【神戸発の注目バンド】黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP10!

高校の同級生を元に、2007年神戸で結成された4人組バンド「黒猫チェルシー」。アニメのタイアップ曲や、ボーカルの渡辺大知さんの俳優活動でも度々話題のバンドとしてメディアに取り上げられています。今回はバンド「黒猫チェルシー」の魅力を知ってもらうべく、バンドのプロフィールと共に人気おすすめ曲ランキングTOP10をご紹介します!黒猫チェルシーファンが選ぶ人気おすすめ曲ランキングTOP10では、メジャータイトルからライブで人気の曲まで盛りだくさん!バンドを知る初級編としても、オススメな記事ですよ♪

映画出演でも話題のバンド「黒猫チェルシー」のプロフィール&おすすめ曲TOP10

2007年に兵庫県神戸市で活動を始めたバンド「黒猫チェルシー」。
映画「色即ぜねれいしょん」や連続テレビ小説「まれ」にメンバーが出演するなどして、音楽以外でも注目を集めている新人バンドです。
まだ、あまり黒猫チェルシーを知らない…という方のために、今回は黒猫チェルシーのバンドプロフィールから、おすすめ曲を10曲セレクトしたランキング形式で発表します!
黒猫チェルシーのファンの方は、黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP10はどんな内容になっているのかも、想像しながらお楽しみくださいね♪

バンド「黒猫チェルシー」のプロフィール

おすすめ曲TOP10の発表の前に、まずは黒猫チェルシーのプロフィールからご紹介しましょう!

「黒猫チェルシー」バンドプロフィール

2007年に兵庫県神戸市で結成されたバンド「黒猫チェルシー」。ライブハウスでの活動を主にしていましたが、2008年にライブハウスの推薦を受けて、高校生バンドを紹介する番組「音燃え!」で初のメディア出演を果たします。

2009年にはメンバー全員が上京し、12月2日には1stミニアルバム「黒猫チェルシー」、12月24日には2ndミニアルバム「All de Fashion」を次々と発売。2010年にはメジャーレーベルに移籍し、5月26日にはメジャー1stミニアルバム「猫Pack」を発売し、その後全国ワンマンツアーを開催しました。

2011年には台湾にて初の海外公演を実現し、5月には1stフルアルバム「NUDE+」を発売。2012年には2ndミニアルバム「猫Pack2」の発売とツアー、2013年には2ndフルアルバム「HARENTIC ZOO」の発売とツアーを行いました。

2014年にはベストアルバム「Cans Of Freak Hits」を発売し、2015年には連続テレビ小説「まれ」内の劇中のバンド「little voice」として、CDデビュー及びツアーを行いました。2016年にはレーベルを移籍し、2月3日にはシングル「グッバイ」を、6月1日にはアニメ「NARUTO」のエンディングテーマになったシングル「青のララバイ」を発売。

2017年2月22日には2ndフルアルバム「LIFE IS A MIRACLE」を発売し、9月からは結成10周年を記念した3daysライブを開催予定です。

「黒猫チェルシー」バンドメンバープロフィール

渡辺大知(ボーカル)

1990年8月18日生まれ、黒猫チェルシーではボーカルを担当している渡辺大知さん。小学3年生でビートルズに出会い、中学2年生でギターを始めるようになりました。

高校1年生でクラスメイトと共にバンド「黒猫チェルシー」を結成。2009年8月には主演映画「色即ぜねれいしょん」が公開、役者の夢を果たしました。

2010年3月には映画「色即ぜねれいしょん」の演技を評価され、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。2015年にはNHK連続テレビ小説「まれ」に出演し、2016年11月には「かもめ」にて舞台デビューを果たすなど、バンド活動のほかに俳優活動でも知られているメンバーです。

澤竜次(ギター)

1990年12月11日生まれ、黒猫チェルシーではギターを担当している澤竜次さん。幼少期にビートルズを聴き、QUEENのライブをきっかけに小学5年生で初のバンドを組むことに。

高校1年生でクラスメイトの渡辺さんと出会い、小学5年生の時に組んだバンドメンバーであった岡本啓佑と共に「黒猫チェルシー」を結成しました。

宮田岳(ベース)

