KREVAのくればいいのには、スピッツ・草野マサムネをフィーチャリング!

ヒップホップグループ・KICK THE CAN CREWの頭脳として、ソロアーティストとして、常にチャレンジングなことを仕掛けているKREVA。そんな彼がコラボ相手として選んだのは、スピッツの草野マサムネでした(2007年)。

コラボレーションといえば、異種格闘技戦であればあるほど面白いもの。

ヒップホップグループ・KICK THE CAN CREWの頭脳として、ソロアーティストとして、常にチャレンジングなことを仕掛けているのがKREVA (クレバ)。

そんな彼がシングルとしては「ひとりじゃないのよ feat.SONOMI」「ファンキーグラマラス feat.Mummy-D(マボロシ/RHYMESTER)」の次にコラボ相手として選んだのは、草食系ロックバンドとして絶大な人気を誇るスピッツ草野マサムネでした(2007年)。

KREVA「くればいいのに feat. 草野マサムネ from SPITZ」の魅力

「くればいいのに」も収録されているクレバのベスト盤をAmazonでチェック!

ヒップホップ楽曲で特徴的なのはサンプリング。

名曲系のサビだけを切り取って、それをループさせてトラックを作っていくという手法はよくあるのですが、そのサビ部分を自ら作ってしまうところがKREVAのすごいところ。

既製品では飽きたらず、フックとなるかっこいいメロディーさえも作ってしまえるところが、KREVAのヒップホップにとどまらない才能といえるでしょう。

「くればいいのに」も収録されているクレバのベスト盤をAmazonでチェック!

KREVA 「くればいいのに」、後半は草野マサムネが大活躍する構成

この曲はクレジット的には”feat. 草野マサムネ”だけれど、本当はガチンコのコラボ作品です!

というのもKREVAががっちりラップしているのは2コーラス。

後半はもう草野マサムネの独壇場で、歌のパートでエンディングまで突っ走ってしまうからです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。