゲームをイメージさせるだけでなく、サウンドにはファミコンを思い出させる8ビットチューンを取り入れ、歌詞もゲームを感じる内容が多々あります。遊び心を感じるテクノサウンドでありながら何処かなじみ深い印象さえ与えてくれる不思議な曲です。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第5位は、カラフルなサウンドの「もったいないとらんど」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第5位にランクインしたのは、2013年11月6日に発売されたシングル「もったいないとらんど」です。思わず口ずさんでしまう特徴を持っている楽曲で、auのCMソングとして起用されヒットを記録しました。

きゃりーぱみゅぱみゅの音楽と言えばもちろん中田ヤスタカのサウンドですよね。きゃりーぱみゅぱみゅにぴったりなカラフルでポップなサウンドを聴かせてくれます。また、PVの世界観も非常に見ごたえがあり、こちらも要チェックです。ファッションや世界観、他にも途中でアニメ調になったりと盛りだくさんの内容です。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第4位は、はじめてのシングル「つけまつける」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第4位にランクインしたのは、2012年1月11日に発売された「つけまつける」です。ミニアルバム『もしもし原宿』でメジャーデビューした後、初めてとなるシングルです。大量にオンエアされたこともあり、1枚目のシングルながら大ヒットを記録、彼女の名前は大きく世に知られることとなりました。

楽曲だけではなく、趣向を凝らしたミュージックビデオも話題になるきゃりーぱみゅぱみゅですが、今作では「BEST VIDEO OF THE YEAR」を受賞するとうい快挙を成し遂げました。

そして、もう一つ偉大な記録があるのですが邦楽アーティスト史上最多の73カ国に対して先行配信を行った楽曲として記録になっています。記憶だけでなく記録にも残る活躍をするきゃりーぱみゅぱみゅはスゴイの一言ですね!

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第3位は、両A面シングル「キミに100パーセント/ふりそでーしょん」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第3位にランクインしたのは、2013年1月30日に発売されたシングル「キミに100パーセント/ふりそでーしょん」です。

「キミに100パーセント」と「ふりそでーしょん」による両A面シングルとなります。「キミに100パーセント」はアニメ『クレヨンしんちゃん』の主題歌として起用され、「ふりそでーしょん」は自身が20歳になるのを記念して作られました。

『クレヨンしんちゃん』が大好きだというきゃりーぱみゅぱみゅ。とのことなので、CD発売直前には本人役で劇中に登場するというサプライズもありました。「ふりそでーしょん」のPVでは振袖をイメージしたファッションで登場したりと成人式の祝いを創造することのできる内容が印象的です。

「キミに100パーセント」の歌詞はクレヨンしんちゃんの世界観に合わせた少しグータラな言葉を選んで使っているのが特徴的ですがどこか憎めない内容となっています。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第2位は、エレクトリックチューン「ファッションモンスター」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第2位にランクインしたのは、2012年10月17日に発売されたシングル「ファッションモンスター」です。

街中で大量にオンエアされていたこともあり、このメロディが頭から離れないという方も多いのではないでしょうか。今なお、至るところで聴くことができますよね。

音楽的には速いテンポのエレクトリック・チューン。で、ここでも中田ヤスタカの手腕を見ることができます。この曲に関してはきゃりーぱみゅぱみゅのコメントも非常に興味深く、最初はモンスターのような目線で見られていたけど段々スターになって行く曲とのことでしたが、今思い返してみるとまさにきゃりーぱみゅぱみゅ自身を歌った歌でもあったと言えます。

【きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第1位は、和のテイストを取り入れた「にんじゃりばんばん」】

きゃりーぱみゅぱみゅのシングル売り上げランキング第1位にランクインしたのは、2013年3月20日に発売された「にんじゃりばんばん」です。

和を感じる雰囲気を取り入れた作品。で、世界で活躍する彼女にぴったりな作品と言えるでしょう。文句なしの1位を獲得しました。エレクトリックながら日本の良さを感じることができる素晴らしい楽曲に仕上がっています。

そして、気になるのは売り上げとしての数字ですがなんと「にんじゃりばんばん」は音楽配信での売上を100万本以上達成しているとのことで人気の高さを証明しています。

また、海外でもこの楽曲は評判が高くiTunesのエレクトロニックチャートではフランスで5位、ベルギーでは1位を獲得すると言う快挙も達成しています。日本だけでなく世界でも評価を受けるきゃりーぱみゅぱみゅは凄まじいの一言で表現するのも失礼かもしれませんね。

きゃりーぱみゅぱみゅのおすすめ記事!

【シングルをチェックしたら、きゃりーぱみゅぱみゅのライブに行こう】

(出典:pixabayより)

きゃりーぱみゅぱみゅのシングルCD売上げランキング、ベスト10を発表しました。どの曲も個性あふれる作品に仕上がっていますよね。しかし、こういう風にベスト10形式で眺めてみるときゃりーぱみゅぱみゅの歴史を感じてきますよね。

2012年のメジャーデビューから5年がたち、より個性的で新しいジャンルを開拓し続けるきゃりーぱみゅぱみゅにはスゴイとしかいいようがありません。モデルとしてアーティストとして、あらゆるジャンルで活躍を続けるきゃりーぱみゅぱみゅの可能性はまだ天井が見えないと言っても過言ではないでしょう。

もし、今回のシングル売り上げベスト10でちょっとでもきゃりーぱみゅぱみゅに興味を持ったらライブに行ってみてください。シングルとは違うきゃりーぱみゅぱみゅの側面を感じることが出来ますよ。世界で活躍するきゃりーぱみゅぱみゅのライブ、ぜひ見てみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。