1991年2月1日生まれ、黒猫チェルシーではベースを担当している宮田岳さん。小学5年生の時に同級生の澤竜次さん、岡本啓佑さんと共にバンドを結成。後にバンド「黒猫チェルシー」のメンバー入りを果たし、映画音楽を担当するなど、音楽家としても活躍しています。

また大学では漆塗りを研究し、2016年のツアーでは「匠シリーズ」と称して自作のかんざしを発売。2017年3月には大学院の卒業制作「天を仰ぐ円(まる)」が、卒業制作の最優秀作品に贈られる筑波大芸術賞を受賞するなど、今後モノづくりに対する活動にも注目したいメンバーです。

岡本啓佑(ドラム)

1990年10月21日生まれ、黒猫チェルシーではドラムを担当している岡本啓佑さん。両親と兄の影響でさまざまなジャンルの音楽を聴いて育ち、小学5年生で澤竜次のすすめで同じサッカークラブのメンバーの宮田岳さんと共にバンドを結成し、その際にドラムを担当することに。

高校1年生の時にはかつてのバンドメンバー澤竜次さんと、クラスメイトの岡本大知さんと共にバンド「黒猫チェルシー」を結成。2014年11月には映画「日々ロック」に出演して俳優デビュー、また雑誌で連載をするほどの料理好きとしても知られています。

バンド「黒猫チェルシー」のプロフィールと、メンバーのプロフィールをそれぞれ紹介しました。続いては、バンド「黒猫チェルシー」のおすすめ曲を、ランキングTOP10で発表します♪

各曲の紹介と共に、ファンの感想と一緒にお楽しみください!

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP10「しあわせ運べるように」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP10の楽曲は2015年3月9日に配信限定で発売されたシングル「しあわせ運べるように」です!

阪神淡路大震災をきっかけに音楽教師の臼井真さんが制作した1曲である「しあわせ運べるように」は、渡辺大知さんが出演した特別ドラマ「LIVE!LOVE!SING!生きて愛して歌うこと」の主題歌で、黒猫チェルシーによってロックバージョンにアレンジされた1曲。

2011年の東日本大震災から4年後、2015年に行われた「震災から4年“明日へ”コンサート」でも披露されていました。復興を願う祈りの歌詞に、力強いバンドサウンドが加わった若者向けの楽曲に仕上がっています!

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP9「Teenage Hero」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP9の楽曲は2016年2月3日発売の2ndシングル「グッバイ」に収録された「Teenage Hero」です!

応援歌ともいえる、渡辺さんの歌詞に元気をもらえるという方も多い1曲。「Teenage Hero」を聴いたファンの感想にも「前向きになれる」「頑張ろうと思える」など、辛いときや悲しいときに聴きたくなる曲ですね。

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP8「抱きしめさせて-美登里の部屋ver.-」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP8の楽曲は2016年6月1日発売の3rdシングル「青のララバイ」収録の「抱きしめさせて-美登里の部屋ver.-」です!

ボーカルの渡辺大知さんはじめ、黒猫チェルシーメンバーも出演した、深夜ドラマ「毒島ゆり子のせきらら日記」の劇中歌としても知られる1曲。劇中のバンド「THE HEAD WINDS」ではチャラン・ポ・ランタンのももさんがボーカルをつとめていますが、渡辺大知さんのボーカルで披露されたアコースティックバージョンとなっています。

二股をかける主人公ゆり子の彼氏・美登里の切ない心情を表したような切ない歌詞も特徴的な1曲で、ギターの音色に合わせたバラードナンバーです!

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP7「パール」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP7の楽曲は2014年4月2日発売のベストアルバム「Cans Of Freak Hits」収録の「パール」です!

元はバンド「YELLOW MONKEY」のトリビュートアルバム「THIS IS FOR YOU」(2009年発売)で、黒猫チェルシーがカバーした楽曲。2010年には楽曲を手掛けた吉井和哉さんとのセッションも実現しました!

ドラムの心地よいリズムとボーカルの渡辺大知さんの荒々しい歌声が特徴的な「パール」は、黒猫チェルシーを世に知らしめるきっかけにもなった楽曲で、「パール」を聴いた感想の中でも、カバー曲としての評価が高いナンバーです♪

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP6「YOUNG BLUE」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP6の楽曲は2011年5月25日発売の1stフルアルバム「NUDE+」収録の「YOUNG BLUE」です!

