KREVAの「Have a nice day!」乾いた声がご機嫌なライムと相性抜群!

今のところ、ラッパーとして日本で一番ヒット作を生んでいて、しっかりライムもうまいのがKREVAだと言って過言ではないでしょう。HIPHOPって非常に奥が深くて面白いもの。世界を見ればレベルは相当高く、上り詰めるのは険しい道です。そんな中、ジャパニーズHIP HOPをひっさげて世界でも戦える!と思えるのが、KREVAなのです。

アメリカのHIPHOPにもさまざまな種類があり、メロディアスな曲もあれば、乾いたラップもありますよね。基本的にラップは怒りをテーマにして始まっていますから、乾いた声のほうがマッチするのかもしれません。

逆に日本では、あまり怒りをテーマにした曲は社会的にも受けないからか、軽めなラップや上機嫌の音楽が主流になってきます。そこをど真ん中でついてきているのがKREVA。今回は、特にそんなKREVAのゴキゲンを感じる「Have a nice day!」をフィーチャーしてみようと思います。

ご機嫌なライムに夢中!KREVAの「Have a nice day!」 まずは聞いてみよう!

ラップですから、聞いていただかないといけないですよね。

どうですか?ご機嫌ソングじゃないですか?こういうハッピーな世界観を歌えるところが、KREVAの声の軽さとぴったりマッチしていて、いいと思うんです。

米国のラップにはあまり見られない現象。ラップには愛や希望や家族に感謝といった要素は不要だと思われているようです。韻をきっちり踏んであって、自分の気分が表現できればそれでいいのでしょう。

そう考えて見てみると、KREVAの「Have a nice day!」は、そんな米国ラップではなくジャパニーズラップで魅せてやろうという意気込みを感じますよね。

ご機嫌なライムに夢中!KREVAの「Have a nice day!」 今夜はブギーバックも聞けるよ!

この動画ですが、なんと冒頭に「今夜はブギーバック」が入っています。それはオザケンバージョンじゃなくて、KREVAバージョンなんです。こちらもご機嫌ソングですよね。

KREVAの乾いた声が、テンション高めの早口ラップにあってるんですよ。それがこの曲の良さを一段上げてくれてるんですよね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。