倉木麻衣の1stアルバム「delicious way」はまさにシンデレラストーリー

倉木麻衣といえばポスト宇多田ヒカルとして、「Love, Day After Tomorrow」で1990年代最後の年に音楽シーンに現れた新星R&B系歌姫。

その後の「Stay by my side」コナン曲の「Secret of my heart」など初期4曲を全部入れ込んだファーストアルバムがこの「delicious way」だったので大ヒット。

このアルバムには、ポスト宇多田と言われながらも着実に自分の個性を確立するまでの闘いが入っていると言ってもいいでしょう。

倉木麻衣は宇多田ヒカルとカブっていたのか?

倉木麻衣の所属レコード会社はいわゆる1990年代以降一世を風靡したビーイング系のGIZA studio。

良くも悪くもデビュー時はその時に流行っているアーティストにダブらせるような演出方法をとり、実際にヒットさせてから個性を育てていくという手法をとっていた非常に商業センスの発達していたのがビーイング系。TUBEだってもとはサザンオールスターズのイメージだったし、B’zもTM NETWORK風味でデビューしたものの、いつも間にかワンアンドオンリーの存在になっていったのはご存じの通り。

実際倉木麻衣も最初のデビュー曲である「Love, Day After Tomorrow」は、多少宇多田スタイルを感じるものの、実は2枚目の「Stay by my side」からはウィスパリングヴォーカル(囁くような歌声)でしっかり個性を発揮させているのです。

読売テレビ・日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』主題歌をきっかけに

Secret of my heartをAmazonでチェック

この「delicious way」にも含まれているのが、タイアップとなったほとんどの曲を大ヒットに結びつけることで定評のあった読売テレビ・日本テレビ系アニメ『名探偵コナン』主題歌の3rdシングル「Secret of my heart」。

この頃から確実に宇多田路線からは外れ、ファンもまた独自の魅力を感じ始めたのでした。

またビーイング系といえばメディア露出が少ないのも特徴でしたが、そのミステリアスなところもファンの飢餓感を煽り、ZARD直系の独特の両サイドの前髪を前に垂らすヘアスタイルはMai.Kスタイルと呼ばれ、ファンの間で大流行となりました。

Secret of my heartをAmazonでチェック

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。