久保田利伸のララララブソングから見る伝えたい思いとは?

日本を代表するシンガーソングライター、久保田利伸

そのファンキーな歌唱力は自他ともに認めるほど。ファンク、R&Bなどブラックミュージックを広く浸透させたパイオニアとして日本では知られています。

ここではそんな久保田利伸のヒット曲の中から、1996年に発売され大ヒットを記録した「LA・LA・LA LOVE SONG /久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL」(ララララブソング)をご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

久保田利伸のヒット曲「LA・LA・LA LOVE SONG /久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL」(ララララブソング)

久保田利伸の大ヒット曲「LA・LA・LA LOVE SONG /久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL」(ララララブソング)は、1996年5月13日に発売されました。

久保田利伸にとって16枚目となる本作は、木村拓哉主演のドラマ『ロングバケーション』主題歌起用され、大ヒットを記録。

一世風靡したテレビドラマだけあって、主題歌を聴くとドラマの名シーンが蘇ってくるというファンの方も多いのではないでしょうか。

リアルタイムでドラマを観ていた方にとってはとっても懐かしい作品ですよね。

久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG /久保田 利伸 with NAOMI CAMPBELL」(ララララブソング)の歌詞を見てみよう

ここでは久保田利伸の大ヒット曲「LA・LA・LA LOVE SONG」(ララララブソング)の歌詞を見ていきましょう。

月9と言われるドラマの主題歌だけあって、そのテーマに描かれているのは「恋愛」そのもの。

すれ違う男女の甘酸っぱい雰囲気をたっぷりと感じることができます。久保田利伸のノリノリの言葉遣いもとても素敵ですよね。

「LA・LA・LA LOVE SONG」(ララララブソング)

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。