倖田來未の愛のうたは、エロかっこいいだけの存在から脱皮させた

倖田來未といえば、デビューしてから鳴かず飛ばずの時期が続き、ブレイクまでには長い下積みがあったことで有名。その間に今ではバラエティタレント化してしまった妹のmisonoの方が、day after tomorrowのヴォーカリストとして人気を博してしまい、屈辱期の長かった、けっして恵まれた環境で生まれてきたのではないアーティスト。

そのブレイクは「キューティーハニー」。ルックス的にも肌を大胆に露出し、ライブではセクシーさを極める振付のダンスで一気に人気を博していきました。

ただ「エロかっこいい」としては絶大な人気を誇ったものの、歌手としての評価は低かったのが現実でした。そこをこの「愛のうた」が一気に払拭したのです。

愛のうたをAmazonでチェック!

▶︎愛のうたをAmazonでチェック!

しっとりとした歌い出しから名曲の匂いがする倖田來未「愛のうた」

その状況を見事に逆転させたのがこの「愛のうた」でした。

元ネタは自分のもとに寄せられた人生相談。それを元に共作ながら歌詞も本人が担当しています。

しっとりとはじまるこの歌い出しから名曲の匂いがプンプン。エロかっこいいだけではない、等身大の彼女の魅力が伝わってきます。

またヴォーカリストとして長い間下積み時代を重ねてきたことで培われてきた歌唱力もここで見事に開花させているのです。

本格派ヴォーカリストとしての地位を築いた倖田來未「愛のうた」

エロかっこよくないくぅちゃんの魅力は、はじめはなかなか伝わりにくいものでした。世間的にはやはり刺激的でエロティックな彼女を求められていたので。

でもこの「愛のうた」、けっして何かしらのタイアップがついてヘビロテされて無理やり売上を上げた曲じゃありません。

ノンタイアップで密かにリリースされたものの、ファンの大いなる支持を受けて、見事にロングヒットとなったのです。つまり楽曲の良さ、歌のうまさが、やっと世間に響いたのです。

倖田來未「愛のうた」のシンプルなバッキングは彼女の歌唱力を際だたせるため

もちろんこの曲のクライマックスは無理なく張り上げているサビのパート。

ゴージャスに脚色するコーラスなどは使わずに、見事に声一本で勝負しているところは、男気さえ感じさせてくれます(笑)。

ファンにとっても、本人にとっても、実に大事な曲なのです。

倖田來未の他のオススメ記事

チケットキャンプでは倖田來未のチケットを取扱中!

さて、倖田來未のライブが見たくなってきたのではないでしょうか? やはり生のステージには音源だけでは味わえないリアルな感動があるものなのです。もちろんチケットキャンプでは倖田來未のチケットを取り扱っています。ぜひチェックしてみてください!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。