ベースの宮田岳さんが作詞作曲を行った楽曲「YOUNG BLUE」は、ギターをはじめとした激しめのサウンドが強烈的な1曲。歌詞には、若さ故の悲しさ、やり切れない思いが詰まっています。

ライブでも定番の楽曲である「YOUNG BLUE」は、ファンの間でも人気の1曲ですね!

黒猫チェルシーのプロフィール紹介と、人気おすすめ曲ランキングTOP10を紹介しています。次は、注目のTOP5~TOP1の発表です♪

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP5「アナグラ」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP5の楽曲は2011年11月2日に発売された1stシングル「アナグラ」のタイトルナンバー「アナグラ」です!

アニメ「銀魂」のエンディングテーマとして起用された「アナグラ」は、世の中をアナグラに表し、抜け出したい若者の気持ちを示した歌詞が印象的な1曲。主題歌を担当するバンドがヒットするアニメ「銀魂」では、スーツ姿のキャラクターが描かれたエンディングで起用され、ゴリゴリのロックチューンが映像と合わさってクールな印象をさらに強調!

「アナグラ」を聴いて黒猫チェルシーのファンになったという感想も多くありました。

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP4「ベリーゲリーギャング」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP4の楽曲は2010年5月26日発売の1stミニアルバム「猫Pack」収録の「ベリーゲリーギャング」です!

作詞作曲にバンド名が書かれた1曲は、今までは渡辺大知さんをはじめとしたメンバーが制作してきたものではなく、メンバー全員で作り上げたと語った1曲です。ダンスミュージックを元に作られた語る楽曲は、どこか懐かしさを感じさせる、ロックンロールの王道ともいえるサウンドが特徴的。

バンドを代表する曲として挙げるファンも多く、「曲を聴くとテンションが上がる!」といった声もある、1曲です!

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP3「ファンキーガール」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP3の楽曲は2014年4月2日発売のベストアルバム「Cans Of Freak Hits」収録の「ファンキーガール」です!

こちらもTOP5の「ベリーゲリーギャング」同様にバンド名が作詞作曲に使用された楽曲で、歌詞にはファンキーガールに一目ぼれした男性の心境が描かれた、ファンクなラブソングです。アルバム収録曲ですが、ファンの間では人気の隠れた名曲!

「ファンキーガール」を聴いたファンの感想でも、ライブで演奏したことに対するファンの喜びの声が多い1曲でした!

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP2「青のララバイ」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP2の楽曲は2016年6月1日発売の3rdシングル「青のララバイ」のタイトルナンバー「青のララバイ」です!

アニメ「NARUTO-ナルト疾風伝-」のエンディングテーマに起用された「青のララバイ」は、自分にくじけそうになっている人を励ますような歌詞が人気の1曲!自分の青さを実感して、どうにもならない時にこの曲を聴けば、自然と元気付けられているような1曲ですね。

夜の道を歩いている時に作ったと語る、作曲を手掛けた岡本啓佑さんの疾走感あふれるサウンドも、耳なじみの良い曲調の1曲です!

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP1「海沿いの街」

黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP1の楽曲は2017年2月11日発売の3rdフルアルバム「LIFE IS A MIRACLE」収録の「海沿いの街」です!

映画「新宿スワンⅡ」の主題歌として起用された1曲で、これまで紹介してきた楽曲の中でも唯一のバラードナンバー。黒猫チェルシーのメンバーの故郷である神戸の街並みを思い起こさせる歌詞は、郷愁を感じる切ないサウンドがしっくり来る1曲!

曲を聴いたファンの感想にも「どこか懐かしい」「演奏が泣いている」など、離れた町を思い出す際の悲しさや切なさが人気の楽曲でした。

俳優活動でも注目のバンド「黒猫チェルシー」

(出典:Photo ACより)

ボーカルの渡辺大知さんをフロントマンに置く、神戸出身のバンド「黒猫チェルシー」。
これまでのバンドの活動を記したプロフィールと共に、黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP10をお伝えしました!

渡辺大知さんの俳優としての活動のほか、楽曲のタイアップ起用も相次ぎ、今後さらなる期待ができるバンドの黒猫チェルシー。
今回紹介した黒猫チェルシーの人気おすすめ曲ランキングTOP10以外でもおすすめしたい楽曲はたくさんありますので、気になった方は音源やライブでもバンドの魅力をさらに知ってみてください!

黒猫チェルシーの関連記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。